心陰影拡大

心拡大


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 心不全を呈し, 心筋シンチで心筋障害を証明しえた強皮症の1例
  • 小杉 依子,桜井 徹志
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 26(3), 121-126, 2003-06-30
  • … 15年前にレイノー症状を初発とし強皮症と診断され,冬期には指尖潰瘍を繰り返していた.平成13年6月,労作時息切れの増悪を認め,当科入院となった.入院時の胸部X線ではCTR 65%と心陰影拡大,両側胸水を認めた.心エコー検査では左室の壁運動のび漫性の低下および左室駆出率の低下を認めた. …
  • NAID 130000849567
  • 70)心陰影拡大類似の胸部X線所見を呈した縦隔内腫瘍の一例
  • 黒須 富士夫,高沢 謙二,田中 信大,武田 和大,強口 博,松岡 治,伊吹山 千晴,平野 隆,瓜生 和人,辻 興,加藤 治
  • Japanese circulation journal 61(SupplementIII), 801, 1998-03-20
  • NAID 110002563640

Related Links

「心陰影拡大」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「心陰影拡大」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! ... 心陰影拡大 ってかなりまずい病気でしょうか? 先日健康診断で胸部X線の結果で... 心陰影拡大ってかなりまずい ...
胸部レントゲン写真:胸部レントゲン写真は心臓病の診断において極めて基本的な検査ですが、胸部レントゲン写真でわかるのは、「心肥大」ではなく心陰影の拡大、すなわち「心拡大」です。ひとくちに心拡大といっても先にのべた4 ...
【ベストアンサー】心陰影拡大はいくつかの心臓の異常所見です。 致死的なものに心タンポナーデ・心不全。 要治療なものに僧帽弁や大動脈弁の逆流や肥大型心筋症、拡張型心筋症などの心筋 ...


Related Pictures

写真 2クリック して 拡大XP (60).jpg高血圧による心陰影拡大巾着 型心胸 比 と は 心臓 の 最大 幅



★リンクテーブル★
国試過去問100D039」「108E066
リンク元心拡大
関連記事拡大」「心陰影」「

100D039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。夜間の呼吸困難のため救急車で搬入された。
  • 現病歴: 4年前に狭心症と診断され、アスピリンと硝酸薬とを服薬していたが、半年前から中断していた。3か月前から駅の階段を昇るとき軽度の胸痛を感じていた。2日前冷汗を伴う前胸部絞扼感が数時間持続し、自宅での安静で軽快した。しかし、昨夜就寝後呼吸困難のため覚醒した。横になると呼吸困難が再発するので眠れず、午前3時に来院した。
  • 既往歴: 8年前に糖尿病を指摘された。
  • 現症: 意識は清明。身長169cm、体重75㎏。呼吸数28/分。脈拍104/分、整。血圧102/88mmHg。頸静脈の怒張を認めるが、心雑音はない。両側下肺野にcoarse cracklesを聴取する。右肋骨弓下に圧痛を認める。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見: 尿所見: 蛋白1+、糖2+。血液所見: 赤血球430万、Hb14.2g/dl、Ht42%、白血球9,500、血小板30万。血清生化学所見: 血糖150mg/dl、HbA1c8.8%(基準4.3~5.8)、総蛋白7.0g/dl、尿素窒素26mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl、総コレステロール224mg/dl、トリグリセライド190mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST60単位、ALT34単位、LDH620単位(基準176~353)、CK960単位(基準10~110)、Na148mEq/l、K4.6mEq/l、Cl103mEq/l。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)96%(酸素3l/分投与下)。入院時の胸部エックス線写真と心電図とを次に示す。
  • この患者の病態の原因はどれか。


心電図

  • 異常Q波:I, aVL, V1-V3
  • 陰性T波:I, aVL, V2-V6
  • R波減高:V4-V6
  • ST上昇:V1-V4
  • 所見
心筋梗塞#心電図の異常波形と時間経過 PHD.105
ST上昇が残存

胸部単純X線写真

心筋梗塞の場合、上昇してくる生化学マーカー

  上昇してくる時間
AST 6-12時間
LDH やんわりと出てくる。
CK  (CK-MBの場合) 3-4時間

[show details]

[正答]


※国試ナビ4※ 100D038]←[国試_100]→[100D040

108E066」

  [★]

  • 次の文を読み、 66~ 68の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:約半年前から労作時の呼吸困難を自覚していた。当初は階段や急な坂を登る時のみであったが次第に悪化し、より軽い労作でも呼吸困難を感じるようになった。現在では 2. 3分の平地歩行でも呼吸困難を自覚するようになったが、安静時には症状はない。
  • 既往歴: 20歳時に副鼻腔炎手術。 38歳時に子宮筋腫手術。 10年前から高血圧症に対し内服治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。 1年前から室内でネコを飼っている。
  • 家族歴:夫が 3年前に肺癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 52 kg。体温 36.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/68 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張と口唇のチアノーゼとを認めない。心雑音を聴取しないが胸骨左縁第 2肋間で II音の亢進を認める。呼吸音は正常で、呼吸副雑音を聴取しない。腹部診察で異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 396万、 Hb 13.0 g/dl、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 23万、 Dダイマー 3.6 μg/ml(基準 1.0以下 )。血液生化学所見:総蛋白 7.2 g/dl、アルブミン 4.2 g/dl、総ビリルビン 0.7 mg/dl、AST22 IU/l、ALT 20 IU/l、LD 256 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 10 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.9 mEq/l、Cl 109 mEq/l、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉140 pg/ml(基準 18.4以下 )。 CRP 0.2 mg/dl。
  • 胸部エックス線写真 (別冊 No. 16)を別に示す。
  • 認められるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E065]←[国試_108]→[108E067

心拡大」

  [★]

cardiac enlargementcardiomegaly
心肥大 cardiac hypertrophy巨心症心拡張 cardiac dilatation心陰影心陰影拡大


拡大」

  [★]

enlargement

胸部X線写真上での拡大

  • 胸郭に大して心陰影が大きくなった状態、つまり心胸郭比 CTRが上昇した状態
  • 組織的には拡張 dilatation肥大 hypertrophyが起こっていることが考えられるが、X線写真上では両者は区別できない。

心陰影」

  [★]

cardiac shadow silhouette
胸部X線写真

大」

  [★]

macro
マクロ