補中益気湯エキス

漢方製剤補中益気湯


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 大桃花湯が潰瘍性大腸炎術後の繰り返す回腸嚢炎に対し有効であった1症例
  • 松浦 恵子,徳永 秀明,今津 嘉宏,西村 甲,秋葉 哲生,渡辺 賢治
  • Kampo Medicine 62(6), 713-717, 2011
  • … しかし,その後も回腸嚢炎の発症を繰り返し,柴胡桂枝湯(煎液),補中益気湯エキス,十全大補湯エキスを試したが効果なく,抗生剤の耐性化も認めた。 …
  • NAID 130002124042
  • 補中益気湯エキス細粒の虚弱体質を有するアトピー性皮膚炎治療に及ぼす影響についての検討
  • 竹中 基,佐藤 伸一
  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 72(5), 514-519, 2010-10-01
  • NAID 10027731997
  • 切迫流早産に補中益気湯が有効であった1例
  • 小川 恵子,地野 充時,尾本 暁子 [他],小泉 仁嗣,関矢 信康,笠原 裕司,来村 昌紀,橋本 すみれ,並木 隆雄,寺澤 捷年
  • 日本東洋醫學雜誌 = Japanese journal of oriental medicine 61(1), 32-35, 2010-01-20
  • 補中益気湯エキスを処方したところ,それらの症状は著明に改善した。 …
  • NAID 10025975334

Related Links

成分(一般名) : 補中益気湯 製品例 : ツムラ補中益気湯エキス顆粒(医療用)、クラシエ補中益気湯エキス細粒 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 漢方/漢方/漢方製剤
「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」は、漢方の古典である『弁惑論(べんわくろん)』に記載されている漢方薬で、「虚弱体質」、「疲労倦怠」、「病後・術後の衰弱」等に用いられています。『ツムラ漢方補中益気湯エキス顆粒 ...
いらっしゃいませ、効き目の良い漢方薬:ツムラ 補中益気湯 エキス顆粒(医療用)、処方名:補中益気湯をいかがですか?ご注文お待ちしています!東京都江戸川区安心のハル薬局です。


Related Pictures

ツムラ 補中益気湯 エキス顆粒 補中益気湯の画像 p1_24hochyu東洋 補中益気湯 エキス細粒補中益気湯 補中益気湯 エキス細粒

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

テイコク補中益気湯エキス顆粒

組成

  • 本品7.5g中

日局ニンジン    4.0g
日局ビャクジュツ  4.0g
日局オウギ     4.0g
日局トウキ     3.0g
日局チンピ     2.0g
日局タイソウ    2.0g
日局サイコ     1.0g
日局カンゾウ    1.5g
日局ショウキョウ  0.5g
日局ショウマ    0.5g
上記の混合生薬より製した水製乾燥エキス3.57gを含有する。

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム

効能または効果

  • 元気がなく胃腸のはたらきが衰えて疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、食欲不振、ねあせ
  • 通常成人1日3回、1回2.5gを食前に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

重大な副作用

間質性肺炎:

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al‐P、γ‐GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

★リンクテーブル★
リンク元漢方製剤」「ビャクジュツ」「生ショウキョウ」「ショウマ
関連記事補中益気湯」「エキス

漢方製剤」

  [★]

販売されている漢方製剤

ツムラの漢方製剤

ツムラ# 名称
1 カッコントウ
2 カッコントウカセンキュウシンイ
3 オツジトウ
5 アンチュウサン
6 ジュウミハイドクトウ
7 ハチミジオウガン
8 ダイサイコトウ
9 ショウサイコトウ
10 サイコケイシトウ
11 サイコケイシカンキョウトウ
12 サイコカリュウコツボレイトウ
14 ハンゲシャシントウ
15 オウレンゲドクトウ
16 ハンゲコウボクトウ
17 ゴレイサン
18 ケイシカジュツブトウ
19 ショウセイリュウトウ
20 ボウイオウギトウ
21 ショウハンゲカブクリョウトウ
22 ショウフウサン
23 トウキシャクヤクサン
24 カミショウヨウサン
25 ケイシブクリョウガン
26 ケイシカリュウコツボレイトウ
27 マオウトウ
28 エッピカジュツトウ
29 バクモンドウトウ
30 シンブトウ
31 ゴシュユトウ
32 ニンジントウ
33 ダイオウボタンピトウ
34 ビャツコカニンジントウ
35 シギャクサン
36 モクボウイトウ
37 ハンゲビャクジツテンマトウ
38 トウキシギャクカコシュユショウキョウトウ
39 リョウケイジュッカントウ
40 チョレイトウ
41 ホチュウエッキトウ
43 リックンシトウ
45 ケイシトウ
46 シチモツコウカトウ
47 チョウトウサン
48 ジュウゼンタイホトウ
50 ケイガイレンギョウトウ
51 ジュンチョウトウ
52 ヨクイニントウ
53 ソケイカッケツトウ
54 ヨクカンサン
55 マキョウカンセキトウ
56 ゴリンサン
57 ウンセイイン
58 セイジョウボウフウトウ
59 ヂズソウイッポウ
60 ケイシカシャクヤクトウ
61 トウカクジョウキトウ
62 ボウフウツウショウサン
63 ゴシャクサン
64 シャカンゾウトウ
65 キヒトウ
66 ジンソイン
67 ニョシンサン
68 シャクヤクカンゾウトウ
69 ブクリョウイン
70 コウソサン
71 シモツトウ
72 カンバクタイソウトウ
73 サイカントウ
74 チョウイジョウキトウ
75 シクンシトウ
76 リュウタンシャカントウ
77 キュウキキョウガイトウ
78 マキョウヨクカントウ
79 ヘイイサン
80 サイコセイカントウ
81 ニチントウ
82 ケイシニンジントウ
83 ヨクカンサンカチンピハンゲ
84 ダイオウカンゾウトウ
85 シンピトウ
86 トウキインシ
87 ロクミガン
88 ニジュツトウ
89 ヂダボクイッポウ
90 セイハイトウ
91 チクジョウンタントウ
92 ジインシホウトウ
93 ジインコウカトウ
95 ゴコトウ
96 サイボクトウ
97 ダイボウフウトウ
98 オウギケンチュウトウ
99 ショウケンチュウトウ
100 ダイケンチュウトウ
101 ショウマカッコントウ
102 トウキトウ
103 サンソウニントウ
104 シンイセイハイトウ
105 ツウドウサン
106 ウンケイトウ
107 ゴシャジンキガン
108 ニンジンヨウエイトウ
109 ショウサイコトウカキキョウセッコウ
110 リッコウサン
111 セイシンレンシイン
112 チョレイトウゴウシモツトウ
113 サンオウシャシントウ
114 サイレイトウ
115 イレイトウ
116 ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ
117 インチンゴレイサン
118 リョウキョウジュッカントウ
119 リョウカンキョウミシンゲニントウ
120 オウレントウ
121 サンモツオウゴントウ
122 ハイノウサンキュウトウ
123 トウキケンチュウトウ
124 センキュウチャチョウサン
125 ケイシブクリョウガンカヨクイニン
126 マシニンガン
127 マオウブシサイシントウ
128 ケイヒトウ
133 ダイジョウキトウ
134 ケイシカシャクヤクダイオウトウ
135 インチンコウトウ
136 セイショエッキトウ
137 カミキヒトウ
138 キキョウトウ
501 シウンコウ
3020 コウジンマツ
3023 ブシマツ

ビャクジュツ」

  [★]

よく苡仁湯エキス加味帰脾湯エキス加味逍遙散エキス啓脾湯エキス桂芍知母湯エキス五苓散料エキス四君子湯エキス十全大補湯エキス真武湯エキス人参湯エキス大防風湯エキス当帰芍薬散加附子エキス当帰芍薬散料エキス半夏白朮天麻湯エキス附子理中湯エキス補中益気湯エキス防風通聖散料エキス苓桂朮甘湯エキス苓姜朮甘湯エキス六君子湯エキス

生ショウキョウ」

  [★]

かっ根湯エキスかっ根湯加川きゅう辛夷エキス黄耆建中湯エキス加味帰脾湯エキス加味逍遙散エキス桂枝加かっ根湯エキス桂枝加黄耆湯エキス桂枝加厚朴杏仁湯エキス桂枝加芍薬湯エキス桂麻各半湯エキス四君子湯エキス十味敗毒湯エキス大柴胡湯エキス二陳湯エキス半夏厚朴湯エキス補中益気湯エキス防風通聖散料エキス六君子湯エキス

ショウマ」

  [★]

升麻
乙字湯エキス升麻葛根湯エキス辛夷清肺湯エキス清肺湯エキス立効散エキス補中益気湯エキス

補中益気湯」

  [★]

ほちゅうえっきとう
脾虚参耆剤
和漢診療学 第2版

目標

  • 種々の原因(虚弱体質・結核症などの慢性疾患、貧血症、外科手術後など)によって全身倦怠、食欲不振、咳嗽、微熱、盗汗、動悸、不安などの症状が持続的に存在する場合に用いられる(和漢診療学 第2版.299)。

生薬

病態

  • 少陽病期、虚証 (医学辞書) あるいは 少陽病期、心下痞鞭型、虚証(和漢診療学 第2版.299) に対して用いられる。

適応

  • 病後の体力低下、食欲不振、夏痩せ、感冒・慢性気管支炎(こじれて症状の長びくもの)、結核症(陳旧性・老人性結核)。
  • 消化機能の衰え、四肢倦怠感著しい虚弱体質の者の次の諸症:夏やせ、病後の体力増強、結核症、食欲不振、胃下垂、感冒、痔、脱肛、子宮下垂、陰萎、半身不随、多汗症(和漢診療学 第2版.299)

鑑別

エキス」

  [★]

extract
抽出抽出液抽出エキス抽出物