PT-INR

国際標準化比

WordNet

  1. the 9th letter of the Roman alphabet (同)i
  2. the 16th letter of the Roman alphabet (同)p
  3. a river in western Thailand; a major tributary of the Chao Phraya (同)Ping River

PrepTutorEJDIC

  1. 『私は』私が
  2. iodineの化学記号
  3. parking
  4. phosphorusの化学記号
  5. Indiana

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/06 21:30:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Restoration of Normal Prothrombin Time/International Normalized Ratio With Fresh Frozen Plasma in Hypocoagulable Patients.
  • Only AJ Jr1, DeChristopher PJ1, Iqal O1, Fareed J2.
  • Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis.Clin Appl Thromb Hemost.2014 Oct 7. pii: 1076029614550819. [Epub ahead of print]
  • Fresh frozen plasma (FFP) is an effective reversal agent for hypocoagulable patients. Its proven efficacy continues to prompt its usage as both a prophylactic and a therapeutic therapy. Although published guidelines encouraging the appropriate administration of FFP exist, overutilization continues.
  • PMID 25294634
  • On the monitoring of dabigatran treatment in "real life" patients with atrial fibrillation.
  • Skeppholm M1, Hjemdahl P2, Antovic JP3, Muhrbeck J4, Eintrei J3, Rönquist-Nii Y5, Pohanka A5, Beck O5, Malmström RE2.
  • Thrombosis research.Thromb Res.2014 Oct;134(4):783-9. doi: 10.1016/j.thromres.2014.06.016. Epub 2014 Jul 6.
  • INTRODUCTION: The oral direct thrombin inhibitor dabigatran is increasingly used to prevent thromboembolic stroke in patients with atrial fibrillation (AF). Routine laboratory monitoring is currently not recommended, but measurements of dabigatran and/or its effect are desirable in certain situation
  • PMID 25172669
  • Impact of non-vitamin k antagonist oral anticoagulants on intracranial bleeding in asian patients with non-valvular atrial fibrillation.
  • Yasaka M1, Lip GY.
  • Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society.Circ J.2014 Sep 25;78(10):2367-72. Epub 2014 Sep 10.
  • The incidence of intracranial bleeding is known to be markedly higher in Japan and other East Asian countries than in countries outside of East Asia. Non-vitamin K antagonist oral anticoagulants (NOACs) have much lower risk of intracranial bleeding than warfarin, so we reviewed the effect of this cl
  • PMID 25213003

Japanese Journal

  • プライマリケア・マスターコース マンスリーレクチャー その場の1分、その日の5分(CASE 34)ワルファリン服用者のPT-INRのモニター間隔は?
  • 測定試薬変更時のプロトロンビン時間(PT)のデータ乖離に関する検討-先天性第VII因子欠乏症における乖離を経験して-
  • 大塚 洋子,坂口 裕子,坂本 輝彦,山田 理恵子,川内 喜代隆,加藤 博之,OTSUKA Hiroko,SAKAGUCHI Yuko,SAKAMOTO Teruhiko,YAMADA Rieko,KAWAUCHI Kiyotaka,KATO Hiroyuki
  • 東京女子医科大学雑誌 83(2), 72-78, 2013-04-25
  • … 【緒言】PTの測定において、試薬の変更により凝固時間(PT-s)が大きく延長したが、PT-INRが減少した先天性第VII因子欠乏症症例を経験した.このデータ乖離の原因検索を行ったので報告する.【対象と方法】対象として凝固第VII因子欠乏症症例とPT 測定依頼のあった203例の血漿および第VII因子欠乏血漿で作製した希釈検体を用いた。 …
  • NAID 110009581133
  • 予防的抗凝固療法のモニタリング (特集 予防的抗凝固療法の新展開)

Related Links

血液・呼吸器内科のお役立ち情報 北陸から良き内科医を、そして世界に通用する血液と呼吸器の専門医を育てる ... PT-INRとは(正常値、PTとの違い、ワーファリン)? PT-INR(あるいは、単にINR)検査について、研修医や医学部学生の ...
血液・呼吸器内科のお役立ち情報 北陸から良き内科医を、そして世界に通用する血液と呼吸器の専門医を育てる ... PT(PT-INR)とは? 正常値、ワーファリン、ビタミンK欠乏症 PT(PT-INR) 関連記事:血栓止血の臨床(日本血栓止血 ...


Related Pictures

 Time (PT/INR) | Kalorama Information HomePT INR strips Alere class actioncb_hender.jpgPT-INRとワーファリン:血液凝固 PROMO 5-Box PT / INR Coagulation System  pt inr levels at home read more if you are



★リンクテーブル★
国試過去問112C053」「111H031」「109I021」「111A003」「111I008
関連記事PT」「I」「P」「INR」「inr

112C053」

  [★]

  • 次の文を読み、51~53の問いに答えよ。
  • 73歳の女性。意識障害のためかかりつけ医から紹介されて家人とともに受診した。
  • 現病歴:25年前にC型肝炎ウイルス感染を指摘された。6か月前に腹水貯留を指摘され、肝硬変と診断されてかかりつけ医で利尿薬を処方されていた。今朝から呼びかけに対する反応が鈍くなり徐々に傾眠状態になったため、かかりつけ医から紹介されて受診した。
  • 既往歴:28歳の分娩時輸血歴あり。64歳時に食道静脈瘤に対し内視鏡的治療。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:傾眠状態だが呼びかけには開眼し、意思疎通は可能である。身長 161cm、体重 59kg。体温 36.1℃。脈拍 76/分、整。血圧 104/80mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 95%(room air)。眼瞼結膜は軽度貧血様であり、眼球結膜に軽度黄染を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は膨隆しているが、圧痛と反跳痛とを認めない。腸雑音に異常を認めない。肝・脾を触知しない。直腸指診で黒色便や鮮血の付着を認めない。両上肢に固定姿勢保持困難(asterixis)を認める。両下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見(3週間前のかかりつけ医受診時):血液所見:赤血球 368万、Hb 11.8g/dL、Ht 38%、白血球 3,800、血小板 4.0万、PT-INR 1.3(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 6.5g/dL、アルブミン 3.1g/dL、総ビリルビン 1.8mg/dL、AST 78U/L、ALT 66U/L、LD 277U/L(基準 176~353)、ALP 483U/L(基準 115~359)、γ-GTP 132U/L(基準8~50)、血糖 98mg/dL。
  • 検査所見(来院時):血液所見:赤血球 356万、Hb 9.7g/dL、Ht 35%、白血球 4,000、血小板 8.6万、PT-INR 1.3(基準 0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白 6.4g/dL、アルブミン 3.0g/dL、総ビリルビン 6.3mg/dL、直接ビリルビン 2.1mg/dL、AST 78U/L、ALT 62U/L、LD 303U/L(基準 176~353)、ALP 452U/L(基準 115~359)、γ-GTP 103U/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95U/L(基準 37~160)、アンモニア 170μg/dL(基準 18~48)、尿素窒素 28mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 5.9mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 106mg/dL、トリグリセリド 90mg/dL、Na 132mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 100mEq/L、α-フェトプロテイン(AFP) 468ng/mL(基準 20以下)。CRP 1.0mg/dL。腹部超音波像(別冊No. 12A)と腹部造影CT(別冊No. 12B)とを別に示す。



  • 来院時の血液検査所見から現時点で肝腫瘤に対する治療適応はないと判断した。その根拠として最も重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112C052]←[国試_112]→[112C054

111H031」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 76歳の男性。左上下肢が動かなくなったため救急車で搬入された。
  • 現病歴:朝起床時に体が何となく重かったので、朝食を摂らず約2時間ベッドで休んでいた。トイレに起き上がろうとしたところ、左手で体を支えられないことに気付いた。左足も動きが悪いため、同居する妻が救急車を要請した。
  • 既往歴:60歳から高血圧症で内服治療中。
  • 生活歴:喫煙は20本/日を55年間。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:特記すべきことはない。
  • 現症:意識は清明。身長 160cm、体重 55kg。体温 37.2℃。心拍数 80/分、整。血圧 184/104mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98%(リザーバー付マスク5L/分酸素投与下)。左上下肢に弛緩性不全麻痺と感覚低下とを認める。構語障害を認める。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 491万、Hb 15.2g/dL、Ht 46%、白血球 6,300、血小板 26万。血液生化学所見:総蛋白 7.2g/dL、AST 26U/L、ALT 28U/L、尿素窒素 11mg/dL、クレアチニン 0.9mg/dL、トリグリセリド 240mg/dL、HDLコレステロール 46mg/dL、LDLコレステロール 100mg/dL。来院時の頭部MRIの拡散強調像(別冊No. 3)を別に示す。
  • その後の経過:患者は緊急入院し、薬物治療とともに入院3日目からリハビリテーションが開始された。


  • 退院後の生活に向けて、回復経過を評価する上で最も有用なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111H030]←[国試_111]→[111H032

109I021」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 109I020]←[国試_109]→[109I022

111A003」

  [★]

  • 腹部超音波像(別冊No. 1)を別に示す。この患者の血液検査項目で低値と予想されるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111A002]←[国試_111]→[111A004

111I008」

  [★]

  • ビタミンK欠乏症の患者において血液検査で低値となるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111I007]←[国試_111]→[111I009

PT」

  [★]

I」

  [★]

     

P」

  [★]


     

INR」

  [★] 国際標準化比 international normalized ratio

inr」

  [★]

See Initiator sequence