interferons

インターフェロン

WordNet

  1. an antiviral protein produced by cells that have been invaded by a virus; inhibits replication of the virus

PrepTutorEJDIC

  1. インターフェロン(ウイルス増殖抑制物質)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/09 18:49:52」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Cryptococcus neoformans and Cryptococcus gattii clinical isolates from Thailand display diverse phenotypic interactions with macrophages.
  • Hansakon A, Mutthakalin P, Ngamskulrungroj P, Chayakulkeeree M, Angkasekwinai P.
  • Virulence. 2019 12;10(1)26-36.
  • Cryptococcus-macrophage interaction is crucial in the development of cryptococcocal diseases. C. neoformans and C. gattii are major pathogenic species that occupy different niches and cause different clinical manifestations. However, the differences of macrophage interaction among these species in a
  • PMID 30520685
  • Running interference: Interplay between Zika virus and the host interferon response.
  • Pardy RD, Valbon SF, Richer MJ.
  • Cytokine. 2019 Jul;119()7-15.
  • The interferon (IFN) family of cytokines is a crucial part of the host's ability to mount an effective immune response against viral infections. In addition to establishing an antiviral state within cells, IFNs also support the optimal activation of other key immune cell types. The ability of member
  • PMID 30856603
  • Molecular identification and antiviral function of the guanylate-binding protein (GBP) genes in the Chinese tree shrew (Tupaia belangeri chinesis).
  • Gu T, Yu D, Fan Y, Wu Y, Yao YL, Xu L, Yao YG.
  • Developmental and comparative immunology. 2019 07;96()27-36.
  • Following viral detection and interferons (IFNs) production, several hundreds of IFN-stimulated genes (ISGs) are subsequently induced to act as direct antiviral effectors or regulators of the IFN signaling. The guanylate-binding protein (GBP) family belongs to IFN-inducible GTPases defending the hos
  • PMID 30817937

Japanese Journal

  • Lambda-Interferons Inhibit Herpes Simplex Virus Type 2 Replication in Human Cervical Epithelial Cells by Activating the JAK/STAT Pathway
  • Japanese Journal of Infectious Diseases 70(4), 416-422, 2017-07
  • NAID 40021275586
  • RLR-mediated antiviral innate immunity requires oxidative phosphorylation activity
  • Lambda-Interferons Inhibit Herpes Simplex Virus Type 2 Replication in Human Cervical Epithelial Cells by Activating the JAK/STAT Pathway

Related Links

Looking for online definition of Interferons in the Medical Dictionary? Interferons explanation free. What is Interferons? Meaning of Interferons medical term. What does Interferons mean? Interferons | definition of Interferons by ? ...
Interferons are glycoprotein cytokines secreted by host lymphocytes in response to pathogens. Interferons activate or upregulate immune cells by interacting with receptors that activate signal transducer and activator of transcription ...


Related Pictures



★リンクテーブル★
リンク元インターフェロン
関連記事interferon

インターフェロン」

  [★]

interferon interferons IFN
オーアイエフIFNβモチダアドバフェロンアボネックスイムノマックス-γ、イントロンA、スミフェロンフエロンベタフェロンペガシスペグイントロン

概念

  • サイトカインの一種で抗ウイルス作用、免疫修飾作用、抗増殖活性を有する。(GOO.1261)

種類

  • I型インターフェロン
ウイルスに感染して誘導され、強い抗ウイルス作用を有する
  • II型インターフェロン
非ウイルス誘導性

表(SMB.426)

    産生細胞 種類 誘発因子 作用
I型インターフェロン IFN-α 好中球マクロファージなど 14種類以上 ウイルス細菌内毒素 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
IFN-β 線維芽細胞、上皮細胞など 1種類 ウイルス、2本鎖RNA 抗ウイルス効果、抗腫瘍効果
II型インターフェロン IFN-γ T細胞NK細胞など 1種類 抗原刺激、サイトカイン 免疫細胞の活性化、免疫系の制御

各インターフェロンについて

GOO.1261
  • ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 意義:ウイルス感染に対する非特異的な初期防御に関わる
  • 産生細胞:ほとんど全ての細胞
  • 産生のトリガー:二本鎖RNA、ある種のサイトカイン(IL-1, IL-2, TNF)
  • 作用:抗ウイルス作用、抗増殖作用:(1) リンパ球、NK細胞、およびマクロファージの細胞障害作用の亢進、(2) MHC class Iの発現の亢進作用  ← 抗ウイルス活性
  • 意義:マクロファージの活性化
  • 産生細胞:T細胞、NK細胞、マクロファージのみ!
  • 産生のトリガー:抗原刺激、mitogen、特定のサイトカイン
  • 作用:抗ウイルス作用は弱い。強力な免疫調整作用:(1) マクロファージの強力な活性化、(2) MHC class IIの発現の亢進、(3) 局所炎症反応の仲介(madiation)

インターフェロンの抗ウイルス作用

  • インターフェロンをシグナルとして受け取った細胞は以下の物質を産生して抗ウイルス作用を発揮する。

適応

副作用

発熱 ほぼ必発
甲状腺機能異常 約10%
間質性肺炎 非常に稀
精神症状 約10%
白血球減少 ほぼ必発
血小板減少 ほぼ必発
蛋白尿 約10%
糖尿病 0.1-5%
口腔内病変 約20%
脱毛 約5%
眼底出血 約20%

interferon」

  [★] インターフェロン