脊髄炎

myelitis
多発性硬化症

WordNet

  1. inflammation of the spinal cord

PrepTutorEJDIC

  1. 脊(骨)髄炎

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 視神経脊髄炎と多発性硬化症の免疫病態の相違
  • 鵜沢 顕之,ウザワ アキユキ,Akiyuki UZAWA,森 雅裕,モリ マサヒロ,Masahiro MORI,桑原 聡,クワバラ サトシ,Satoshi KUWABARA
  • 千葉医学雑誌 87(6), 291-294, 2011-12-01
  • … 近年,多発性硬化症(multiple sclerosis: MS)から分離独立した疾患である視神経脊髄炎(neuromyelitis optica: NMO)は,視神経と脊髄を中心に中枢神経系に重度の炎症性病変を生じる疾患で,2004年にNMO患者の血清中の疾患特異マーカーであるNMO-IgG(抗aquaporin-4抗体)が発見されて以降,両疾患の相違が注目されるようになり,世界中で多くの研究がなされてきている。 …
  • NAID 120003750705
  • 解熱後に意識障害を呈した男児 (特集 症例に学ぶ--小児放射線カンファレンス) -- (中枢神経系・脊椎)

Related Links

脊髄炎発病の初期症状・入退院・退院後の通院までの治療や入院生活の体験談。症状の具体的症例及び入院生活の充実を目的としたサイトで、不幸にも脊髄炎を発病した方のお役に立てれば幸いです。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 脊髄炎の用語解説 - 本来は脊髄の炎症性疾患の総称であるが,炎症以外のさまざまな原因による脊髄障害も含めて広く用いられることが多い。しかし最近は,非炎症性の脊髄の障害は,脊髄症 ...


Related Pictures

単純ヘルペス脳炎 mri 美味しい 脊髄炎眼科医院通信:2044 視神経脊髄炎 Revelan nuevos descubrimientos para どんな症状が出るの  脊髄炎で発症。血清抗アクアポ

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • アレルゲン検査薬

販売名

アレルゲンスクラッチエキス「トリイ」卵黄

効能または効果

診断

  • アレルギー性疾患のアレルゲンの確認
  • 用法及び用量
    診断
    通常乱刺または切皮法により皮膚面に出血しない程度に傷をつけ、本品1滴を滴下し、15〜30分後に膨疹径が対照の2倍以上または5mm以上を陽性とする。

重大な副作用

ショック

(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、くしゃみ、蕁麻疹、血管浮腫、不快感、口内異常感、喘鳴、耳鳴等があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

★リンクテーブル★
国試過去問109B053
リンク元筋力低下」「脳脊髄炎」「感染性脊髄炎」「慢性脊髄炎
拡張検索横断性脊髄炎」「Theilerマウス脳脊髄炎ウイルス」「放射線脊髄炎」「東部ウマ脳脊髄炎
関連記事脊髄」「

109B053」

  [★]

  • 次の文を読み、53~55の問いに答えよ。
  • 81歳の男性。発熱を主訴に来院した。
  • 現病歴:5日前から37℃台の発熱が出現し、3日前から腰痛が出現した。腰痛は鈍痛で、運動時と安静時ともに自覚していた。自宅で様子をみていたが改善しないため受診した。
  • 既往歴:61歳から糖尿病のため内服加療中。
  • 家族歴:父親が胃癌。母親が大腸癌。
  • 生活歴:妻との2人暮らし。海外渡航歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長165cm、体重57kg。体温38.2℃。脈拍96/分、整。血圧 138/80mmHg。呼吸数 22/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸部リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腰部正中に叩打痛を認める。足背動脈の触知は良好で左右差を認めない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 476万、Hb 12.9g/dL、Ht 40%、白血球 13,300(桿状核好中球 32%、分葉核好中球 54%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 2%、リンパ球 10%)、血小板 43万。血液生化学所見:総蛋白 7.5g/dL、アルブミン 3.8g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 30IU/L、ALT 28IU/L、LD 170IU/L(基準 176~353)、ALP 402IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 49IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 121IU/L(基準 37~160)、CK 58IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 19mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、尿酸 7.1mg/dL、血糖 148mg/dL、HbA1c 8.5%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 199mg/dL、トリグリセリド 180mg/dL、Na 130mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 98mEq/L。CRP 3.2mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.37、PaCO2 36Torr、PaO2 98Torr、HCO3- 20mEq/L。12誘導心電図で異常を認めない。胸部エックス線写真に異常を認めない。腹部CTに異常を認めない。腰部MRI(別冊No. 7A、B)を別に示す。
  • この患者の状態はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B052]←[国試_109]→[109B054

筋力低下」

  [★]

muscle weakness, muscular weakness
筋無力筋脱力
筋萎縮

[show details]

筋力低下をきたす障害部位別の症候・検査所見 IMD.147

症候・検査 障害部位
上位運動ニューロン 下位運動ニューロン 神経筋接合部
筋力低下
筋萎縮 +***
筋線維束攣縮
筋卜ーヌス
腱反射 ↓~- ↓~-
病的反射
異常連合運動
血清CK →(ときに→↑)
針筋電図 神経原性変化 →** 筋原性変化
神経伝導速度
(脱髄性の
ニューロバ シー*で↓)
筋生検 神経原性変化 筋原性変化、
各疾患に特徴的な変化
代表的疾患 脳梗塞、出血、脳腫癌など による片麻痺、脊髄障害 による対麻痺、運動ニューロン疾患頚椎症多発性硬化症 運動ニューロン疾患頚椎症
*ニューロパシー (Charcot-Marie-Tooth病Guillain-Barre症候群など)
(a)重症筋無力症
(b)筋無力症候群
**誘発筋電図で、 (a)waningあるいは (b)waxingがみられる
筋ジストロフィー、筋 炎、代謝.内分泌性ミオパシー、ミトコンドリア脳筋症
***周期性四肢麻痺では 筋萎縮はほとんどない
+:存在する、-:なし・消失、↑:亢進・上昇、↓:低下・減少、→:正常ないし著変なし、 →↑:軽度上昇

筋脱力の診断 IMD.660

末梢神経領域の筋脱力 単神経障害
非対称性 一側上下肢 脳神経障害あり 大脳、脳幹障害(脳血管障害、脳腫瘍など)
脳神経障害なし 頚椎症、脊髄腫瘍、脊髄空洞症
両側遠位優位 筋萎縮あり、感覚障害なし 運動ニューロン疾患、筋緊張性ジストロフィー
急性に両下肢末梢から始まり. 感冒様症状が前駆 Guillain-Barre症候群
対称性 両下肢 筋萎縮なし‥膀胱直腸障害レベルを有する感覚障害あり 変形性脊椎症脊髄腫瘍MS脊髄炎
筋萎縮なし‥感覚障害なし . ヒ卜T細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)関連ミエロパシー(HAM)、亜急性連合性脊髄変性症
両側近位優位 易疲労性 MGEaton-Lambert症候群
急性2-3日で自然軽快 周期性四肢麻痺、低K性ミオパシー
亜急性 PMDM
慢性 : 神経原性 Kugelberg-Welander病(脊髄性筋萎縮症3型)
慢性 : 甲状腺機能異常 粘液水腫甲状腺中毒性ミオパシー
慢性 : ステロイド使用 ステロイドミオパシー

脳脊髄炎」

  [★]

脳炎 encephalitis +脊髄炎 myelitis
encephalomyelitis
脊髄脳炎

感染性脊髄炎」

  [★]

infectious myelitis
脊髄炎

慢性脊髄炎」

  [★]

chronic myelitis
脊髄炎

横断性脊髄炎」

  [★]

transverse myelitis
急性横断性脊髄炎傍腫瘍性骨髄炎亜急性横断性脊髄炎

Theilerマウス脳脊髄炎ウイルス」

  [★]

Theiler's murine encephalomyelitis virus
タイラーマウス脳脊髄炎ウイルス

放射線脊髄炎」

  [★]

radiation myelitis
放射線脊髄症 radiation myelopathy
放射線

東部ウマ脳脊髄炎」

  [★]

eastern equine encephalomyelitis
東部ウマ脳炎

脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖

炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症