筋肉


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/08 00:16:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 政界Report 安倍首相のやり方を「驕り」と見るか、「覚悟」と見るか? 自信と不安が"ないまぜ"お与党、選挙後の課題は「経済再生の道をどうつけるか?」
  • ノーベル賞受賞記念特別インタビュー 原動力は「使命感」 : 師と共に歩んだ一の道。
  • 売れ 死に Buyer's Eyes 菓子 阪食(阪急オアシス) 大人のニーズを商品と売り場に取り込む

Related Links

ヒラメ筋(下腿三頭筋) 骨格系と筋肉 体の骨組と骨のはたらき 骨の構造と成分 骨の発生・成長と結合・関節 筋肉のはたらきと組織 人体図(筋肉) 体の仕組み 体幹の臓器 細胞 骨格系と筋肉 脳・神経系 血液と循環器系 ...
筋疾患百科事典』 Illustrated by Makoto.Aihara ご案内 ここでは比較的よく知られている筋肉の病気を、最新の知見を入れて紹介しています。 専門的な ...


Related Pictures

下肢の筋(左後45度) [静止画 長内転筋は恥骨結合・恥骨稜 ヒラメ筋の構造前 脛骨 筋 作用 は 足 関節 の  横紋筋と筋原線維の1シーン腹直筋は第5〜7肋軟骨から

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 血管強化・止血剤

販売名

アーツェー筋注液10mg

組成

 有効成分

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物

 含量

  • 1管(2mL)中 10mg

 添加物

  • 1管(2mL)中 ベンジルアルコール20mg、プロピレングリコール20mg

効能または効果

  • ・毛細血管抵抗性の減弱及び透過性の亢進によると考えられる出血傾向(例えば紫斑病等)
  • ・毛細血管抵抗性の減弱による皮膚あるいは粘膜及び内膜からの出血、眼底出血・腎出血・子宮出血
  • ・毛細血管抵抗性の減弱による手術中・術後の異常出血

 ・アーツェー筋注液10mg

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、通常成人1回10mg(1管)を皮下又は筋肉内注射する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

 ・アーツェー注25mg、アーツェー注50mg、アーツェー注100mg

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物として、通常成人1日25〜100mgを静脈内注射又は点滴静注する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

重大な副作用

 ショック(頻度不明)

  • ショックを起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名:

  • カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物
    (Carbazochrome Sodium Sulfonate Hydrate)

 化学名:

  • Monosodium(2RS)-1-methyl-6-oxo-5-semicarbazono-2,3,5,6-tetrahydroindole-2-sulfonate trihydrate


 分子式:

  • C10H11N4NaO5S・3H2O

 分子量:

  • 376.32

 性状:

  • だいだい黄色の結晶又は結晶性の粉末である。
    水にやや溶けにくく、メタノール又はエタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    本品の水溶液(1→100)は旋光性を示さない。

 融点:

  • 約210℃(分解)

★リンクテーブル★
国試過去問104G058
リンク元筋力低下」「筋肉」「muscularis
拡張検索声帯開大筋」「肩甲腓骨型筋萎縮症」「筋波動症」「化骨性筋炎

104G058」

  [★]

  • 次の文を読み、58-60の問いに答えよ。
  • 84歳の男性。両足の痛みを主訴に来院した。
  • 現病歴   3年前から長い距離を歩くと両足が痛くなって休憩するようになった。徐々に歩ける距離が短くなってきた。現在では、自宅から300mのところにある畑まで歩くのに2回休憩する。動悸や労作時の息切れは自覚しておらず、歩行以外で日常生活には支障を感じていない。
  • 既往歴   50歳から糖尿病のため食事療法経口糖尿病薬の服用とを行っている。
  • 生活歴   喫煙は20本/日を20歳から30年間であったが、その後禁煙している。飲酒は機会飲酒。
  • 現症    意識は清明。身長 160cm、体重 51kg。体温 36.4℃。脈拍 72/分、整。血圧 154/82mmHg。眼瞼結膜貧血を認める。眼球結膜に異常を認めない。心尖部で2/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。前脛骨部と足背部とに浮腫を認めない。
  • 検査所見  尿所見:蛋白(-)、糖2+。血液所見: 赤血球 319万、Hb 7.1g/dl、Ht 24%、白血球 5,800、血小板 14万。血液生化学所見: 血糖 134mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 6.2g/dl、アルブミン 3.7g/dl、尿素窒素 25mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、尿酸 6.4mg/dl、総コレステロール 146mg/dl、トリグリセリド 66mg/dl、総ビリルビン 0.3mg/dl、直接ビリルビン 0.1mg/dl、AST 17IU/l、ALT 9IU/l、LD 186IU/l(基準176-353)、ALP 242IU/l(基準115-359)、Na 139mEq/l、K 4.4mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 1.3mg/dl。下肢MRA(別冊No.11A,B)と腰部単純MRI(別冊No.11C、D)とを別に示す。



  • 主訴と関連する変化が起きているのはどこか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104G057]←[国試_104]→[104G059

筋力低下」

  [★]

muscle weakness, muscular weakness
筋無力筋脱力
筋萎縮

[show details]

筋力低下をきたす障害部位別の症候・検査所見 IMD.147

症候・検査 障害部位
上位運動ニューロン 下位運動ニューロン 神経筋接合部
筋力低下
筋萎縮 +***
筋線維束攣縮
筋卜ーヌス
腱反射 ↓~- ↓~-
病的反射
異常連合運動
血清CK →(ときに→↑)
針筋電図 神経原性変化 →** 筋原性変化
神経伝導速度
(脱髄性の
ニューロバ シー*で↓)
筋生検 神経原性変化 筋原性変化、
各疾患に特徴的な変化
代表的疾患 脳梗塞、出血、脳腫癌など による片麻痺、脊髄障害 による対麻痺、運動ニューロン疾患頚椎症多発性硬化症 運動ニューロン疾患頚椎症
*ニューロパシー (Charcot-Marie-Tooth病Guillain-Barre症候群など)
(a)重症筋無力症
(b)筋無力症候群
**誘発筋電図で、 (a)waningあるいは (b)waxingがみられる
筋ジストロフィー、筋 炎、代謝.内分泌性ミオパシー、ミトコンドリア脳筋症
***周期性四肢麻痺では 筋萎縮はほとんどない
+:存在する、-:なし・消失、↑:亢進・上昇、↓:低下・減少、→:正常ないし著変なし、 →↑:軽度上昇

筋脱力の診断 IMD.660

末梢神経領域の筋脱力 単神経障害
非対称性 一側上下肢 脳神経障害あり 大脳、脳幹障害(脳血管障害、脳腫瘍など)
脳神経障害なし 頚椎症、脊髄腫瘍、脊髄空洞症
両側遠位優位 筋萎縮あり、感覚障害なし 運動ニューロン疾患、筋緊張性ジストロフィー
急性に両下肢末梢から始まり. 感冒様症状が前駆 Guillain-Barre症候群
対称性 両下肢 筋萎縮なし‥膀胱直腸障害レベルを有する感覚障害あり 変形性脊椎症脊髄腫瘍MS脊髄炎
筋萎縮なし‥感覚障害なし . ヒ卜T細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)関連ミエロパシー(HAM)、亜急性連合性脊髄変性症
両側近位優位 易疲労性 MGEaton-Lambert症候群
急性2-3日で自然軽快 周期性四肢麻痺、低K性ミオパシー
亜急性 PMDM
慢性 : 神経原性 Kugelberg-Welander病(脊髄性筋萎縮症3型)
慢性 : 甲状腺機能異常 粘液水腫甲状腺中毒性ミオパシー
慢性 : ステロイド使用 ステロイドミオパシー

筋肉」

  [★]

muscle
musculus
解剖学



起始 origin

  • 筋の近位端(M.18)
  • 収縮の際に固定される(M.18)

停止 insertion

  • 筋の遠位端(M.18)
  • 収縮の際に動く(M.18)

生化学

  • グルコース + 2ADP + 2Pi → 2乳酸 + 2ATP + 2H2O + 2H+

分類

muscularis」

  [★]

  • n.
musclemuscularmusculusmyo

声帯開大筋」

  [★]

声帯閉鎖筋内喉頭筋

声帯開大筋 (SP.630)

肩甲腓骨型筋萎縮症」

  [★]

scapuloperoneal amyotrophy
肩甲腓骨型筋症候群ダヴィデンコフ症候群

筋波動症」

  [★]

myokymia
ミオキミーミオキミア
筋波動

化骨性筋炎」

  [★]

myositis ossificans
骨化性筋炎骨化筋炎