スパイロメトリ

spirometry
肺活量測定スパイロメトリー

WordNet

  1. the use of a spirometer to measure vital capacity

Japanese Journal

  • 呼吸機能検査の現状と新たな展開 (第58回学術集会) -- (シンポジウム4 生理機能検査の現状と新たな展開)
  • 東條 尚子
  • 臨床病理 : 日本臨床検査医学会誌 60(9), 875-879, 2012-09-00
  • NAID 40019491327
  • Meet the Expert 高齢者の慢性閉塞性肺疾患の管理 (第54回日本老年医学会学術集会記録)
  • 長瀬 隆英
  • 日本老年医学会雑誌 49(5), 576-578, 2012-09-00
  • NAID 40019475474

Related Links

スパイロメーターという測定装置を使って肺活量や換気量を調べます。ホース状の酸素 吸入口に口をあて、息を大きく吸って吐き出します。


Related Pictures

キャプチャまずは下の図を頭に入れる。56 スパイロメトリー肺機能検査sokuteihouhou呼吸機能検査(スパイロメ



★リンクテーブル★
国試過去問099I025」「096C028」「106H038」「099F033」「112A074」「099F037」「095C032」「100H040」「096G096
リンク元肺活量測定
拡張検索スパイロメトリー
関連記事トリ

099I025」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。急にぼんやりしたり、うとうとするようになり妻と一緒に来院した。
  • 現病歴 :これまで比較的元気で身のまわりのことは、ほとんど自分で行っていた。2日前から急にぼんやりしたり、うとうとすることが多くなった。日常の行動や着衣の状態がだらしなくなり、呼びかけには応じるが反応が鈍くなった。今朝、下着に黒色の便が付着しているのに妻が気付いた。2、3日前から胃の調子が悪いと言っていた。食欲はなく、2日前までは焼酎を毎日1合飲んでいた。排便の状態は不明である。数年前から外出時にころぶことがあった。
  • 既往歴 : 40歳代からアルコール性肝障害を指摘されている。約5年前に十二指腸潰瘍に罹患した。
  • 現症 : 意識は傾眠傾向で、表情に乏しく動作は緩慢である。起立・歩行はできる。身長164cm、体重62kg。体温36.4℃。呼吸数14/分。脈拍84/分、整。血圧122/74mmHg。瞳孔は左右同大、対光反射は正常。前頭部に打撲痕がある。項部硬直はない。胸部に心雑音なく、ラ音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。圧痛と抵抗とを認めない。肝を心窩部に2cm触知する。下肢に浮腫を認めない。両手指に振戦がある。上下肢の腱反射はやや減弱しているが病的反射はない。直腸指診で指先に黒色便の付着を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。
  • 血液所見:赤血球379万、Hb9.8g/dl、Ht31%、白血球4,200、血小板9万、プロトロンビン時間54%(基準80~120)。
  • 血清生化学所見:総蛋白6.0g/dl、アルブミン3.2g/dl、γ-グロブリン24.7%、尿素窒素35mg/dl、クレアチニン1。2mg/dl、総コレステロール166mg/dl、トリグリセライド80mg/dl、総ビリルビン2.3mg/dl、AST74単位、ALT62単位、γ-GTP96単位(基準8~50)、Na141mEq/l、K4.5mEq/l。免疫学所見:HBs抗原陰性、HCV抗体陰性。
  • この患者の診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 099I024]←[国試_099]→[099I026

096C028」

  [★]

  • 次の文を読み、28~30の問いに答えよ。
  • 38歳の女性。微熱と大腿部痛とを訴えて来院した。
  • 現病歴 : 2ヶ月前から全身倦怠感と微熱が続いている。一ヶ月前から階段の昇降がなんとなくおっくうになり、体動時には空咳と両側大腿部の鈍痛とを感じるようになった。関節痛や皮疹はない。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。身長162cm、体重52kg。体温37.8℃。脈拍84/分、整。血圧118/76mmHg。皮膚、頭頸部に異常を認めない。背部の聴診で、両側下肺野にfine crackles<捻髪音>を認めるが、心音に異常はなく、心雑音もない。背部に異常を認めない。両側大腿部に筋萎縮と把握痛とを認める。四肢の近位筋力はやや低下しているが、感覚や深部腱反射は正常範囲である。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣で赤血球 1~2 /1視野、白血球 5~10/1視野。赤沈 38 mm/1時間。血液所見:赤血球 410 万、Hb 11.0 g/dl、Ht 39 %、白血球 6,800、血小板 26 万。血液生化学所見:総蛋白 6.0 g/dl、アルブミン 3.4 g/dl、尿素窒素 18 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、AST 80 IU/l、ALT 40 IU/l、LD 420 IU/l (基準176~353)、CK 180 単位(基準10~40)。Na 142 mEq/l、K 4.6 mEq/l。免疫学所見:CRP 1.8 mg/dl、抗核抗体 40 倍(基準20以下)。胸部エックス線写真で両側下肺野に網状陰影を認める。
  • この患者の病態把握に有用でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 096C027]←[国試_096]→[096C029

106H038」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。


  • 現病歴: 10日前から夜に咳込むようになった。 4日前から自宅の階段を昇るときに息苦しさを自覚するようになり、次第に症状が増悪したため受診した。
  • 既往歴 : 43歳時に尿管結石。会社の健康診断で、 45歳時に高血圧を、 55歳時に心房細動を指摘されたが、受診しなかった。
  • 生活歴 : 3か月前からオウムを飼っている。
  • 家族歴:父親が高血圧症で加療中。
  • 現 症:意識は清明。身長167cm、体重64kg。体温36.1℃。脈拍124/分、不整。血圧146/84mmHg。呼吸数30/分。甲状腺の腫大を認めない。聴診上、 III音を聴取する。両側の胸部でcoarse cracklesを聴取する。両側の下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真(別冊No. 4)を別に示す。
  • 次に行うべき検査として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H037]←[国試_106]→[106I001

099F033」

  [★]

  • 82歳の女性。咳、痰および呼吸困難のため来院した。
  • 3年前から咳と痰とが持続し、特に冬に多くなり、時に労作時の呼吸困難があった。喫煙歴は20歳から1日10本。意識は清明。身長150cm、体重48kg。呼吸数24/分。脈拍52/分、整。血圧148/74mmHg。血液所見:赤血球390万、Hb12.3g/dl、Ht36%、白血球6,000、血小板27万。スパイロメトリ:%VC88%、FEV1.0% 58%。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.36、PaO2 78Torr、PaCO2 43Torr、HCO3-24mEq/l。この患者の病態に最も関係する異常所見はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099F032]←[国試_099]→[099F034

112A074」

  [★]

  • 32歳の女性。乾性咳嗽を主訴に来院した。5年前から毎年、2月から5月までの間に乾性咳嗽を自覚していたが、今年も2月から同様の症状が出現したため受診した。アレルギー性鼻炎の既往がある。喫煙歴はない。体温 36.8℃。脈拍 72/分、整。血圧 120/60mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 99%(room air)。呼吸音に異常を認めない。胸部エックス線写真で異常を認めない。
  • 次に行うべき検査として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 112A073]←[国試_112]→[112A075

099F037」

  [★]

  • 75歳の男性。2日前から38℃の発熱、咳嗽および膿性痰が出現し、労作時呼吸困難も強くなったので来院した。慢性肺気腫で通院治療を受けていた。呼吸困難はHugh-Jonesの分類IV度である。胸部エックス線写真に浸潤影を認めない。次に行う検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 099F036]←[国試_099]→[099F038

095C032」

  [★]

  • 78歳の男性。慢性肺気腫で通院治療を受けている。2日前から38℃の発熱、咳嗽および膿性痰が出現し、労作時呼吸困難も強くなったので来院した。呼吸困難はHugh-Jonesの分類IV度であった。胸部エックス縮写真に浸潤影を認めない。まず行うべき検査はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)

[正答]


※国試ナビ4※ 095C031]←[国試_095]→[095C033

100H040」

  [★]

  • 75歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。慢性肺気腫があり治療中である。2日前から38℃の発熱、咳嗽および膿性痰が出現した。来院時、軽度の意識障害を認める。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)は室内気吸入下で88%である。
  • まず行う検査はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100H039]←[国試_100]→[100I001

096G096」

  [★]

  • 生体機能と検査法の組合せで正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 096G095]←[国試_096]→[096G097

肺活量測定」

  [★]

spirometry
スパイロメトリスパイロメトリー

スパイロメトリー」

  [★]

spirometryspirometric
肺活量測定スパイロメトリ

トリ」

  [★]

birdavian
鳥類