FK506

タクロリムス


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/06 14:11:18」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • Homogeneity study of ointment dosage forms by infrared imaging spectroscopy.
  • Carneiro RL, Poppi RJ.SourceInstitute of Chemistry, University of Campinas-UNICAMP, PO Box 6154, Campinas, SP 13083-970, Brazil.
  • Journal of pharmaceutical and biomedical analysis.J Pharm Biomed Anal.2012 Jan 25;58:42-8. Epub 2011 Oct 1.
  • Ointment dosage forms are semi-solid preparations intended for local or transdermal delivery of active substances usually for application to the skin and it is important that they present a homogeneous appearance. In this work, a study of the homogeneity of a tacrolimus ointment dosage form was perf
  • PMID 22018891
  • Cyclosporin A and tacrolimus induce renal Erk1/2 pathway via ROS-induced and metalloproteinase-dependent EGF-receptor signaling.
  • Akool el-S, Gauer S, Osman B, Doller A, Schulz S, Geiger H, Pfeilschifter J, Eberhardt W.Sourcepharmazentrum frankfurt/ZAFES, Klinikum der Johann Wolfgang Goethe-Universität, Theodor-Stern-Kai 7, D-60590 Frankfurt am Main, Germany.
  • Biochemical pharmacology.Biochem Pharmacol.2012 Jan 15;83(2):286-95. Epub 2011 Nov 9.
  • We previously demonstrated that the widely used immunosuppressive drugs cyclosporin A (CsA) and tacrolimus (FK506), independent of immunophilin binding, can activate profibrogenic transforming growth factor β (TGFβ)/Smad signaling cascades in rat renal mesangial cells (MC). Here we report that bot
  • PMID 22100870

Japanese Journal

  • 1P043 3次元RISMリガンドマッピング法を用いたフラグメントベースの薬物設計 : FK506結合タンパク質への応用(蛋白質-構造機能相関,第48回日本生物物理学会年会)
  • Imai Takashi,Hirata Fumio,Sugita Yuji
  • 生物物理 50(SUPPLEMENT_2), S26, 2010-08-15
  • NAID 110008102279
  • Calcineurin/Crz1 destabilizes Msn2 and Msn4 in the nucleus in response to Ca(2+) in Saccharomyces cerevisiae.
  • Takatsume Yoshifumi,Ohdate Takumi,Maeta Kazuhiro,Nomura Wataru,Izawa Shingo,Inoue Yoshiharu
  • The Biochemical journal 427(2), 275-287, 2010-04-15
  • … Intriguingly, the Ca2+-induced expression of GLO1 was enhanced in the presence of FK506, a potent inhibitor of calcineurin. … Consequently, the Ca2+-induced expression of GLO1 in a mutant that is defective in calcineurin or Crz1, the sole transcription factor downstream of calcineurin, was much greater than that in the wild-type strain even without FK506. …
  • NAID 120002398640

Related Links

タクロリムスは細胞内でまずFKBP (FK506 binding protein) と複合体を形成し、これが さらにカルシニューリンに結合する。そしてそのNFAT脱リン酸化反応を阻害すること により、IL-2に代表される種々のサイトカインの発現を抑制する。これにより、細胞傷害性 T ...
FK506は強力で選択特異的な免疫抑制剤、神経保護剤、かつ神経再生剤であり、in vitroにおけるT細胞増殖ブロッカーです。FK506はFK506結合タンパク-12(FKBP12)と 複合体を形成し、さらにカルシニューリンに結合し、IL-2、インターフェロンに代表される 種々 ...


Related Pictures

Figure 1. of cyclosporine or tacrolimus (FK506Tacrolimus-Armistead-2D-skeletal.png FK506 derived from FK506 treated DC blocksProteins (FK506 Binding Protein; FK506 FK506 structure



★リンクテーブル★
リンク元NFAT」「カルシニューリン」「骨髄移植」「免疫抑制薬」「tacrolimus hydrate
拡張検索FK506結合タンパク質」「FK506-binding protein

NFAT」

  [★]

nuclear factor of activated T cells, NF-AT
NFAT family、カルシニューリンシクロスポリンAFK506


  • 普段は細胞質にあってセリン/スレオニンキナーゼにより核移行配列がリン酸化されており核移行が妨げられている。
  • 細胞質の[Ca2+]↑によりカルモジュリンがCa2+を結合しコンフォメーションが変化する。
  • Ca2+を結合したカルモジュリンは、セリン/スレオニンホスファターゼであるカルシニューリンに結合する。
  • カルモジュリンとの結合によりカルシニューリンは活性化され、NFATを脱リン酸化する。
  • 脱リン酸化されたNFATは核に移行し遺伝子発現を行う。
  • T細胞ではIL-2の転写に関わっている

カルシニューリン」

  [★]

calcineurin, CN, CNR
プロテインホスファターゼ2B protein phosphatase 2Bカルシニュリン、カルシノイリン
IL-2免疫抑制薬

[show details]

  • Ca2+/カルモジュリン複合体依存性のセリン/スレオニン脱リン酸化酵素である。
  • サブユニットAとサブユニットBからなるヘテロダイマー。
  • 免疫抑制薬の標的分子となりえて、例えばシクロスポリンAFK506などのカルシニューリン阻害薬によりT細胞中のカルシニューリンが阻害されることでIL-2の発現が低下し、結果としてT細胞の増殖が妨げられ免疫抑制が起こる。

骨髄移植」

  [★]

bone marrow transplantation BMT
造血幹細胞移植拒絶反応



メモ

免疫抑制薬」

  [★]

immunosuppressive drug, immunosuppressant

免疫抑制薬

作用機序

56kDa immunophilinに結合 (GOO.1596)
56kDa immunophilinはHSP70, HSP90と共にglucocorticoid receptosに結合している。

再生不良性貧血に対する治療薬として

tacrolimus hydrate」

  [★]

FK-506FK506tacrolimus

FK506結合タンパク質」

  [★]

FK506-binding proteintacrolimus-binding proteinFKBP
タクロリムス結合タンパク質
-FKBP
FK-binding proteins

FK506-binding protein」

  [★]

FKBPtacrolimus-binding protein