Whipple's disease

ウィップル病



★リンクテーブル★
リンク元フォン・ヒッペル・リンドウ病」「染色法」「ウィップル病
関連記事disease」「ss」「sing」「S

フォン・ヒッペル・リンドウ病」

  [★]

von Hippel-Lindau disease VHL disease, VHL
フォンヒッペル・リンダウ病 VHL病リンダウ病ヒッペル病フォン・ヒッペル・リンダウン病、フォン・ヒッペル-リンダウ病
網膜血管腫症 retinal angiomatosis
血管芽腫神経皮膚症候群フォン・ヒッペル病(網膜の血管腫のみの場合(SOP.144))

[show details]


概念

  • 癌抑制遺伝子であるVHL遺伝子の変異による常染色体優性遺伝疾患で、中枢神経系の血管芽腫網膜血管芽腫腎細胞癌副腎腫瘍などを発症する疾患である。
頭部の血管芽腫と腎・副腎腫瘍と覚えておこう

病因

  • 3p25のVHL遺伝子:癌抑制遺伝子の変異が関与
  • 11q13にもマッピングされている。

疫学

  • 思春期以降で30歳代の男性に多発。

遺伝形式

病態

  • 多くの臓器に腫瘍や嚢胞を形成(腎(40%に腎細胞癌。腎嚢胞)、中枢神経系の血管芽腫、網膜血管腫、膵腫瘍(膵嚢胞)、肝、副腎(褐色細胞腫)など)
  • 眼 :毛細血管レベルで血管腫が発生し、グリアの増殖を伴ってオレンジ色の結節を形成する。血管腫を介したシャントが形成されるために動脈・静脈が拡張蛇行する。進行すれば血管腫から血漿が漏出して漿液性網膜剥離をきたす。また硬性白斑がみられる。

症状

  • 眼 :(網膜剥離が起これば)視野障害・視力障害
  • 神経:(小脳の血管芽腫により)小脳失調。てんかん(SOP.144)。
  • 皮膚:(低頻度)血管腫、カフェオレ斑

合併症

検査

  • 頭部MRI
  • 造影:小脳の血管芽腫は濃染される。嚢胞を伴う場合は均一な低信号領域が認められる。
[show details]

国試

参考

  • 1. [charged] フォンヒッペル・リンダウ病の臨床的特徴、診断、および管理 - uptodate [1]
  • 2. [charged] フォンヒッペル・リンダウ病の分子生物学および病因 - uptodate [2]
  • 3. VON HIPPEL-LINDAU SYNDROME - OMIM
[display]http://omim.org/entry/193300

メモ

  • 混乱していたので、

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア

ウィップル病」

  [★]

Whipple's disease, Whipple disease
Whipple病ホウィップル病ホイップル病
腸性脂肪異栄養症 intestinal lipogranulomatosis特発性脂肪性下痢症 idiopathic steatorrhea、非熱帯性スプルー non-tropical sprue
吸収不良症候群消化吸収試験

disease」

  [★]

  • n.
疾患illnessより厳密な概念。「ある臓器に明確な障害が確認され、それによって症状が出ているとはっきり説明できる場合」 (PSY.9)
特定の原因、病態生理、症状、経過、予後、病理組織所見が全てそろった場合 (PSY.9)
  • something that is very wrong with people's attitudes, way of life or with society.
ailailmentdisease entitydisorderillillnessmaladysicksickness
  • 注意
diseaseillnessdisorder


     

ss」

  [★]

single strandsingle-strandsingle-stranded

sing」

  [★]

  • v.
過去sang-過去分詞sung

       

S」

  [★]