100H021

  • 68歳の男性。発熱と右上腹部痛とを主訴に来院した。体温38.5℃。脈拍88/分、整。血圧130/58mmHg。右季肋部に圧痛を伴う腫瘤を触れる。血液所見:赤血球450万、Hb15.0g/dl、Ht48%、白血球16,500。血清生化学所見:総ビリルビン1.0mg/dl(AST40単位、ALT52単位、ALP220単位(基準260以下)。腹部超音波写真を以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 100H020]←[国試_100]→[100H022



★リンクテーブル★
国試過去問100H022」「100H020

100H022」

  [★]

  • 21歳の男性。大量の発汗があり、突然無口になってうずくまったため、友人に伴われて来院した。生来健康である、ラグビー部の副主将として、早朝から部員の先頭に立って合宿練習を指揮していた。天気は快晴であり、午後2時の来院時、気温33℃、湿度65%、無風。意識は清明。嘔気と嘔吐とはない。身長170cm、体重70kg。体温37.4℃。呼吸数24/分。脈拍92/分、整。血圧128/72mmHg。下腿、大腿および腹部に軽度の筋攣縮が認められる。
  • 対応として最も適切なのはどれか。
  • a. 頭部冷却
  • b. 酸素吸入
  • c. 冷水投与
  • d. 電解質液投与
  • e. 抗けいれん薬投与

[正答]


※国試ナビ4※ 100H021]←[国試_100]→[100H023

100H020」

  [★]

  • 58歳の男性。肝硬変で通院中、腹部超音波検査で中等量の腹水と肝右葉の直径2cmの肝細胞癌とが発見され入院した。血液所見:赤血球403万、Hb11.8g/dl、白血球3,200、血小板4.8万、プロトロンビン時間35%(基準80~120)。血清生化学所見:総蛋白5.3g/dl、アルブミン2.7g/dl、総ビリルビン4.2mg/dl、直接ビリルビン2.6mg/dl、AST53単位、ALT45単位。HCV抗体陽性。1か月前に施行したICG試験(15分値)は42%(基準10以下)であった。
  • 最も良い治療予後を期待できるのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H019]←[国試_100]→[100H021