カリニ肺炎

ニューモシスチス肺炎


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/17 15:44:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 36.繰り返しBALを行い診断,治療の経過を追うことができたカリニ肺炎と考えられる1例(第19回 日本呼吸器内視鏡学会中国四国支部会)
  • 勝田 知也,海野 正俊,鎌尾 高行,肥後 寿夫
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 33(3), 202-203, 2011-05-25
  • NAID 110008686149
  • Pneumocystis jiroveci 肺炎(カリニ肺炎)を合併した生体腎移植後の2小児例
  • 梶保 祐子,近本 裕子,水谷 誠,谷口 貴実子,藤井 寛,秋岡 祐子,田邉 一成,平井 由児,戸塚 恭一,堤 康,服部 元史
  • 日本小児腎不全学会雑誌 : 小児腎不全研究会記事 30, 201-203, 2010-08-31
  • NAID 10027697888
  • ニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)の病態と治療
  • 当院で今年経験したニューモシスティス肺炎の4症例
  • 濱田 邦夫,大沼 法友,堀川 敬,長谷川 敦,渡辺 秀樹
  • 2009-06-01
  • … 今年度上期で比較的まれな疾患であるニューモシスティス肺炎(旧疾患名カリニ肺炎)を4例経験したので報告する。 …
  • NAID 120002033976

Related Links

以前はニューモシスチス・カリニ (Pneumocystis carinii) による肺炎とされ、「カリニ肺炎 」と呼ばれた。しかし、ラットから見つかったニューモシスチス・カリニ(「カリニ」は病原体 発見に貢献したアントニオ・カリニにちなむ)と、ヒトで肺炎をおこすニューモシスチスは ...


Related Pictures

Pneumocystis pneumonia - Pneumocystis 症例20. カリニ肺炎カリニ肺炎ニューモスチス・カリニ肺炎カリニ肺炎とはの画像カリニ肺炎の像です。弱拡では



★リンクテーブル★
リンク元ニューモシスチス肺炎」「日和見感染症」「間質形質細胞性肺炎」「carinii pneumonia
拡張検索カリニ肺炎菌」「カリニ肺炎治療薬」「ニューモシスチス・カリニ肺炎」「ニューモシステイスカリニ肺炎
関連記事肺炎」「

ニューモシスチス肺炎」

  [★]

pneumocystis pneumonia, pneumocystis jirovecii pneumonia pneumocystis jirovecn pneumonia
カリニ肺炎 carinii pneumoniaPneumocystis肺炎
ニューモシスチス・カリニ肺炎 pneumocystis carinii pneumonia PCPニューモシスチス・カリニ肺炎ニューモシステイスカリニ肺炎
ニューモシスチス症 pneumocystosis

病原体

病因

  • CD4+リンパ球が200/μ以下の患者に発生する
IMD.1083
  • 剖検例で悪性リンパ腫の1/4、成人T細胞白血病の1/10、全身性エリテマトーデスの1/20 に認められる。
  • AIDSに高率に合併。

リスク因子

非HIV

  • 別の易感染性の原因を有するグルココルチコイド投与患者
  • 他の免疫抑制薬


症状

  • 乾性咳嗽、発熱、呼吸困難

検査

  • 末梢血液検査:リンパ球数減少。
  • 胸部X線検査:肺門から両肺野にかけて微細な網状から索状影を認め、徐々にすりガラス様陰影となる。
  • 呼吸機能検査:PaO2 が基準値の 1/2~1/3 に低下。PaCO2 は上昇することもある。
  • (USMLE:first aid step1 2006 p.147)
  • diagnosed by lung biopsy or lavage
  • identified by methenamine silver stain of lung tissue

胸部X線写真

  • 両側性に肺門から末梢に拡がる間質性陰影


治療

予後

  • 無治療の場合、ほぼ死亡
  • HIV患者よりも非HIV患者の方が致死率が高い。

国試

日和見感染症」

  [★]

opportunistic
opportunistic infection
日和見感染



AIDSにおけるCD4様生細胞数と日和見感染症発症の関連 (also see NDE.446)

  感染症名 CD4陽性細胞数(/ul)
AIDS診断を規定しない日和見感染症 帯状疱疹 641
Kaposi肉腫 588
アメーバ性肝膿瘍 360
肺結核 217
    200
AIDSに伴う日和見感染症 クリプトコッカス髄膜炎 198
カンジダ食道炎 158
カリニ肺炎 154
トキソプラズマ脳症 133
悪性リンパ腫 90
CMV網膜炎 58
非定型抗酸菌症 54
AIDS脳症 24

間質形質細胞性肺炎」

  [★]

interstitial plasma cell pneumonia
カリニ肺炎ニューモシスチス症ニューモシスティス肺炎

carinii pneumonia」

  [★]

カリニ肺炎Pneumocystis carinii肺炎

Pneumocystis carinii pneumonia

カリニ肺炎菌」

  [★]

(イヌ)Pneumocystis carinii、(ヒト)Pneumocystis jiroveci
ニューモシスティス・カリニ、ニューモシスチス・カリニ、ニューモシスチス・ジロベシ、ニューモシスチス・イロベチ、ニューモシスチス肺炎菌

カリニ肺炎治療薬」

  [★]

anti-Pneumocystis carinii drug

ニューモシスチス・カリニ肺炎」

  [★] ニューモシスチス肺炎

ニューモシステイスカリニ肺炎」

  [★] ニューモシスチス肺炎

肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症