フルタミド

flutamide
オダイン
前立腺癌治療剤

薬効分類

  • 前立腺癌治療剤

適応

オダイン125mg

用法用量

オダイン125mg
  • (成人)フルタミド1回125mg 3T/3 食後 内服

薬効薬理

オダイン125mg
  • 抗腫瘍効果:アンドロゲン依存性前立腺癌細胞の増殖を抑制する
  • フルタミドの主活性代謝物であるOH-フルタミドは200倍の濃度で、ジヒドロテストステロン(アンドロゲンの一種)のアンドロゲンレセプターに対する結合を50%阻害することができる。

作用機序

オダイン125mg
  • OH-フルタミドのアンドロゲンレセプターに対するアンドロゲンの結合を阻害する。


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • OP-414 再燃性前立腺癌に対するセカンドライン・フルタミド療法の治療成績(前立腺腫瘍/薬物療法1,一般演題口演,第98回日本泌尿器科学会総会)
  • 高田 剛,木内 利郎,木下 竜弥,小林 正雄,植田 知博,井上 均,原 恒男
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(2), 336, 2010-02-20
  • NAID 110007868331
  • 臨床講座(22)前立腺癌

Related Links

フルタミドは非ステロイド性の抗アンドロゲン剤です。男性ホルモン(アンドロゲン) によって増殖が促がされる前立腺がんの治療に用いられます。リュープロレリンなどの。 LH-RHアナログと併用されることが多いようです。


Related Pictures

薬検索】フルタミド錠125「KN フルタミド「マイラン」 錠125mg フルタミド「マイラン」 錠125mg フルタミド 「マイラン」フルタミド及びその誘導体を 抗がん剤の種類と副作用フルタミド錠 125mg フルタミド フルタミド

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 前立腺癌治療剤

販売名

フルタミド錠125mg「マイラン」

組成

成分・含量(1錠中)

  • フルタミド 125.0mg含有

添加物

  • 結晶セルロース、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、アクリル酸エチル・メタクリル酸メチルコポリマー分散液、アルファー化デンプン、ラウリル硫酸ナトリウム、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 肝障害のある患者[重篤な肝障害に至るおそれがある。]
  • 本剤に対する過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 前立腺癌
  • 通常成人にはフルタミドとして1回125mgを1日3回、食後に経口投与する。なお、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • ワルファリン投与中の患者〔「2.相互作用」の項参照〕

重大な副作用

重篤な肝障害

(頻度不明)

  • 劇症肝炎等の重篤な肝障害(初期症状:食欲不振、悪心・嘔吐、全身けん怠感、そう痒、発疹、黄疸等)があらわれることがあるので、定期的(少なくとも1ヵ月に1回)に肝機能検査を行うなど患者の状態を十分に観察すること。異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎

(頻度不明)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

*心不全、心筋梗塞

(頻度不明)

  • 心不全、心筋梗塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • フルタミド(Flutamide)

化学名

  • 2-methyl--[4-nitro-3-(trifluoromethyl)phenyl]propanamide

分子式

  • C11H11F3N2O3

分子量

  • 276.22

性状

  • 淡黄色の結晶性の粉末である。
    ?ジメチルホルムアミド、ジメチルスルホキシド、メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、ジエチルエーテルにやや溶けやすく、水にはほとんど溶けない。

融点

  • 110?114℃

★リンクテーブル★
リンク元その他の腫瘍用薬

その他の腫瘍用薬」

  [★]

商品