中心静脈

central vein (Z), central vein Rolando


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/06/02 22:38:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 東京慈恵会医科大学附属第三病院における安全な中心静脈カテーテル挿入の取り組み:中心静脈カテーテルワーキンググループの活動を通して (第109回成医会第三支部例会)
  • 29.長期中心静脈栄養中に上大静脈血栓症を合併した症例に対する肋間静脈アプローチの試み(一般演題,第45回日本小児外科学会関東甲信越地方会)
  • 薄井 佳子,大浜 用克,新開 真人,武 浩志,北河 徳彦,平田 義弘,小坂 太一郎
  • 日本小児外科学会雑誌 47(3), 381, 2011-06-20
  • NAID 110008673319

Related Links

Gray1092.png. 中心静脈(ちゅうしんじょうみゃく、英: central vein, central venule)は 、肝小葉において認められる静脈。類洞において混合された血液を受け取り、その血液 を肝静脈を介して体循環へと戻す。 ...


Related Pictures

2 中心静脈栄養中心静脈穿刺中心静脈カテーテル挿入術 図1中心静脈(CV)ライン網膜中心静脈閉塞症の症状は



★リンクテーブル★
国試過去問096C011」「077B043
リンク元肝臓」「中心静脈血酸素飽和度」「central vein
拡張検索中心静脈穿刺
関連記事中心」「静脈

096C011」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 52歳の女性。黄疸を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 15年前に健康診断で肝機能の異常を指摘された。7年前から全身の掻痒感が出現し、2年前から黄疸が出現した。1年前には吐血があり、食道静脈瘤に対して硬化療法を受けた。最近になり黄疸が増強したため、紹介され入院した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長150cm、体重52kg。脈拍64/分、整。血圧108/58mmHg。皮膚と眼球結膜とに黄疸を認める。腹水と下腿前面の浮腫とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:.蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球369万、Hb11.8g/dl、Ht36%、白血球3,800、血小板8万、プロトロンビン時間(PT)35%(基準80~120)。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、アルブミン2.8g/dl、IgA630mg/dl(基準110~410)、IgG3,178 mg/dl (基準960~1,960)、IgM 641mg/dl (基準65~350)、クレアチニン0.6mg/dl、総ビリルビン20.7mg/dl、直接ビリルビン18.5mg/dl、AST(GOT)123単位(基準40以下)、ALT(GPT)75単位(基準35以下)、アルカリホスファターゼ512単位(基準260以下)、γ-GTP112単位(基準8~50)、コリンエステラーゼ106単位(基準400~800)、Na135mEq/l、K4.1mEq/l、Cl100mEq/l。免疫学所見:HIV抗体陰性、HBs抗原・抗体陰性、HCV抗体陰性、抗ミトコンドリア抗体陽性、AFP2ng/ml(基準20以下)。
  • この患者で予想される肝病理組織所見はどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 096C010]←[国試_096]→[096C012

077B043」

  [★]

  • 正しい組み合わせはどれ?2つ

肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素

画像

CT


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

中心静脈血酸素飽和度」

  [★]

Scvo2
中心静脈圧 central venous pressure CVP, 混合静脈血酸素飽和度 SvO2

参考

  • [display]http://www.edwards.com/jp/products/presep/venousoximetryoverview.htm?PediaSat=1

central vein」

  [★] 中心静脈。Rolando中心静脈

中心静脈穿刺」

  [★]

central venous puncture
中心静脈確保

分類

  • 内頚静脈アプローチ :総頚動脈の拍動を触知しつつその外側を穿刺
  • 鎖骨下静脈アプローチ:鎖骨と第1肋骨の間を鎖骨下縁に沿って穿刺

中心」

  [★]

centercentrehubcentrumcentrocentralmedial
センター中央中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的内側内側性中央に置く椎体中枢ハブ

静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。