葛根加朮附湯エキス

漢方製剤葛根加朮附湯


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Related Links

薬価: 1gあたり9.2円; 剤形: かっ色の細粒; シート記載: アルミ分包 S-07 三和 葛根加朮 附湯 2.5g (注:葛は、正式な漢字がこのPCの設定上では表記できないために類漢字を 使用しています) 葛の漢字は「つつみがまえのなかにLに人」; 製薬会社: 三和生薬株式 ...
この薬は漢方薬です。あなたの体質や症状にあわせて処方されます。 悪寒、発熱、頭痛 、首や肩から背中に緊張感がある人に用いられます。 通常、肩こり、肩甲部の神経痛、 上半身の関節リウマチの治療に用いられます。 三和葛根加朮附湯エキス細粒 ページ ...


Related Pictures

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

三和葛根加朮附湯エキス細粒

組成

  • 本品1日量(7.5g)中、下記のかっ根加朮附湯水製エキス4.8gを含有する。
  • 日局 カッコン 4.0g
    日局 マオウ 3.0g
    日局 ケイヒ 2.0g
    日局 カンゾウ 2.0g
    日局 シャクヤク 2.0g
    日局 タイソウ 3.0g
    日局 ショウキョウ 1.0g
    日局 ソウジュツ 3.0g
    日局 加工ブシ 0.5g
    添加物として、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、部分アルファー化デンプン、軽質無水ケイ酸を含有する。

効能または効果

悪寒発熱して、頭痛があり、項部・肩背部に緊張感あるものの次の諸症

  • 肩こり、肩甲部の神経痛、上半身の関節リウマチ
  • 通常、成人1日7.5gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

体力の充実している患者

  • 副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。

暑がりで、のぼせが強く、赤ら顔の患者

  • 心悸亢進、のぼせ、舌のしびれ、悪心等があらわれるおそれがある。

著しく胃腸の虚弱な患者

  • 食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐等があらわれるおそれがある。

食欲不振、悪心、嘔吐のある患者

  • これらの症状が悪化するおそれがある。

発汗傾向の著しい患者

  • 発汗過多、全身脱力感等があらわれるおそれがある。

狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある患者、又はその既往歴のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

重症高血圧症の患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

高度の腎障害のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

排尿障害のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

甲状腺機能亢進症の患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

重大な副作用

偽アルドステロン症

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシ―

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシ―があらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

★リンクテーブル★
リンク元漢方製剤」「ソウジュツ」「加工ブシ
関連記事エキス

漢方製剤」

  [★]

販売されている漢方製剤

ツムラの漢方製剤

ツムラ# 名称
1 カッコントウ
2 カッコントウカセンキュウシンイ
3 オツジトウ
5 アンチュウサン
6 ジュウミハイドクトウ
7 ハチミジオウガン
8 ダイサイコトウ
9 ショウサイコトウ
10 サイコケイシトウ
11 サイコケイシカンキョウトウ
12 サイコカリュウコツボレイトウ
14 ハンゲシャシントウ
15 オウレンゲドクトウ
16 ハンゲコウボクトウ
17 ゴレイサン
18 ケイシカジュツブトウ
19 ショウセイリュウトウ
20 ボウイオウギトウ
21 ショウハンゲカブクリョウトウ
22 ショウフウサン
23 トウキシャクヤクサン
24 カミショウヨウサン
25 ケイシブクリョウガン
26 ケイシカリュウコツボレイトウ
27 マオウトウ
28 エッピカジュツトウ
29 バクモンドウトウ
30 シンブトウ
31 ゴシュユトウ
32 ニンジントウ
33 ダイオウボタンピトウ
34 ビャツコカニンジントウ
35 シギャクサン
36 モクボウイトウ
37 ハンゲビャクジツテンマトウ
38 トウキシギャクカコシュユショウキョウトウ
39 リョウケイジュッカントウ
40 チョレイトウ
41 ホチュウエッキトウ
43 リックンシトウ
45 ケイシトウ
46 シチモツコウカトウ
47 チョウトウサン
48 ジュウゼンタイホトウ
50 ケイガイレンギョウトウ
51 ジュンチョウトウ
52 ヨクイニントウ
53 ソケイカッケツトウ
54 ヨクカンサン
55 マキョウカンセキトウ
56 ゴリンサン
57 ウンセイイン
58 セイジョウボウフウトウ
59 ヂズソウイッポウ
60 ケイシカシャクヤクトウ
61 トウカクジョウキトウ
62 ボウフウツウショウサン
63 ゴシャクサン
64 シャカンゾウトウ
65 キヒトウ
66 ジンソイン
67 ニョシンサン
68 シャクヤクカンゾウトウ
69 ブクリョウイン
70 コウソサン
71 シモツトウ
72 カンバクタイソウトウ
73 サイカントウ
74 チョウイジョウキトウ
75 シクンシトウ
76 リュウタンシャカントウ
77 キュウキキョウガイトウ
78 マキョウヨクカントウ
79 ヘイイサン
80 サイコセイカントウ
81 ニチントウ
82 ケイシニンジントウ
83 ヨクカンサンカチンピハンゲ
84 ダイオウカンゾウトウ
85 シンピトウ
86 トウキインシ
87 ロクミガン
88 ニジュツトウ
89 ヂダボクイッポウ
90 セイハイトウ
91 チクジョウンタントウ
92 ジインシホウトウ
93 ジインコウカトウ
95 ゴコトウ
96 サイボクトウ
97 ダイボウフウトウ
98 オウギケンチュウトウ
99 ショウケンチュウトウ
100 ダイケンチュウトウ
101 ショウマカッコントウ
102 トウキトウ
103 サンソウニントウ
104 シンイセイハイトウ
105 ツウドウサン
106 ウンケイトウ
107 ゴシャジンキガン
108 ニンジンヨウエイトウ
109 ショウサイコトウカキキョウセッコウ
110 リッコウサン
111 セイシンレンシイン
112 チョレイトウゴウシモツトウ
113 サンオウシャシントウ
114 サイレイトウ
115 イレイトウ
116 ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ
117 インチンゴレイサン
118 リョウキョウジュッカントウ
119 リョウカンキョウミシンゲニントウ
120 オウレントウ
121 サンモツオウゴントウ
122 ハイノウサンキュウトウ
123 トウキケンチュウトウ
124 センキュウチャチョウサン
125 ケイシブクリョウガンカヨクイニン
126 マシニンガン
127 マオウブシサイシントウ
128 ケイヒトウ
133 ダイジョウキトウ
134 ケイシカシャクヤクダイオウトウ
135 インチンコウトウ
136 セイショエッキトウ
137 カミキヒトウ
138 キキョウトウ
501 シウンコウ
3020 コウジンマツ
3023 ブシマツ

ソウジュツ」

  [★]

茯苓飲合半夏厚朴湯エキス葛根加朮附湯エキス越婢加朮湯エキス加味逍遙散料エキス啓脾湯エキス桂枝加朮附湯エキス桂枝人参湯エキス五苓散エキス治頭瘡一方エキス柴苓湯エキス消風散エキス清暑益気湯エキス茵ちん五苓散エキス苓桂朮甘湯エキス抑肝散エキス抑肝散加陳皮半夏エキス平胃散エキス平胃散料エキス二朮湯エキス当帰芍薬散料エキス胃苓湯エキス

加工ブシ」

  [★]

アコニンサン加工ブシ末 葛根加朮附湯エキス桂枝加朮附湯エキス桂芍知母湯エキス真武湯エキス大防風湯エキス当帰芍薬散加附子エキス附子理中湯エキス芍薬甘草附子湯エキス

エキス」

  [★]

extract
抽出抽出液抽出エキス抽出物