左前下行枝

left anterior descending artery LAD, left anterior descending coronary artery, left anterior descending branch
心臓


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 急性冠症候群と考える院外心停止の1剖検例
  • 西 勝弘,刑部 光正,伊関 憲
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 29(2), 71-76, 2011-08-15
  • … 冠動脈3枝のい ずれにおいても粥状動脈硬化を認め、さらに左前下行枝の中枢側には壁在性の新鮮血栓 が確認された。 … また左前下行枝の灌流域である心室中隔の前2/3の部分に一致して陳旧 性心筋梗塞が確認された。 … 本症例は左前下行枝における血栓形成、灌流域に陳旧性心筋梗塞を認めたものの、明 らかな新鮮梗塞巣は認められなかった。 …
  • NAID 110008614768
  • <原著>三次元CT画像を用いた冠動脈の起始異常および開口部起始位置の解剖学的調査
  • 工藤 正幸,村上 卓道,中内 祥文,宮崎 俊一,重吉 康史
  • 近畿大学医学雑誌 35(3/4), 177-184, 2010-12
  • … はMDCTによって得られた三次元画像を用い,邦人の冠動脈起始異常の発現率およびその分岐形態の幾何学的情報についての解剖学的調査研究である.分岐異常を有した症例は1,053例中,高位起始症例が0例,左前下行枝と左回旋枝が分離して起始する症例が8例(0.755%),右冠動脈が左冠尖から分岐する症例が6例(0.570%)の合計14例(1.330%)認められた.正常分岐症例の評価における冠動脈の分岐角度は,左冠動脈 …
  • NAID 120002772457

Related Links

□冠動脈の走行(左前下行枝)□ 公開日2004.1.28 更新2004.02.2 左メニューを隠す TOPへ. 左冠動脈の前下行枝-心臓の正面像 (心膜を取り除いた像). 冠動脈走行の 解説. 【左前下行枝の詳細な名称と略称】 左前下行枝:LAD(left anterior descending ...
1b-1)□冠動脈の名称(左前下行枝)□ 1b)正面透亮像-動画 1b)-右冠動脈 1b)前下行 枝(左冠動脈) 1b)回旋枝(左冠動脈) ... 前下行枝は、3本の冠動脈の中で一番支配 領域が広いことから、冠動脈が詰まって生じる心筋障害(心筋梗塞)では広範囲の障害 ...


Related Pictures

左前下行枝病変左前下行枝(AHA分類)左前下行枝 Left Anterior Descending 左前下行枝近位部閉塞の冠動脈 冠動脈(冠状動脈) 】左前下行枝近位部閉塞の心電図



★リンクテーブル★
国試過去問100D039」「112F079」「109B048」「103D001」「099D036
リンク元LAD
関連記事前下行枝」「」「下行

100D039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴: 4年前に狭心症と診断され、アスピリンと硝酸薬とを服薬していたが、半年前から中断していた。3か月前から駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた。2日前冷汗を伴う前胸部絞扼感が数時間持続し、自宅での安静で軽快した。しかし、昨夜就寝後呼吸困難のため覚醒した。横になると呼吸困難が再発するので眠れず、午前3時に来院した。
  • 既往歴: 8年前に糖尿病を指摘された。
  • 現症: 意識は清明。身長169cm、体重75㎏。呼吸数28/分。脈拍104/分、整。血圧102/88mmHg。頸静脈の怒張を認めるが、心雑音はない。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。右肋骨弓下に圧痛を認める。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖2+。血液所見: 赤血球430万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球9,500、血小板30万。血清生化学所見: 血糖150mg/dl、HbA1c8.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、尿素窒素26mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総コレステロール224mg/dl、トリグリセライド190mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST60単位、ALT34単位、LDH620単位(基準176~353)、CK960単位(基準10~110)、Na148mEq/l、K4.6mEq/l、Cl103mEq/l。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)96%(酸素3l/分投与下)。入院時の胸部エックス線写真と心電図とを次に示す。
  • この患者の病態の原因はどれか。


心電図

  • 異常Q波:I, aVL, V1-V3
  • 陰性T波:I, aVL, V2-V6
  • R波減高:V4-V6
  • ST上昇:V1-V4
  • 所見
心筋梗塞#心電図の異常波形と時間経過 PHD.105
ST上昇が残存

胸部単純X線写真

心筋梗塞の場合、上昇してくる生化学マーカー

  上昇してくる時間
AST 6-12時間
LDH やんわりと出てくる。
CK  (CK-MBの場合) 3-4時間

[show details]

[正答]


※国試ナビ4※ 100D038]←[国試_100]→[100D040

112F079」

  [★]

  • 次の文を読み、78~80の問いに答えよ。
  • 59歳の男性。激しい前胸部痛と息苦しさのために救急車で搬入された。
  • 現病歴:3日前から5分程度のジョギングで前胸部の絞扼感と息苦しさとを自覚していたが、10分程度の休息で症状は消失していた。本日午前6時30分に胸痛と息苦しさが出現し、1時間以上持続するため救急車を要請した。
  • 既往歴:5年前から高血圧症で降圧薬を服用している。
  • 現症:意識はやや混濁しているが呼びかけには応じる。身長 176cm、体重 82kg。体温 36.6℃。心拍数 114/分、不整。血圧 90/46mmHg。呼吸数 28/分。SpO2 89%(リザーバー付マスク10L/分酸素投与下)。冷汗を認め、四肢末梢に冷感を認める。心雑音を認めないが、Ⅲ音を聴取する。呼吸音は両側の胸部にcracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 520万、Hb 16.3g/dL、Ht 51%、白血球 15,800、血小板 19万。血液生化学所見:総蛋白 7.0g/dL、AST 14U/L、ALT 18U/L、CK 420U/L(基準 30~140)、クレアチニン 1.8mg/dL。心エコー検査で左室拡張末期径は 51mm、壁運動は基部から全周性に低下しており、左室駆出率は 14%であった。心電図(別冊No. 9)を別に示す。


  • 救急外来で気管挿管を行った後、冠動脈造影を行う方針とした。カテーテル室に移動して、まず大動脈内バルーンパンピング(IABP)を留置した。
  • 緊急で行った冠動脈造影像(別冊No. 10)を別に示す。
  • 冠動脈の責任病変はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112F078]←[国試_112]→[112F080

109B048」

  [★]

  • 79歳の男性。呼吸困難のため搬入された。10年前から高血圧症、脂質異常症および2型糖尿病で加療中である。1年6か月前に急性心筋梗塞を発症し、左前下行枝の完全閉塞に対しカテーテル治療を施行された。その後、抗血小板薬、利尿薬およびβ遮断薬を投与され、日常生活で心不全の症状を認めなかった。数日前から労作時の息切れを自覚し、数時間前から安静時にも強い呼吸困難を生じたため救急搬送された。意識は清明。脈拍 104/分、整。血圧 154/102mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 100%(リザーバー付マスク10L/分酸素投与下)。心尖部を最強点とするIV/VIの収縮期雑音を聴取する。両側の胸部にcoarse cracklesとwheezesとを聴取する。血液生化学所見:AST 22IU/L、ALT 19IU/L、LD 218IU/L(基準 176~353)、CK 52IU/L(基準 30~140)、脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP) 952pg/mL(基準 18.4以下)。胸部エックス線写真(別冊No. 5A)と心エコー図(別冊No. 5B)とを別に示す。
  • 呼吸困難の原因として考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B047]←[国試_109]→[109B049

103D001」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103C031]←[国試_103]→[103D002

099D036」

  [★]

  • 房室結節への血流供給をすることが多いのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099D035]←[国試_099]→[099D037

LAD」

  [★]

皮膚科

循環器

免疫学

前下行枝」

  [★]

anterior descending branch
前室間枝
冠状動脈左前下行枝 left anterior descending branch LAD


  • 前室間枝で覚える

枝」

  [★]

branchramus
枝分れ部門ブランチ分岐部分枝

下行」

  [★]

descending
下行性