Grocott染色

グロコット染色


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • フルコナゾール内服療法を行った高度の変形を認めた爪カンジダ症の1例
  • 小林 めぐみ,早出 恵里,高橋 栄里,助川 のぞみ,清 佳浩,伊藤 弥生
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 49(3), 217-220, 2008-07-30
  • … ジダ症の1例を報告する.初診,2006年4月5日.基礎疾患に糖尿病,慢性関節リウマチなどあり.ステロイド長期内服中.初診時,両3,4指爪甲は爪郭から1/3のところで横に断裂し,爪甲下角質増殖を認めた.KOH直接検鏡にて仮性菌糸と桑実型の胞子を検出.病理組織では爪甲中にGrocott染色,PAS染色いずれも無数の菌要素を認めた.ATG寒天培地による培養の結果,Candida albicans が分離され,PCRを用いた非培養法でもC. …
  • NAID 10023967957
  • 外傷後に生じた皮膚 Pseudallescheria boydii 感染症の1例
  • 大内 健嗣,佐藤 友隆,吉澤 奈穂,杉浦 丹,永尾 圭介,矢口 貴志,畑 康樹
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 49(2), 119-123, 2008-04-30
  • … mg/日内服中であった.左膝に擦過傷を受傷し,2週間後より同部位から排膿を認めるようになった.初診時,左膝に長径40 mmの暗赤色局面を認め,表面に小びらん形成と黄白色の排膿を認めた.熱感は乏しく,疼痛を軽度訴えていた.病理組織学的検査では真皮から皮下組織にかけて肉芽腫を形成し,Grocott染色上,分岐した有隔菌糸が多数,確認された.ゲノムDNAを抽出後,internal transcribed spacer(ITS)領域を解析し,P. …
  • NAID 10023967598

Related Links

2007年11月18日 ... 【グロコット染色の目的】. 組織内の真菌・放線菌などを染め出す方法. 真菌. カンジダ、 アスペルギルス、クリプトコッカス、ムコールなど. ニューモシスチス・ジロヴェチ( ニューモシスチス・カリニ). 放線菌. ノカルジア、アクチノミセスなど. (他の染色 ...
2010年3月1日 ... 足跡. Grocott染色. 最新の20件. 2010-12-22. 掲示板①. 2010-03-10. 心拍数と調律 · Burger病 · QRST変化 · トキソプラズマ ... Grocott染色. 概念 †. 真菌の菌壁が黒く 染まる. クリプトコッカス; アスペルギルス; ニューモシスチス・カリニ. ↑ ...


Related Pictures

 。(grocott染色Grocott染色Grocott染色左:Grocott染色/右:PAS染色Grocott 染色Grocott染色 x40



★リンクテーブル★
国試過去問097A058」「107G053」「095G058」「096H073」「095D058」「110B031」「102C008」「111F013」「109E037
リンク元グロコット染色
関連記事染色

097A058」

  [★]

  • 72歳の男性。2か月前からのおよび[微熱]]を主訴に来院した。ときに39℃台の発熱もある。体温37.8℃。脈拍92/分、整。聴診上特に異常は認めない。血液所見:赤血球380万、白血球6,240、胸水所見:胸水・血清蛋白濃度比0.6、アデノシンデアミナーゼ高値。セフェム系抗菌薬で症状は改善しなかった。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • 検査結果で考えにくいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097A057]←[国試_097]→[097A059

107G053」

  [★]

  • 28歳の女性。昨夜からの悪寒嘔吐および背部痛を主訴に来院した。2日前から頻尿排尿痛とがある。既往歴に特記すべきことはない。身長156cm、体重54kg。体温38.4℃。脈拍96/分、整。血圧120/82mmHg。右肋骨脊柱角に叩打痛を認める。尿所見:蛋白2+、沈渣に赤血球2.5/1視野、白血球多数/1視野。血液所見:赤血球410万、Hb 13.2g/dl、Ht 38%、白血球14,000(桿状核好中球%、分葉核好中球62%、好酸球2%、好塩基球1%、単球6%、リンパ球22%)、血小板23万。血液生化学所見:尿素窒素19mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl。CRP 10mg/dl。
  • 尿沈渣の塗抹標本で原因菌の推定に有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G052]←[国試_107]→[107G054

095G058」

  [★]

  • 38歳の男性。発熱、乾性咳嗽および呼吸困難で緊急入院した。口腔カンジダ症を認める。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air)pH 7.41、PO2 60 Torr、PCO2 28Torr、HCO3 17mEq/lであった。誘発喀痰のGrocott染色で原虫嚢子が確認された。胸部エックス線写真では、両肺にすりガラス様陰影を認める。患者の同意を得て実施したヒト免疫不全ウイルス(HIV)抗体検査は陽性である。診断はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095G057]←[国試_095]→[095G059

096H073」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 096H072]←[国試_096]→[096H074

095D058」

  [★]

  • 52歳の男性。会社の健康診断で胸部エックス線検査を受け、異常を指摘されて来院した。自覚症状は特にない。胸部エックス線写真、経気管支肺生検組織PAS及びGrocott染色標本を以下に示す。適切な治療薬はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D057]←[国試_095]→[095D059

110B031」

  [★]

  • 1か月続く37℃台の発熱と頸部リンパ節腫大とを主訴に来院した22歳の男性。胸部エックス線写真で異常を認めない。リンパ節生検組織のH-E染色標本(別冊No. 4A、B)を別に示す。
  • 追加して行う染色として最も有用なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 110B030]←[国試_110]→[110B032

102C008」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 102C007]←[国試_102]→[102C009

111F013」

  [★]

  • マラリアを診断するために用いる染色法はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111F012]←[国試_111]→[111F014

109E037」

  [★]

  • 真菌の染色法として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 109E036]←[国試_109]→[109E038

グロコット染色」

  [★]

Grocott stain, Grocott's staining
(国試)Grocott染色グロコット-ゴモリ染色 Grocott-Gomori stainメセナミン硝酸銀染色 methenamine-silver nitrate stainグロコツトメテナミン染色


概念

  • 多糖体を検出する染色で、PAS染色よりも鋭敏である。
  • 染色の原理:多糖体の炭素間結合をクロム酸により酸化切断し、メセナミン銀を作用させることで銀イオンが結合し、銀染色される。

検出対象

  • PAS染色による検出法より鋭敏

染色」

  [★]

staining
染色法