左腎臓

left kidney


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 非造影CT画像からの類似画像検索による臓器自動抽出法の検討(腹部画像解析,ポスターティーザー2,統計モデルとその応用,医用画像一般)
  • 渡辺 篤人,周 向栄,陳 華岳,原 武史,横山 龍二郎,兼松 雅之,星 博昭,藤田 広志
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像 111(389), 407-410, 2012-01-12
  • … れている.臓器の自動抽出には事前情報が必要となり,類似画像が有効な情報として用いられることがある.本研究では,位相限定相関法を用いて類似画像検索とレジストレーションを高速に行う手法について提案する.対象臓器は肝臓,脾臓,左右腎臓である.また,類似画像検索結果を用いた臓器抽出を行い,手入力した正解画像との一致度(JSC)による評価を行った.平均一致度は肝臓81.8%,脾臓78.0%,左腎臓75.4%,右腎臓77.3%であった. …
  • NAID 110009481676
  • 強力集束超音波(HIFU)の水中照射による腎血管系の血流遮断効果の検討
  • 堀田 紗代,土岐 彰,石井 徹子,山下 紘正,柿本 隆志,千葉 敏雄
  • 昭和医学会雑誌 71(6), 616-624, 2011
  • … た治療法はない.今回,われわれは最も低侵襲性の治療方法としてHIFUが有用であると考え,動物実験モデルを用いてさまざまな基礎実験を行った.全身麻酔下に,5羽の白色家兎(体重2.5~3.0kg,雄)の左腎臓を体外へ脱転,露出し,腎実質の動脈を対象としてHIFU照射(5秒間×3回)を行った.使用した振動子は,周波数4.44MHz,焦点距離42mmのものである.このHIFU照射を術後7,14日に同様に反復して行い,3か所ずつ …
  • NAID 130002150110
  • 腹腔鏡下左腎臓摘出術を施行した腎細胞癌合併妊娠の1例 : 術中の気腹圧と子宮・胎児血流動態に関する考察
  • 高木 香津子,横山 幹文,東條 伸平,弓削乃 利人,坂口 健一郎,大下 裕子,妹尾 大作,本田 直利,矢野 明,宮本 克利,田丁 貴俊,藤井 元廣,清水 一郎
  • 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology 26(2), 363-369, 2010-12-01
  •   Renal cell carcinoma during pregnancy has rarely been reported in the literature. We report a case of a 34 year-old pregnant woman who underwent a laparoscopic nephrectomy for renal cell c …
  • NAID 10029376542

Related Links

ヒトの腎臓はソラマメの種子の様な形をしており、腹の裏側、横隔膜の下に一対ある。 身体の右側には肝臓があるため、第11胸椎から第3腰椎位で肝臓によって圧迫される ため右腎は左腎よりやや低い位置にある。重さは約150g(ノート1冊分)で、縦約12cm、 幅 ...
小西博之さんが左腎臓がんの摘出手術を受けたのは2005年2月16日のことだ。がんが ... と聞いても、はぐらかされたのですが、『今後のこともありますから言ってください』と お願いしたら、とても慎重に、左腎臓がんの可能性が高いことを伝えてくれました。


Related Pictures

左睾丸痛(卵巣痛);トライツ 長期洗腎左腰劇痛 原來是腎  左, 腎臓, ありなさい腹部の内臓(ふくぶのないぞう 術前CT:馬蹄腎,左腎重度積水 左 腎臓 の 割 面 エコー 画像



★リンクテーブル★
国試過去問096E011
リンク元脾臓
関連記事腎臓

096E011」

  [★]

  • 健康成人の内臓で最も重いのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 096E010]←[国試_096]→[096E012

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

腎臓」

  [★]

kidney
ren
腎機能








  • 図:N.265(水平断,上部) N.320(背面) N.332(水平断)
  • 図:Z.92、M.173(体表解剖)、N.321,322

解剖

大きさ

  • 長さ:11cm
  • 幅:4-5cm
  • 厚み:2-3cm

重量

  • 115-170g(PT.461), 160g(♂)/140g(♀)(KL.395)

血管尿管との関係

  • 腎臓を内側から見るとき、腹側から静脈動脈尿管の順に並んでいる

位置

  • 腹腔の後壁で、脊椎の両側にある(PT.461)
  • 右腎:T11-L2椎体、左腎:T12-L3椎体 (M.173)。T12-L3椎体。右腎は左腎より約1.5cm低位 (KL.395)
  • 両方の腎も幽門平面を貫くが、右腎は腎の上方で貫いている (M.173)
  • 尋問は中面より5cm離れた場所にある (M.173)
    • 腸骨稜の高いところを通る矢状面を貫く。この面は第12肋骨の先端をかすめる (M.173)
  • 腎臓の背側側は上方では横隔膜を挟む。さらにその下層では第11胸神経、肋下神経、腸骨下腹神経、腸骨鼡径神経が下外側に走行している (M.173)

血管

  • 腎動脈前枝
  • 上区動脈
  • 上前区動脈
  • 下前区動脈
  • 前区動脈
  • 下区動脈
  • 腎動脈後枝
  • 後区動脈
それぞれから以下の通りに分岐する

部位名

生理

機能 (SP.776 2007年度後期生理学授業プリント)

  • 1. 代謝により生じた老廃物の濾過・排出
  • 1-1. 酸の排泄
  • リン酸の排泄
  • NH4+の分泌
  • 重炭酸イオンの分泌
尿中酸総排泄量 = 滴定酸(リン酸, 硫酸など) + NH4+ - HCO3-(重炭酸イオンの再吸収)
  • 1-2. 尿素・尿酸・クレアチニンの排泄
  • 1-3. 異物の排泄
肝臓でP450やグルクロン酸抱合された解毒物の排泄
  • 2. 体液恒常性の維持 (腎機能参照)
  • 体液のNa,Kなどの電解質濃度
  • 浸透圧
  • pH
  • 3-1. ビタミンD3
活性型ビタミンDの産生(腎小体で濾過したビタミンDを近位尿細管で再吸収し、活性型に転換して血中に戻す)
pO2↓→近位尿細管近傍の線維芽細胞が分泌~
赤血球を作る増殖因子
輸入細動脈顆粒細胞から分泌される
レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の最初に位置する
副腎皮質を刺激して鉱質コルチコイド(アルドステロン)を放出させる & 血管の平滑筋を刺激して血圧を上昇させる。
  • 4. 代謝機能
糖新生

ホルモンによる調節

  • バソプレシン[視床下部後葉]により、遠位尿細管で水の再吸収が促進される
  • 鉱質コルチコイド(アルドステロン)[副腎皮質]により、遠位尿細管でのNa( H2O)の再吸収が促進される
  • 重炭酸イオン(HCO3-)の再吸収[近位尿細管、CO2が細胞内に拡散]
  • ナトリウムイオン(Na+)の再吸収[近位尿細管、遠位尿細管]
  • アンモニア(NH3)の排出[細胞外に拡散]
  • 水素イオンH+の排出[近位尿細管、遠位尿細管のNa+-H+交換輸送体]

神経による調節 (SP.784)

  • 交感神経により腎血流が調節されている
  • 弱い刺激:輸出細動脈が収縮→RPF↓、濾過圧↑→GFRほぼ不変
  • 強い刺激:輸入細動脈も収縮→RPF↓、GFR↓

尿の生成 (生理学実習1 実習テキストp.3)

  • 腎を流れる血流量 1L/min = 1440L/day
  • 原尿生成 0.1L/min = 160L/day
  • 尿生成 0.7-1.0ml/min = 1-1.5L/day


-kidney