社会復帰

rehabilitationrehabilitate
リハビリリハビリテーション

WordNet

  1. restore to a state of good condition or operation
  2. help to readapt, as to a former state of health or good repute; "The prisoner was successfully rehabilitated"; "After a year in the mental clinic, the patient is now rehabilitated"
  3. reinstall politically; "Deng Xiao Ping was rehabilitated several times throughout his lifetime"
  4. the restoration of someone to a useful place in society
  5. the treatment of physical disabilities by massage and electrotherapy and exercises
  6. vindication of a persons character and the re-establishment of that persons reputation

PrepTutorEJDIC

  1. …‘を'元へ戻す,修復する / 〈けが人,病人など〉‘を'社会復帰させる,元の健康体に戻す / 〈人〉‘を'復職させる;〈人〉‘の'名誉を回復する
  2. (けが人・病人などの)社会復帰,リハビリテーション / 復職;名誉回復

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/24 21:49:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Japanese Journal

  • Proceedings 榊原カンファレンス 命を救う医療から人生を救う医療へ : 左室自由壁破裂から社会復帰を果たした1例
  • CORE journal循環器 : current opinion & review for the next stage (5), 105-122, 2015-05
  • NAID 40020460113
  • サービス別ポイント解説 療養・社会復帰・看取り…… 全分野で在宅シフトが進む (特集 2025年モデルに向けて進む改革 介護報酬改定の影響と対策)
  • 少年たちの社会復帰支援"その険しき道筋"

Related Links

デジタル大辞泉 社会復帰の用語解説 - [名](スル)病気や事故で正常な社会活動ができなくなっていた人が、回復して再び社会で活動するようになること。
15歳から20歳くらいまで、私は自分のコンプレックスにより精神的に完全に引きこもって過ごしてきました。18歳から、一人暮らしをしたの… ... 私の生きた道 〜ひきこもりから社会復帰、そして今 15歳から20歳くらいまで ...


Related Pictures

 社会復帰へ - livedoor Blog美祢社会復帰促進センターの  ほくしん] 社会復帰プログラム平和製作所:社会復帰 社会復帰に向けた活動を行って造血回復から社会復帰へ



★リンクテーブル★
国試過去問104E063」「104H024」「104G051」「105H021」「103B038
リンク元リハビリテーション」「rehabilitation
関連記事復帰」「社会

104E063」

  [★]

  • 次の文を読み、61-63の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。言動の変化を心配した両親に伴われて来院した。
  • 現病歴:  1年ほど前から高校を休みがちになり、1日中自分の部屋で過ごすことが多くなった。朝はなかなか起きず、昼過ぎになりやつと起きてくる。母親が声をかけると「うるせえな」と反抗的になった。1か月前から、わけもなくニヤニヤすることや、「ちくしょう」、「ばかやろー」などと急に叫ぶことが増えてきた。身なりも不潔になり、入浴もしなくなった。
  • 既往歴[  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  同胞2人の二男として出生。精神運動発達に異常を認めず、手のかからない子供であった。中学校までは明るい生徒で成績も優秀だった。高校入学後は課外活動をせず、成績は徐々に下がってきた。
  • 家族歴:  母方の叔父が精神科病院に入院中である。
  • 現症 :  意識は清明。身長175cm、体重63kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/68mmHg。表情は硬く、緊張が強い。自発的に話をすることはなく、質問に対する返答に時間がかかり、答えも短い。時々一点を見つめたまま反応がなくなることがある。また、聞き耳を立てるような動作も認める。神経学的所見に異常を認めない。
  • 入院治療を勧めると、「死んだほうがましだ」と叫んで興奮し入院を拒否して帰宅を申し出た。
  • 2か月の入院治療で症状は落ち着き、同室者とテレビゲームをしたり読書する姿もみられるようになった。
  • 退院後の社会復帰のために最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E062]←[国試_104]→[104E064

104H024」

  [★]

  • 22歳の男性。自宅に引きこもっていることを心配した両親に伴われて来院した。大学在学中の21歳時に、「監視されている」と被害的になり幻聴に従った行動をとるようになったため6か月入院した。退院後、医療機関を受診しないで半年自宅に引きこもっている。大学は休学している。身長173cm、体重68kg。会話は成立するが、感情の抑揚に乏しく意欲発動性に欠ける。神経学的所見、血液所見、血液生化学所見、脳波および頭部単純CTに異常を認めない。
  • 心理・社会的接近として適切でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104H023]←[国試_104]→[104H025

104G051」

  [★]

  • 56歳の男性。就労して社会復帰したいと希望して相談に来た。22歳から統合失調症で治療中である。これまでに被害妄想幻聴を主症状として3回の入院治療歴がある。最近、欠勤が多く作業能率も低下していることから10年間勤めた工場を解雇された。それ以来、自宅で何もしないで過ごすようになった。
  • 適切なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 104G050]←[国試_104]→[104G052

105H021」

  [★]

  • 33歳の男性。1か月前に交通事故で搬入された。同日、腹部大動脈損傷の診断で血管置換術を受け、術後に両下肢の完全麻痺が出現した。両下肢は現在も完全麻痺のままで、肛門周囲の感覚脱失を認める。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。
  • a 脊髄の手術を勧める。
  • b 歩行を治療目標として示す。
  • c 社会復帰のための退院を勧める。
  • d 患者の反応を見つつ麻痺の予後を説明する。
  • e 体幹に関する運動療法メニューを提示する。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H020]←[国試_105]→[105H022

103B038」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103B037]←[国試_103]→[103B039

リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)

rehabilitation」

  [★]

  • n.
rehabilitate

       

復帰」

  [★]

reversionrevert
先祖返り復帰突然変異復帰変異戻る

社会」

  [★]

societysocietal
学会協会