聴力検査

オージオメトリー


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 起立時に増悪する難聴が治療後に改善した特発性脳脊髄液減少症の1例 : 治療効果判定の客観的指標としての臥位および座位時聴力検査
  • 山田 晋一郎,安井 敬三,長谷川 康博
  • 臨床神経学 53(1), 50-53, 2013-01-00
  • NAID 40019555262
  • 純音聴力検査閾値に比べて著しく語音弁別能が悪い感音難聴症例についての検討
  • 中原 はるか,室伏 利久
  • Audiology Japan 55(5), 379-380, 2012-09-30
  • NAID 10031061330

Related Links

山形市の耳鼻咽喉科、あさひ町榊原耳鼻咽喉科医院 ... 耳のしくみと聞こえ 内耳のしくみと働き 耳の話題 耳の仕組みと聞こえ 聴力検査とは? 耳鳴について考える〜耳鳴のいろいろ
「ピー」という音でおなじみの聴力検査。その内容や測定方法、判明する病気について詳しくご紹介しています! ... 薄暗い部屋で片耳ずつヘッドホンをつけ、「ピー」という甲高い音を聞かさた経験はありませんか? これがいわゆる「聴力 ...


Related Pictures

聴力検査を受ける前にP1000943聴力検査聴力検査聴力検査聴力検査



★リンクテーブル★
国試過去問110C027」「111I077」「095D046」「102A044」「104A054」「100D010」「097G101」「108B005」「101B021
リンク元幼児聴力検査」「条件詮索反射聴力検査」「オージオメトリー」「語音聴取閾値
拡張検索遊戯聴力検査」「脳幹電気反応聴力検査」「条件詮索反応聴力検査」「語音聴力検査
関連記事検査」「聴力

110C027」

  [★]

  • 次の文を読み、26、27の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。食欲不振と軽度の全身倦怠感とを主訴に紹介されて来院した。
  • 現病歴:4週前に自宅で転倒して尻もちをつき腰痛が出現したため自宅近くの診療所を受診した。腰椎エックス線写真で第1腰椎の圧迫骨折を認め、腰椎骨塩定量検査で骨密度が著明に低下しており、骨粗鬆症と診断された。非ステロイド性抗炎症薬、ビスホスホネート製剤、カルシウム製剤および活性型ビタミンD製剤による治療が開始された。2週後の再診時には腰痛は軽減し、非ステロイド性抗炎症薬は終了となったが、他の薬剤はその後も投与が継続されていた。1週前から食欲不振と軽度の全身倦怠感とを自覚し持続するため紹介されて受診した。尿検査と血液検査の結果を持参している。
  • 既往歴:70歳時に胆石で胆?摘出術。75歳時に大腸憩室炎。
  • 生活歴:娘夫婦と孫2人との5人暮らし。腰痛が軽減した後は日課にしていた朝30分の散歩を再開している。
  • 検査所見(持参したもの):尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 468万、Hb 14.6g/dL、Ht 42%、白血球 4,600、血小板 36万。血液生化学所見:総蛋白 7.6g/dL、アルブミン 4.6g/dL、総ビリルビン 0.8mg/dL、直接ビリルビン 0.4mg/dL、AST 24IU/L、ALT 10IU/L、LD 226IU/L(基準 176~353)、尿素窒素 32mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 8.6mg/dL、血糖 120mg/dL、Na 146mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 104mEq/L。CRP 0.3mg/dL未満。
  • 現症:意識レベルは JCSⅠ-2。身長 150cm、体重 45kg。体温 36.0℃。脈拍 84/分、整。血圧 132/92mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 96%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢の筋力に異常を認めない。
  • 診断に有用な検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110C026]←[国試_110]→[110C028

111I077」

  [★]

  • 36歳の男性。右眼の充血と視力低下とを主訴に来院した。3年前から時々難治性の口内炎が出現していた。1年前からしばしば右眼の霧視が出現するようになったが2週間程度で回復するため気にしていなかった。3日前から霧視に加えて視力低下が出現したため受診した。視力は右 0.1(0.2×-2.5D)、左 0.1(1.0×-2.0D)。右眼の前眼部写真(別冊No. 25A)、眼底写真(別冊No. 25B)及び蛍光眼底造影写真(別冊No. 25C)を別に示す。
  • 診断に有用な検査はどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 111I076]←[国試_111]→[111I078

095D046」

  [★]

  • 7か月の男児。笑わなくなったことに気付かれ来院した。20日前から親の顔を追視せず、声をかけても笑わなくなった。このころから、物音にびっくりしたように、瞬間的に両上肢を振り上げる動作があるという。これを数回反復する。診察所見は追視がなく、お座りができない。昨日近医で記録した覚醒時脳波を以下に示す。
  • 最も適切な対応はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 095D045]←[国試_095]→[095D047

102A044」

  [★]

  • 2歳の男性。右顔面の麻痺を主訴に来院した。4日前に右耳痛、右軽度難聴および右顔面の違和感が続いていた。昨日から飲水時に右口角から水が漏れ、今朝から右眼が閉じられなくなった。右耳介の写真(別冊No12)を以下に示す。誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 102A043]←[国試_102]→[102A045

104A054」

  [★]

  • 50歳の男性。4日前からの複視を主訴に来院した。2か月前に左耳閉感と左難聴とを自覚したが放置していた。左眼の外転が障害されており、両側頭部に2cm大の硬い腫瘤を複数触知する。耳鏡検査で左鼓室滲出液の貯留を認め、聴力検査で左伝音難聴を認める。
  • 次に行う検査はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104A053]←[国試_104]→[104A055

100D010」

  [★]

  • 55歳の男性。頸部の腫脹を主訴に来院した。2か月前から左頸部に硬い腫脹が生じ、次第に増大した。現在は約4cm大で可動性はなく、圧痛、自発痛もない。頸部の写真を以下に示す。最も重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100D009]←[国試_100]→[100D011

097G101」

  [★]

  • 聴力検査の方法と所見とを以下に示す。
  • 正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097G100]←[国試_097]→[097G102

108B005」

  [★]

  • 小学校の健康診断について正しいのはどれか。
  • a 隔年で実施される。
  • b 聴力検査は含まれない。
  • c 胸部エックス線撮影を行う。
  • d 心エコー検査は必須項目である。
  • e 学校保健安全法に基づいて行われる。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B004]←[国試_108]→[108B006

101B021」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 101B020]←[国試_101]→[101B022

幼児聴力検査」

  [★]

pediatric audiometry
聴力検査

新生児~乳幼児~の聴力検査の時期

PED. 28

条件詮索反射聴力検査」

  [★]

conditioned orientation reflex audiometry COR-audiometry
幼児聴力検査聴力検査
  • 音が聞こえた方向を向いたときに光で条件付け。
  • 音をだんだん小さくして、最低聴力閾値を決定する。

オージオメトリー」

  [★]

audiometry
聴力検査聴覚検査オージオメトリ

語音聴取閾値」

  [★]

speech reception threshold SRT
語音了解閾値 speech recognition threshold
聴力検査語音最小可聴閾値

遊戯聴力検査」

  [★]

play audiometry
幼児聴力検査条件詮索反射聴力検査、、プレイオージオメトリー
  • 年齢:2-3ないし3-4歳以上
  • 方法

脳幹電気反応聴力検査」

  [★]

brainstem electric responseaudiometry, BERA
聴性脳幹反応

条件詮索反応聴力検査」

  [★]

conditioned orientation response audiometry, CORA

語音聴力検査」

  [★]

speech audiometry
語音聴力図

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察

聴力」

  [★]

hearing acuity, hearing
聴力検査聴覚ヒアリング聴聞会聴取