卵アレルギー

egg allergyegg hypersensitivity
卵過敏症


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/01/30 13:52:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • にわとりや二代目 五恵子(さえこ)の直売日記(178)卵アレルギー問題は、卵でスッキリ解決!?
  • 卵アレルギー予測のための鶏卵特異的IgE抗体価のカットオフ値測定 (特集 食物アレルギー研究最前線)
  • 臨床免疫・アレルギー科 = Clinical immunology & allergology 67(1), 51-56, 2017-01
  • NAID 40021064004
  • ワクチン含有抗原によるアナフィラキシー (特集 抗原学 最近の進歩) -- (経皮抗原 : 最近の進歩)

Related Links

したがって、卵白、卵黄に加えてオボムコイドに対するIgE抗体を測定することは卵アレルギーの診断に有用であり、卵の除去治療中の方はゆで卵や加熱した卵製品が食べれるかどうかの判定の参考になります。
2007年現在、食物アレルギーの中でも一番多いと言われている「卵アレルギー」の基礎知識と気をつけたい食品、代替食品などをご紹介します。 ... 詳細解説!卵アレルギーの症状と対策 2007年現在、食物アレルギーの中でも一番多いと ...


Related Pictures

卵アレルギー 症状(23歳)なんと卵アレルギー 本商品1袋(210g)をつかった 卵アレルギーその後病院の先生から、「何日か熱が 卵アレルギー対応のイメージ



★リンクテーブル★
国試過去問109F027
リンク元egg hypersensitivity」「卵過敏症
関連記事アレルギー」「アレル

109F027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 51歳の男性。上腹部痛を主訴に来院した。
  • 現病歴:3日前から上腹部の強い痛みと悪心とを自覚していた。これまでも時々、空腹時に上腹部膨満感が出現することがあり市販の薬を内服していた。便通は毎日あり、もともと軟らかい方である。今朝から倦怠感を少し感じたため受診した。発熱や息切れはない。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴はない。飲酒はウイスキー60mL/日を30年間。
  • 家族歴:母親が60歳時にくも膜下出血で死亡。父親がAlzheimer型認知症を発症し72歳時に胃癌で死亡。
  • 医療面接は以下のように続いた。
  • 患者「・・・ということで当時は親戚中がもめており、父が亡くなったときは正直言ってホッとしたことを思い出します」
  • 医師「そうでしたか。つらい思い出をお話しくださってありがとうございました」
  • 患者「いえいえ。もうずいぶん前のことですから大丈夫ですよ」
  • 医師「それで、今回のおなかの痛みについて何か思い当たることはありますか」
  • 患者「実は、父が自分と同じように長い間胃が悪くて、検査の結果ピロリ菌陽性だったそうで、ひょっとしたら自分もそうではないかと」
  • 医師「そういうご事情があったのですね」
  • 現症:意識は清明。身長 174cm、体重 67kg。体温 36.5℃。脈拍 96/分、整。血圧 100/62mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 97%(room air)。皮疹を認めない。眼瞼結膜は貧血様である。眼球結膜に黄染を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。肝・脾を触知しない。心窩部から右季肋部にかけて圧痛を認める。反跳痛を認めない。直腸指診で異常を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 340万、Hb 10.0g/dL、Ht 35%、白血球 7,200、血小板 16万。CRP 1.5mg/dL。腹部超音波検査で異常を認めない。
  • 次に行う検査の前に再度確認しておくべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109F026]←[国試_109]→[109F028

egg hypersensitivity」

  [★]

egg allergy

卵過敏症」

  [★]

egg hypersensitivity
卵アレルギー

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査

アレル」

  [★]

allele
アリル対立遺伝子アレレ