過眠

hypersomnia
過眠症

WordNet

  1. an inability to stay awake

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 眠れなかったり、睡眠中に困った行動がある : 睡眠障害(不眠、過眠、夜驚、夢中遊行) (特集 「子どもの精神医学」を学ぶ) -- (子どものメンタルヘルスの問題)
  • 臨床経験 過眠で来院しADHDの存在が明らかになった2例
  • 【第91回 北海道医学大会総会トピックス】 注目される睡眠医療
  • 千葉 茂
  • 北海道医学雑誌 88(2-3), 63-65, 2013-04
  • … 睡眠障害は,睡眠障害国際分類第2版(2005年)に従って、約100種類の睡眠障害が8つの大きなカテゴリー(不眠症、睡眠関連呼吸障害、中枢性過眠症、サーカディアンリズム睡眠障害、睡眠時随伴症、睡眠関連運動障害など)に分類されている。 …
  • NAID 120005229869

Related Links

過眠症に関する基本的な知識を紹介しています。過眠症のタイプや過眠症を引き起こす主な原因を知り、ご自身の危険度をセルフチェックしてみましょう。
眠くて眠くてしょうがない! そんなあなたは、もしかすると過眠症(睡眠障害)かもしれません。世界標準の眠気テストで、あなたの眠気の病気度を測定しましょう! 日中に眠気を起こす病気についても解説します。


Related Pictures

 過眠症、脳神経疾患など対応眠気が強い過眠症や睡眠関連 もしかすると、 過眠症 ?? 今 過眠症とは?7.過眠症や睡眠随伴症 | 睡眠 過眠症を引き起こしている原因



★リンクテーブル★
国試過去問111I041」「104I074」「106A019」「104F006
リンク元意識混濁」「睡眠障害」「hypersomnia
拡張検索過眠症」「昼間過眠症」「特発性過眠症

111I041」

  [★]

  • 65歳の男性。睡眠中の行動異常を主訴に妻に伴われて来院した。5年前からしばしば悪夢を見てはっきりした寝言を言うようになった。次第に睡眠中に大声で叫んだり笑ったりするようになり、上肢を振り回し妻に殴りかかることがあった。寝言や寝ぼけた行動は夢の内容に対応していた。
  • 最も考えられる疾患について正しいのはどれか。
  • a Alzheimer型認知症に移行する可能性が高い。
  • b 徐波睡眠相に一致して行動異常が出現する。
  • c 妻に対する無意識の敵意が原因である。
  • d 寝室環境の調整が必要である。
  • e 過眠を伴うことが多い。


[正答]


※国試ナビ4※ 111I040]←[国試_111]→[111I042

104I074」

  [★]

  • 28歳の女性。仕事が全く手につかないことを主訴に来院した。2か月前に家族でドライブ中に交通事故に遭い、腹部に重症を負ったが頭部打撲は免れた。両親は即死した。身体状態は改善したが、1か月前から日中覚醒時に事故の光景が頻回に目に浮かび、不安におののくようになった。
  • この病態で起こりやすいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I073]←[国試_104]→[104I075

106A019」

  [★]

  • 長期にわたる大量飲酒の結果としてアルコール依存症となった患者が、飲酒中止後の数時間から数日以内に発症する可能性が高いのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 106A018]←[国試_106]→[106A020

104F006」

  [★]

  • 躁状態でみられないのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104F005]←[国試_104]→[104F007

意識混濁」

  [★]

clouding of consciousness, consciousness clouding
意識意識障害明識困難状態


意識混濁

BET 130改変
軽度な
意識混濁
意識不鮮明
錯乱
confusion 周囲に対する認識や理解は低下し、思考の清明さや、記憶の正確さが失われる
昏蒙 benumbness 軽い意識障害で、注意力低下、無関心、自発力低下の状態
 
中程度・高度の
意識混濁
昏睡 coma 外界からの強い刺激にも運動反応はない
半昏睡 semicoma 外界からの強い刺激に対する反応は残っている
昏迷 stupor 強い刺激に短時間は覚醒し運動反応がある
傾眠 somnolence 病的に名場合に用いられ、放置すれば意識が低下し、眠ったようになるが、刺激で覚醒する
 
昏眠 sopor comaより軽く、stuporに近い状態で用いられる。
嗜眠 lethargy somnolenceより意識低下傾向が強い場合に用いられる
傾眠 drowsiness 正常、病的の区別なく眠り込む場合に用いられる
過眠 hypersomnia 不眠症の対義語として用いられる

睡眠障害」

  [★]

sleep disorder, sleep disturbance
睡眠睡眠薬交代勤務睡眠障害
不眠慢性不眠症原発性不眠症一過性不眠症反跳性不眠睡眠覚醒障害

分類

KPS.393

原因別の分類

参考

  • wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/DSM-IV_Codes#Sleep_disorders

hypersomnia」

  [★]

  • n.
disorder of excessive somnolencehypersomnolencenarcolepsynarcoleptic

 

過眠症」

  [★]

narcolepsyhypersomnianarcoleptic
睡眠過剰症
睡眠発作ナルコレプシー睡眠過剰過眠傾眠過剰症

昼間過眠症」

  [★]

disorder of excessive somnolence
傾眠症傾眠過剰症

特発性過眠症」

  [★]

idiopathic hypersomniaidiopathic hypersomnolence