Loeffler症候群

レフラー症候群


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 好酸球が増加する呼吸器疾患:好酸球性肺炎を中心に(総説,<特別企画>「好酸球疾患」)
  • 田中 直彦,三藤 久
  • 北里医学 33(2), 97-100, 2003-04-30
  • … 好酸球性肺炎はLoefflerによる末梢血の好酸急増多を伴う一過性肺浸潤(Loeffler症候群)の報告以来,いくつかのグループに分類されているが,そのグループ分けは時代とともに変化している。 …
  • NAID 110004698499
  • 78)Loeffler症候群が疑われた多発性骨髄腫に合併した心アミロイドーシス
  • 福田 芳生,田中 康博,小牧 伸一郎,常盤 二起子,寺田 浩和,長野 真二郎,堀之内 尚志,山王 和寿,薗田 正浩,有馬 暉勝
  • Japanese circulation journal 63(supple2), 810, 1999-08-20
  • NAID 110002559362
  • Loeffler症候群の1例
  • 佐伯 正彦 [他]
  • 南大阪病院医学雑誌 20(2・3), 227-229, 1972-11
  • NAID 40018531444

Related Links

Churg-Strauss症候群、Wegener肉芽腫症、関節リウマチ、結節性動脈炎、全身性 エリテマトーデス、皮膚硬化症、好酸性筋膜炎/筋炎. 3.肺疾患. 気管支拡張症、嚢胞性 線維症、Loeffler症候群、肺好酸球性肉芽腫症. 4.心疾患. 熱帯性心内膜線維症、好酸 球 ...
好酸球性肺炎(こうさんきゅうせいはいえん、英語: eosinophilic pneumonia)は、好酸 球を伴う肺浸潤をきたす一連の症候群である。かつてPIE症候群(英: pulmonary infiltration with eosinophilia syndrome)として呼ばれていたものを包括する概念で ある。


Related Pictures

首页 > 专业园地 > 病例讨论 e0156318_11522316.jpg243巻1号 2012年10月6日



★リンクテーブル★
リンク元好酸球増多」「レフラー症候群
関連記事症候群」「」「症候

好酸球増多」

  [★]

eosinophilia
好酸球増加症好酸球増加好酸球増多症好酸球性白血球増加症 eosinophilic leukocytosis
好酸球

[show details]


定義

好酸球増加症
  • 好酸球>500/μl

好酸球増多をきたす疾患

QB.G-240

医学辞書

  • 血液疾患

pocket medicine

参考

  • 1.
[display]http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/030828html/index_2.html

レフラー症候群」

  [★]

Loeffler's syndrome Loeffler syndrome, Löffler syndrome
レフレル症候群 Loeffler症候群一過性肺浸潤
単純性肺好酸球増加症 単純性肺好酸球症 simple pulmonary eosinophilia

[show details]

症状

  • 軽度の咳嗽、喘鳴、呼吸困難、発熱、全身倦怠感

検査所見

  • 胸部X線写真:一過性、移動性の浸潤影
  • 血液所見:末梢血好酸球増多

関連

寄生虫

症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。

群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化

症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候