interferon

インターフェロン    

WordNet

  1. an antiviral protein produced by cells that have been invaded by a virus; inhibits replication of the virus

PrepTutorEJDIC

  1. インターフェロン(ウイルス増殖抑制物質)
  2. インターフェロン (virusの増殖を抑制する)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/29 15:02:10」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Fibroblast growth factor 2 induces proliferation and distribution of G2 /M phase of bovine endometrial cells involving activation of PI3K/AKT and MAPK cell signaling and prevention of effects of ER stress.
  • Lim W1, Bae H2, Bazer FW3, Song G2.
  • Journal of cellular physiology.J Cell Physiol.2018 Apr;233(4):3295-3305. doi: 10.1002/jcp.26173. Epub 2017 Sep 28.
  • PMID 28885691
  • The role of type I interferons in innate and adaptive immunity against viruses in Atlantic salmon.
  • Robertsen B1.
  • Developmental and comparative immunology.Dev Comp Immunol.2018 Mar;80:41-52. doi: 10.1016/j.dci.2017.02.005. Epub 2017 Feb 11.
  • PMID 28196779
  • Characterisation of ZBTB46 and DC-SCRIPT/ZNF366 in rainbow trout, transcription factors potentially involved in dendritic cell maturation and activation in fish.
  • Wang J1, Wang T2, Benedicenti O2, Collins C3, Wang K4, Secombes CJ2, Zou J5.
  • Developmental and comparative immunology.Dev Comp Immunol.2018 Mar;80:2-14. doi: 10.1016/j.dci.2016.11.007. Epub 2016 Nov 23.
  • PMID 27889532

Japanese Journal

  • Interferon regulatory factor-4 activates IL-2 and IL-4 promoters in cooperation with c-Rel.
  • Shindo Hisakazu,Yasui Kiyoshi,Yamamoto Kazuo,Honma Kiri,Yui Katsuyuki,Kohno Tomoko,Ma Yuhua,Chua Koon Jiew,Kubo Yoshinao,Aihara Hitoshi,Ito Takashi,Nagayasu Takeshi,Matsuyama Toshifumi,Hayashi Hideki
  • Cytokine 56(3), 564-572, 2011-12
  • Interferon regulatory factor (IRF)-4 is a member of the IRF transcription factor family, whose expression is primarily restricted to lymphoid and myeloid cells. …
  • NAID 120003659758
  • Randomized, Phase II Study Comparing Interferon Combined with Hepatic Arterial Infusion of Fluorouracil plus Cisplatin and Fluorouracil Alone in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma
  • Yamashita Tatsuya,Arai Kuniaki,Sunagozaka Hajime,Ueda Teruyuki,Terashima Takeshi,Yamashita Taro,Mizukoshi Eishiro,Sakai Akito,Nakamoto Yasunari,Honda Masao,Kaneko Shuichi
  • Oncology 81(5-6), 281-290, 2011-11-30
  • … Objective: This randomized phase II trial compared the response rates to treatment with interferon (IFN) combined with hepatic arterial infusion of fluorouracil (FU) plus cisplatin (CDDP) or FU alone in patients with advanced hepatocellular carcinoma (HCC). …
  • NAID 120003674297

Related Links

Interferonとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 Interferonとは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ メニューへスキップ 本文へ ...
interferon [in″ter-fēr´on] any of a family of glycoprotein biological response modifiers used as antineoplastic agents and immunoregulators; they inhibit cellular growth, alter the state of cellular differentiation, have effects on the cell ...



★リンクテーブル★
リンク元インターフェロン
拡張検索recombinant interferon-gamma」「interferon inducer

インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%

recombinant interferon-gamma」

  [★]

interferon inducer」

  [★]

インターフェロン誘導剤