エンテロウイルス属

enterovirus, Enterovirus
  • ここではエンテロウイルス属に属するウイルスの総称をエンテロウイルスと呼ぶことにする

ウイルス学

顕性

  • 不顕性感染となるのは99%らしい (SMB.43)

疫学

  • 夏~初秋
  • 小児多いが大人も発症

エンテロウイルス属のウイルス

古い分類

新しく見つかったエンテロウイルスの分類

  • エンテロウイルスxx型 (xx:通し番号)

感染症

  • 血清型非特異的なその他のエンテロウイルスによる感染症(血清型が非常に多い)
  • 特定の血清型による感染症

WordNet

  1. any of a group of picornaviruses that infect the gastrointestinal tract and can spread to other areas (especially the nervous system)

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 流行性胸膜痛の高校内集団発生
  • 高橋 正彦,三枝 智宏,梅屋 崇,森美 由紀
  • 日本内科学会雑誌 93(6), 1180-1182, 2004-06-10
  • … を主訴に受診した.血液検査,胸部単純X線,心電図,心エコー検査を行い,典型的ではなかったが,急性心膜炎疑いにて入院となった.その後同校野球部とサッカー部内で同様の症状を訴える生徒が多く出現し,流行性胸膜痛(Bornholm disease)の集団発生を考えた.経過により,コップやペットボトルの回し飲みによるエンテロウイルス属の経口感染を強く疑った.集団発生により流行性胸膜痛と診断できた興味深い症例であり,報告した. …
  • NAID 10013354652
  • 0.1%水酸化ナトリウム添加四塩基アンモニウム化合物(逆性石鹸)の豚水胞病ウイルスに対する効果
  • 白井 淳資,菅野 徹,井上 亙,三林 覚,関 令二
  • The journal of veterinary medical science 59(5), 323-328, 1997-05-25
  • … 四塩基アンモニウム化合物(逆性石鹸)に水酸化ナトリウム(NaOH)を添加した消毒薬のエンテロウイルス属の豚水胞病ウイルス(SVDV)に対する効果を調べた. …
  • NAID 110003915152

Related Links

はじめに エンテロウイルスは、ポリオウイルス、コクサッキーウイルスA群、コクサッキーウイルスB群、エコーウイルス、その他のエンテロウイルスで構成されるウイルスのグループに属するウイルスの総称です。
エンテロウイルス感染症(手足口病など) エンテロウイルス属は夏に多くみられ、1)ポリオウイルス と 2) ノンポリオエンテロウイルスのA~Dの計5種類に分けられます。 1) ポリオウイルス 1~3 2)A ...
夏カゼや手足口病、ヘルパンギーナの原因ウイルスがエンテロウイルス(属)です。 エンテロウイルス属は、ポリオウイルス(群)、ヒトエンテロウイルス(A~D群)に別けられ、その中でさらに細かく分類されています。


Related Pictures

エンテロウイルス属のウイルス ウイルスも、エンテロウイルス分類され 豚エンテロウイルス エンテロウイルス(コクサッキ エンテロウイルス属、流行性の



★リンクテーブル★
リンク元ヘルパンギーナ」「ポリオウイルス」「ピコルナウイルス科」「コクサッキーウイルス」「エコーウイルス
関連記事ウイルス」「ロウ」「エンテロウイルス

ヘルパンギーナ」

  [★]

herp (水疱の) + angina (口峡炎)
herpangina
ヘルパンギナ水疱性口峡炎疱疹性アンギナ疱疹性口峡炎

[show details]


概念

  • 病原体としてコクサッキーウイルスA群がある。

疫学

  • 4歳以下が多く、特に1歳に多い。

病原体

潜伏期

  • 2-4日ないし2-7日

症状

  • 発熱、哺乳低下、流涎、咽頭痛、嚥下困難

身体所見

  • 口腔内:灰白色の丘疹と水疱が扁桃腺の前部、軟口蓋、口蓋に認められる。 (IRE.765)

経過

  • 4-5日の経過で消失

参考

  • 1. [charged] 小児における口腔軟部組織病変 - uptodate [1]
  • 2. [charged] エンテロウイルスとパラエコーウイルス感染症の臨床症状と診断 - uptodate [2]

ポリオウイルス」

  [★]

poliovirus
ウイルスポリオ=急性灰白髄炎

ウイルス学

感染症

  • 急性灰白髄炎
  • 経口摂取→消化管粘膜上皮細胞で増殖→局所リンパ節(扁桃・パイエル板)経由で血液へ(ウイルス血症)→中枢神経系(脊髄前角の運動神経、延髄)に侵入・増殖→神経細胞破壊→麻痺(感染後2週間)
  • 中枢神経内では、ポリオウイルスに感受性が高いのは脊髄前角の運動神経細胞

顕性

  • 99%以上が不顕性感染
無症状のうちに中和抗体を獲得。

病原体

疫学

潜伏期間

感染経路

  • 経口感染
  • 感染者したヒトから便としてウイルスが排泄される。

症状

  • 急性弛緩性麻痺
  • 10%が回復、10%が死亡、80%麻痺

合併症

経過

治療

検査

予防

ピコルナウイルス科」

  [★]

Picornaviridae
疾患
エンテロウイルス属 ポリオウイルス1, 2, 3 急性灰白髄炎(小児麻痺)
ヒトエンテロウイルスA, B, C  
ライノウイルス属 ヒトライノウイルスA  
ヒトライノウイルスB  
ヘパトウイルス属 A型肝炎ウイルス  
パレコウイルス属 ヒトパレコウイルス1,2  

コクサッキーウイルス」

  [★]

Coxsackie virus
ウイルス

感染症 (SMB.439)

顕性

  • 不顕性感染となるのはポリオと同程度であって、99%らしい (SMB.438)

エコーウイルス」

  [★]

echovirus, ECHO virus
ウイルス

感染症

  • 胃腸炎、無菌性髄膜炎など

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。

ロウ」

  [★]

solder
はんだ鑞着

エンテロウイルス」

  [★] エンテロウイルス属