May-Giemsa染色


WordNet

  1. the 13th letter of the Roman alphabet (同)m
  2. the month following April and preceding June
  3. United States baseball player (born in 1931) (同)Willie Mays, Willie Howard Mays Jr., Say Hey Kid

PrepTutorEJDIC

  1. 《現在・未来の事柄・可能性の推量》…『かもしれない』,たぶん…だろう,…のこともある;《「may have+過去分詞」の形で過去の事柄の推量》…した(だった)かもしれない,たぶん…だったろう / 《but節を伴って譲歩を表して》…『かもしれない』 / 《まれ》《疑問文で強い不確実の意を強めて》いったい…だろうか,…かしら / 《許可》…『してもよい』,してもさしつかえない / 《容認》…『しても』(『と言っても』)『さしつかえない』,…する(と言う)のももっともだ / 《能力》…『できる』 / 《文》《祈言・言望・のろい》…『することを祈る』,…しますように / 《おもに文》《言望・恐れなどの名詞節に》…するように,…しないかと / 《目的の副詞節に》…『するために』,…できるように / 《譲歩の副詞節に》『[たとえ]…であっても』,…かもしれないが
  2. Mach number / mark[s] / Monsieur
  3. 『5月』

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • Alport症状を伴ったMay-Hegglin異常症の1透析導入例
  • 渋谷 純,木谷 茜,黒田 達実
  • 日本透析医学会雑誌 44(8), 689-694, 2011
  • May-Hegglin anomaly(MHA)は血小板減少,巨大血小板,顆粒球封入体を三徴とする,まれな常染色体優性遺伝性疾患であり,原因として非筋肉性A型ミオシン重鎖(myosin IIA)をコードする遺伝子である,MYH9の異常が指摘されている.さらにMYH9の異常がAlport症状(感音性難聴,白内障,腎炎)の発現に重要な役割を担っているものと考えられている.症例は45歳,女性.2007年6月より全身倦怠感,頻回の嘔吐を主訴として入院と …
  • NAID 130001014113
  • 4.BALF(May-Giemsa染色)により迅速に診断できたAIDS関連ニューモシスチス肺炎の1例(第31回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会)
  • 堀尾 雄甲,須加原 一昭,江崎 紀浩,浦本 秀志,松岡 多香子,長 勇,宮島 真史,河野 修,松本 充博,杉本 峯晴
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 30(6), 412-413, 2008-11-25
  • NAID 110007008727
  • 消化器癌の術中洗浄細胞診 : マイクロウェーブを用いた術中迅速細胞診(<特集>胃癌の術中腹腔洗浄細胞診)
  • 岡崎 哲也,石 和久,喜納 勝成,奥山 直子,風間 玲子,中村 博,古川 丈子,古谷津 純一,齊藤 啓,鈴木 不二彦
  • 日本臨床細胞学会雑誌 42(6), 453-461, 2003-11-22
  • NAID 110001222531

Related Links

この仲間にはライト染色(Wright's stain)、ジェンナー染色(Jenner's stain)、リーシュ マン染色(Leishman stain)、ギムザ染色(Giemsa stain)、メイ・ギムザ染色(May- Giemsa stain)がある。 全て骨髄生検や骨髄穿刺液・末梢血液塗沫の検体を診るのに 使 ...
ギムザ染色( - せんしょく、英: Giemsa stain)は、血液標本染色法の1つ。マラリア研究 の先駆である医学者、グスタフ・フォン・ギムザ(Gustav von Giemsa、1867年 - 1948 年)の名を取って「ギムザ染色」と呼ぶ。 ドイツ・ハンブルクの熱帯病研究所にて、 ...


Related Pictures

May-Giemsa染色May‐Giemsa 染色May‐Giemsa 染色May-Giemsa染色M5a(May‐Giemsa 染色)



★リンクテーブル★
国試過去問101E030」「109D040」「109D036」「105E042」「107G053」「104I051」「103B009」「104H015」「111F013
関連記事may」「M」「染色

101E030」

  [★]

  • 次の文を読み、28~30の問いに答えよ。
  • 6歳2か月の男児。発熱を主訴として来院した。
  • 現病歴: 1週前から元気がなく、時々38℃台の発熱が現れるようになった。
  • 発育歴・既往歴: 妊娠経過は異常なく、40週に自然分娩で出生した。出生体重2,960g。Apgarスコア4点(1分)、8点(5分)。目齢3から光線療法を24時間受けた。新生児期から特異な顔貌があり、生後1か月ころに精密検査を受けた。1歳時の身長74cm、体重9kg。首のすわり4か月、つかまり立ち13か月、ひとり歩き23か月。まだボタンをうまく掛けられず、ひとりで靴を履けない。まねをして丸は書くが、四角は書けない。
  • 家族歴: 父42歳、母41歳。両親と10歳の姉とに特記すべき疾患はない。
  • 現症: 身長106cm、体重18kg。体温38.0℃。脈拍100/分、整。血圧110/54mmHg。顔の写真を以下に示す。 皮膚に発疹を認めない。第5指が短い。眼瞼結膜は貧血様で、眼球結膜に黄染を認めない。咽頭に発赤はない。右側頸部に径約1.5cmのリンパ節を2個触知するが、圧痛はない。胸骨左線第2肋間に2/6度のやわらかい収縮期雑音を聴取する。呼吸音は正常。右肋骨弓下に肝を2cm、左肋骨弓下に脾を触知する。深部腱反射は正常である。
  • 検査所見: 血液所見:赤血球303万、Hb8.7g/dl、Ht26%、白血球4,600(桿状核好中球1%、分葉核好中球8%、単球6%、リンパ球63%、異常細胞22%)、血小板8万。
  • 血清生化学所見:総蛋白7.0g/dl、アルブミン3.7g/dl、総ビリルビン0.5mg/dl、AST29IU/l、ALT15IU/l、LDH820IU/l(基準176~353)、Fe55μg/dl、TIBC 320μg/dl(基準240~310)。CRP6.1mg/dl。


  • 骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • この患児に合併しているのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 101E029]←[国試_101]→[101F001

109D040」

  [★]

  • 50歳の男性。倦怠感を主訴に来院した。3か月前から倦怠感と息切れとが出現し徐々に増悪したため受診した。体温 36.4℃。脈拍 80/分、整。血圧 132/78mmHg。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 285万、Hb 8.6g/dL、Ht 26%、白血球 8,400(桿状核好中球 10%、分葉核好中球 45%、好酸球 2%、単球 6%、リンパ球 37%)、血小板 24万。血液生化学所見:総蛋白 15.5g/dL、アルブミン 3.2g/dL、IgG 9,133mg/dL(基準 960~1,960)、IgA 22mg/dL(基準 110~410)、IgM 28mg/dL(基準 65~350)、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 22IU/L、ALT 25IU/L、LD 251IU/L(基準 176~353)、尿素窒素 15mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL、Ca 11.8mg/dL。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No. 18A)と頭蓋骨エックス線写真(別冊No. 18B)とを別に示す。最も適切な対応はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109D039]←[国試_109]→[109D041

109D036」

  [★]

  • 72歳の男性。易疲労感を主訴に来院した。3か月前から動悸息切れ及び易疲労感が出現し次第に増悪したため受診した。意識は清明。体温 36.6℃。脈拍 96/分、整。血圧 128/72mmHg。眼瞼結膜は貧血様である。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球 202万、Hb 6.2g/dL、Ht 24%、白血球 2,500(桿状核好中球 10%、分葉核好中球 48%、好酸球 2%、単球 8%、リンパ球 32%)、血小板 9.8万。血液生化学所見:総蛋白 6.8g/dL、アルブミン 4.8g/dL、AST 28IU/L、ALT 35IU/L、LD 482IU/L(基準 176~353)、クレアチニン 0.9mg/dL、Fe 120ng/dL。CRP 0.3mg/dL。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No. 15)を別に示す。骨髄染色体検査では5番染色体長腕欠失を認めた。
  • 現時点での治療として最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109D035]←[国試_109]→[109D037

105E042」

  [★]

  • 59歳の男性。白血球増多の精査のために来院した。特に症状はなかったが、健康診断で白血球増多を指摘された。発熱や体重の変化はない。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。意識は清明。身長168cm、体重74kg。体温36.6℃。脈拍72/分、整。血圧134/78mmHg。表在リンパ節を触知しない。腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触知する。脾を触知しない。血液所見:赤血球 468万、Hb 13.8g/dl、Ht 43%、白血球 20,600、血小板 28万。末梢血塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.5A、B)に示す細胞が白血球の50%を占めた。
  • 次に行う検査はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105E041]←[国試_105]→[105E043

107G053」

  [★]

  • 28歳の女性。昨夜からの悪寒嘔吐および背部痛を主訴に来院した。2日前から頻尿排尿痛とがある。既往歴に特記すべきことはない。身長156cm、体重54kg。体温38.4℃。脈拍96/分、整。血圧120/82mmHg。右肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白2+、沈渣に赤血球2.5/1視野、白血球多数/1視野。血液所見:赤血球410万、Hb 13.2g/dl、Ht 38%、白血球14,000(桿状核好中球%、分葉核好中球62%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球22%)、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素19mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl。CRP 10mg/dl。
  • 尿沈渣の塗抹標本で原因菌の推定に有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G052]←[国試_107]→[107G054

104I051」

  [★]

  • 57歳の男性。38℃台の発熱倦怠感とを主訴に来院した。頭部に小指頭大のリンパ節を数個触知する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。血液所見: 赤血球 210万、Hb 7.4g/dl、Ht 23%、白血球 16,000(異常細胞60%)。血小板 5.6万。異常細胞のペルオキシダーゼ反応は陰性。骨髄塗抹May-Giemsa染色標本(別冊No.10)を別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104I050]←[国試_104]→[104I052

103B009」

  [★]

  • 乳児期から貧血を呈する9歳男児の末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103B008]←[国試_103]→[103B010

104H015」

  [★]

  • 染色の手順(別冊No.1 ①~⑤)を別に示す。
  • この染色はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104H014]←[国試_104]→[104H016

111F013」

  [★]

  • マラリアを診断するために用いる染色法はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F012]←[国試_111]→[111F014

may」

  [★]

  • aux.
  • (許可)~してもよろしい
  • (容認)~と言っても差し支えない、~というのはもっともだ
  • (推量)
  • (可能性)
  • ~かもしれない、~なこと(場合)がある
prodromal pain may be constant or intermittent and can precede the rash by days to weeks.
might, shall, will

 

M」

  [★] メチオニン methionine    

染色」

  [★]

staining
染色法