辺縁帯

marginal zone
周辺帯リンパ小節白脾髄赤脾髄脾臓
  • 図:HIS.250
  • 形質細胞、T細胞、B細胞、マクロファージ、指状嵌入樹状細胞(IDC)などが存在(HIS.252
  • 数多くの小さな血管がリンパ節を取り囲むように存在し、辺縁洞を形成(HIS.252)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 症例 側頭部に生じた節外性辺縁帯リンパ腫(MALTリンパ腫)の1例
  • 木村 浩,池田 憲一,中林 伸之 [他]
  • 皮膚科の臨床 54(5), 778-782, 2012-05
  • NAID 40019311773
  • シンポジウム 制御性B細胞と接触過敏反応
  • 藤本 学
  • Journal of environmental dermatology and cutaneous allergology 6(2), 55-59, 2012-04
  • NAID 40019314749

Related Links

大脳皮質では、興奮性神経細胞の多くは脳室面で誕生し、脳表面の辺縁帯直下まで 放射状に移動してその移動を終える。その過程を繰り返すことにより、早生まれの神経 細胞ほど最終的により深層に配置され、遅生まれの神経細胞ほどより浅層に配置され ...


Related Pictures

脾臓辺縁帯リンパ腫辺縁帯 性粘膜関連濾胞辺縁帯リンパ腫濾胞辺縁帯の過形成性病変との  リンパ組織型辺縁帯リンパ腫



★リンクテーブル★
リンク元脾臓」「白脾髄
拡張検索辺縁帯B細胞リンパ腫」「脾辺縁帯リンパ腫」「脾性辺縁帯リンパ腫」「脾濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫」「濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫
関連記事」「辺縁

脾臓」

  [★]

spleen (SP)
  • 図:N.288,289

解剖

体表解剖 (2007年度後期解剖学授業プリント)

臓器と接する面 (KL.383, N.288)

組織

  • 赤脾髄:大部分を占め、赤色に見える
  • 白脾髄を取り巻くように存在し、赤脾髄と白脾髄を隔てている。
  • 辺縁体では、数多くの小さな血管がリンパ小節を取り囲むように存在しており、辺縁洞をなす。中心動脈から放射状に伸びる細い血管が赤脾髄に入り、その後再び戻って辺縁洞に注ぐ。

機能 (SP.499)

  • 1. 赤血球の処理
  • 2. 防衛機能
  • 3. 胎生期における造血作用
  • 4. 赤血球の貯蔵

臨床関連

  • 血小板増加による血栓症
  • 免疫能低下
  • 易感染性
  • 莢膜を持つ菌に感染しやすくなる→脾網内系はIgMを産生する場らしい?
  • 脾摘後重症感染症症候群


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

白脾髄」

  [★]

splenic white pulp, white pulp (Z)
白髄赤脾髄脾臓


辺縁帯B細胞リンパ腫」

  [★]

marginal zone B-cell lymphoma
モルトリンパ腫粘膜関連リンパ組織リンパ腫

脾辺縁帯リンパ腫」

  [★]

splenic marginal zone lymphoma
脾臓周辺帯リンパ腫脾性辺縁帯リンパ腫

脾性辺縁帯リンパ腫」

  [★]

splenic marginal zone lymphoma
脾臓周辺帯リンパ腫脾辺縁帯リンパ腫

脾濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫」

  [★]

splenic marginal zone B-cell lymphoma
濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫

濾胞辺縁帯B細胞リンパ腫」

  [★]

marginal zone B-cell lymphoma, MZBCL

帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯

辺縁」

  [★]

bordermarginal
帯域辺縁性境界境を接する