行動障害

conduct disorderbehavior disorder、((英))behaviour disorder
行動異常行為障害
-行動異常

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/22 10:48:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • エベロリムスが情緒・認知・対人面の改善をもたらした結節性硬化症の1例
  • 中尾 朋平,田中 竜太,西岡 絵理 [他]
  • 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society 118(9), 1372-1375, 2014-09
  • NAID 40020215771
  • 成人期の実践 行動障害のある仲間たちのくらしを支える(最終回)仲間一人ひとりを大事にすることは発達を大事にすること
  • 高橋 孝雄,篠崎 秀一
  • みんなのねがい (576), 48-50, 2014-09
  • NAID 40020171000
  • 外傷性脳損傷による認知症または軽度認知障害 (特集 老年精神医学とDSM-5)
  • 林 博史,川勝 忍,小林 良太
  • 老年精神医学雑誌 25(8), 881-883, 2014-08
  • NAID 40020186959

Related Links

1)反抗挑戦性障害 反抗的な行動は、2歳前後に多くの子どもでみられるのを初めとして、発達過程に 対応して多くの子どもにみられるもので、子どもが成長していく中で自律性や内的な 規範と統制を発達させていくためには必要な ...
3. 行動障害の防衛的性格 発達障害者がみせる行動障害は、本人のもつ行動傾向に対しての周囲の拒否的対応への反応が多いといえます。行動障害のなかには、睡眠障害など生物学的側面が強いものもありますが、自傷、他傷、もの壊し ...


Related Pictures

レム睡眠行動障害レム睡眠行動障害は レム睡眠行動障害』の画像を レム睡眠行動障害行動障害から人間を考える レム睡眠行動障害の症状や原因



★リンクテーブル★
国試過去問110E069
リンク元behavior disorder」「行動異常」「行為障害」「behaviour disorder
拡張検索レム睡眠行動障害」「社会的行動障害」「注意欠陥および破壊的行動障害」「小児行動障害
関連記事障害」「行動」「

110E069」

  [★]

  • 次の文を読み、67~69の問いに答えよ。
  • 28歳の男性。墜落事故のため工事現場から救急車で搬入された。
  • 現病歴:建築作業中に誤って約3mの高さから墜落し、頭部を強打した。意識障害がみられ、救急搬送された。
  • 既往歴:生来健康で特記すべきことはない。
  • 生活歴:高校卒業後から建築作業員。独身。大酒家で喫煙歴は不明。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:来院時、閉眼。身長 170cm(推定)。体重 70kg(推定)。体温 36.4℃。脈拍 48/分、整。血圧 192/104mmHg。呼吸数 12/分。SpO2 92%(リザーバー付マスク10L/分酸素投与下)。左側頭部に皮下血腫を認める。瞳孔径両側3mmで対光反射は正常である。口腔、鼻孔および耳孔からの出血を認めない。他部位の創傷からの外出血はない。心音と呼吸音とに異常を認めない。痛み刺激で開眼し、発語は「あ~」「う~」の発声のみを認める。痛み刺激で手足の逃避的な屈曲を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、血液所見:赤血球 424万、Hb 13.8g/dL、Ht 48%、白血球 8,600、血小板 21万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dL、アルブミン 4.0g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、AST 21IU/L、ALT 28IU/L、尿素窒素 16mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、血糖 85mg/dL、Na 142mEq/L、K 4.2mEq/L、Cl 102mEq/L。CRP 1.2mg/dL。動脈血ガス分析(リザーバー付マスク10L/分酸素投与下):pH 7.20、PaCO2 64Torr、PaO2 62Torr、HCO3- 24mEq/L。胸部エックス線写真と骨盤部エックス線写真とで異常を認めない。 頭部単純CTで異常を認めない。
  • その後の経過:翌日に撮影された頭部MRIのFLAIR像で脳梁を中心とした白質に小さな高信号領域の散在を認めた。受傷後4日目に開眼し、受傷後5日目には意識レベルはJCSⅠ-1となった。リハビリテーションを進め自宅退院を目指すことになった。
  • 退院後も長期に認められる可能性があるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110E068]←[国試_110]→[110F001

behavior disorder」

  [★]

behaviour disorderconduct disordermental disorderpsychiatric diagnosis

行動異常」

  [★]

behavior disorder, behavior abnormality
精神障害行動障害精神科診断

行為障害」

  [★]

conduct disorder
行動障害反社会性性格障害

behaviour disorder」

  [★]

)行動障害

behavior disorderconduct disorder

レム睡眠行動障害」

  [★]

REM sleep behavior disorder, RBD
レム睡眠行動異常症
睡眠障害睡眠時随伴症

[show details]


概念

  • 主に男性に見られる慢性かつ進行性の疾患であり、レム睡眠における筋弛緩の欠如と粗暴な行動の出現が特徴的である。

疫学

  • 50-60歳以上の男性に多い。

病因

出典無し

症状

  • 日中には問題はない。
  • レム睡眠中に筋弛緩を欠いており、夢の内容をそのまま行動に移す結果、殴る、蹴る、跳ねる、ベッドから飛び出すなどの粗暴な行動が起き、自分自身あるいは家族を傷害することがある。
  • 声をかけると覚醒し、目覚めたときの意識と見当識は正常で、異常行動を呈した場面を想起できることが多い。 ⇔ 譫妄夜驚

診断基準

睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)
  • A.
  • 少なくとも次の1項目が存在する.
けがをしてしまうか,あるいはけがをしてもおかしくないような睡眠時の荒々しい行動.
睡眠ポリグラフ検査中に記録されたREM睡眠時の異常行動.
  • B.
筋抑制を欠いたREM睡眠(REM sleep without atonia)が存在する:持続的または間欠的な頤筋活動

の亢進や,頤筋または四肢の相動的な収縮(phasic EMG twitching).

  • C.
  • REM 睡眠中に,てんかん性脳波活動がみられない(RBDと他のREM 睡眠関連性けいれんの併発とを,明瞭に区別

できる場合を除く).

  • D.
  • 他の睡眠異常症では十分説明できない睡眠障害である(内科疾患や神経疾患,精神疾患,薬剤性や薬物乱用による疾患)


治療

  • 環境の確保
  • 薬物療法

社会的行動障害」

  [★]

高次脳機能障害
  • 欲求、感情を抑制する力の低下
  • コミュニケーション能力の低下
  • コミュニケーション意欲の低下

注意欠陥および破壊的行動障害」

  [★]

attention deficit and disruptive behavior disorder
反抗挑戦性障害

小児行動障害」

  [★]

child behavior disorder

障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症

行動」

  [★]

behaviorbehaviouractbehavebehavioralbehavioural
振る舞う行為行動性作用働く挙動振る舞い行動上条例

害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する