アレルギー歴


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 好酸球性胃腸炎の診断と治療
  • 木下 芳一,石原 俊二,天野 祐二,清村 志乃,多田 育賢,丸山 理留敬
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 54(6), 1797-1805, 2012-06-20
  • 好酸球性胃腸炎の原因は明らかとはなっていないが,Th2反応をおこしやすい個人が食物抗原等に反応して消化管でのIL-5,-13,-15,eotaxin等のサイトカインの産生が高まり好酸球やマスト細胞が活性化されて消化管上皮に傷害をおこすアレルギー疾患であると考えられている.本疾患は40歳頃を発症ピークとし男女共にほぼ同様に発症するが,喘息などのアレルギー歴を有する例が多い.主訴は腹痛と下痢であること …
  • NAID 10030961249
  • P-0680 薬剤管理指導業務データからの患者の副作歴とアレルギー歴の調査研究 : その2-アレルギー歴について(一般演題 ポスター発表,有害事象・副作用,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 宮川 潤子,岩瀬 利康,伊藤 好夫,森田 美江子,星野 浩一,双樹 恵,末廣 美由紀,森実 朋子,瀧澤 久美子,外山 智章,鈴木 理穂
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 295, 2011-09-09
  • NAID 110008910146
  • P-0679 薬剤管理指導業務データからの患者のアレルギー歴と副作歴の調査研究 : その1-副作用歴について(一般演題 ポスター発表,有害事象・副作用,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 星野 浩一,岩瀬 利康,伊藤 好夫,森田 美江子,宮川 潤子,双樹 惠,末廣 美由紀,森実 朋子,瀧澤 久美子,外山 智章,鈴木 理穂
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 295, 2011-09-09
  • NAID 110008910145

Related Links

ホーム パル・コラム お薬手帳活用テクニック教えます!〜お薬手帳には必ず副作用歴・アレルギー歴・病歴を ... 2012/05/13 カテゴリ:お薬手帳について, お薬手帳の活用テクニック お薬手帳活用テクニック教えます!〜お薬手帳 ...
娘のアレルギー歴vol.14〜除去した理由-IgG型、遅発型の食物アレルギーの血液検査結果により完全除去をしていたのですが、医師の言うことをすっかり信頼していた訳ではありません。 まずはじめに、検査結果を
娘のアレルギー歴vol.1〜吐き戻し、下痢、おしりかぶれ-娘は予定日より11日早く、3300gで産まれてきました。ごく普通の出産でした。 3kg前後で産まれる子が多い中、1割ほど大きく、頼もしく思ったものです。


Related Pictures

病歴申告書〜無料テンプレート おくすり手帳・アレルギー歴 表1:体質、アレルギー歴等の  と大人のための食物アレルギー食物 アレルギー は アレルギー 歴・病名/禁忌・アレルギー



★リンクテーブル★
国試過去問110G066」「104C021
関連記事アレルギー」「アレル

110G066」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。呼吸困難と下腿浮腫とを主訴に来院した。
  • 現病歴:心不全、心筋梗塞および高血圧症にて自宅近くの診療所に通院中であった。2か月前から階段を上がる際に胸部の違和感を覚えるようになった。1か月前から歩行時の呼吸困難と下腿浮腫とを自覚するようになった。呼吸困難は徐々に悪化し、10mさえも歩くことが困難になり受診した。
  • 既往歴:65歳から高血圧症。75歳時に心筋梗塞にて経皮的冠動脈形成術(薬剤溶出性ステント留置)。76歳から心不全。アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、β遮断薬、ループ利尿薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬、アスピリン及びチエノピリジン系抗血小板薬を処方されている。
  • 生活歴:喫煙は70歳まで20本/日を50年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親は脳出血で死亡。母親は胃癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 154cm、体重 58kg(1か月で3kg増加)。体温 36.3℃。脈拍 96/分、整。血圧 156/86mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 96%(鼻カニューラ2L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認める。頸部血管雑音を聴取しない。胸部の聴診でⅢ音とⅣ音とを聴取する。心雑音を聴取しない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側の下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 412万、Hb 13.8g/dL、Ht 42%、白血球 6,500(桿状核好中球 30%、分葉核好中球 40%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 22%)、血小板 19万、Dダイマー 0.6μg/dL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.5g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 1.1mg/dL、AST 36IU/L、ALT 39IU/L、LD 352IU/L(基準 176~353)、ALP 153IU/L(基準 115~359)、CK 156IU/L(基準30~140)、尿素窒素 21mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL、血糖 114mg/dL、HbA1c 5.7%(基準 4.2~6.2)、総コレステロール 139mg/dL、トリグリセリド 77mg/dL、HDLコレステロール 53mg/dL、Na 137mEq/L、K 4.7mEq/L、Cl 104mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)840pg/mL(基準 18.4以下)。CRP 0.2mg/dL。心筋トロポニンT迅速検査は陰性。心電図は心拍数98/分の洞調律で、不完全右脚ブロックを認める。胸部エックス線写真で心胸郭比は58%であり、肺血管陰影の増強と右肋骨横隔膜角の鈍化とを認める。心エコーで左室駆出率は34%で、びまん性に左室の壁運動低下を認める。
  • 今回の病状悪化の原因を推論する上で重要な情報はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110G065]←[国試_110]→[110G067

104C021」

  [★]

  • 42歳の男性。発作性の呼吸困難を主訴に来院した。6か月前から朝になると胸苦しさを時々自覚していた。3か月前に息苦しさが生じ横になるとより苦しくなったため時間外の外来を受辞した。両側全肺野にwheezesを聴取し、点滴とβ2刺激薬の吸入とを行うと改善した。病院から家に戻ると症状は全くなくなっていた。毎日ではないが週に1回以上同じ発作を繰り返すので、何か治療をしてもらいたいという。来院時に自覚症状はない。既往歴アレルギー歴とに特記すべきことはない。心音と呼吸音とに異常を認めない。尿、血液および胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 対応で最も適切なのはどれか。
  • a 入院
  • b 発作時のみの外来受診
  • c β2刺激薬の吸入による自己管理
  • d 外来での点滴β2刺激薬の吸入
  • e 副腎皮質ステロイド吸入薬による長期管理

[正答]


※国試ナビ4※ 104C020]←[国試_104]→[104C022

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査

アレル」

  [★]

allele
アリル対立遺伝子アレレ