福祉ホーム


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 社会的スキルがバーンアウトに与える影響
  • 川乗 賀也
  • 病院・地域精神医学 = The Japanese journal of hospital and community psychiatry 53(2), 164-165, 2010-11-05
  • NAID 10029411510
  • P1-464 精神科における再入院の予防を目的とした薬剤師の取り組み(一般演題 ポスター発表,薬物療法(精神科領域),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合)
  • 島田 治子,土井 健志,山口 長浩,梶尾 幾世,岡田 早紀,徳永 有紀,藤井 曜子,小川 正子,原田 均
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 19, 370, 2009-09-15
  • NAID 110007485100

Related Links

障害者自立支援法(平成十七年法律第百二十三号)第八十条第一項の規定に基づき、 障害者自立支援法に基づく福祉ホームの設備 ... 第八十条第二項 の厚生労働省令で 定める基準のうち、福祉ホームに係るものは、次の各号に掲げる基準に応じ、それぞれ ...



★リンクテーブル★
国試過去問104E063」「097I010
関連記事福祉」「ホーム

104E063」

  [★]

  • 次の文を読み、61-63の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。言動の変化を心配した両親に伴われて来院した。
  • 現病歴:  1年ほど前から高校を休みがちになり、1日中自分の部屋で過ごすことが多くなった。朝はなかなか起きず、昼過ぎになりやつと起きてくる。母親が声をかけると「うるせえな」と反抗的になった。1か月前から、わけもなくニヤニヤすることや、「ちくしょう」、「ばかやろー」などと急に叫ぶことが増えてきた。身なりも不潔になり、入浴もしなくなった。
  • 既往歴[  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  同胞2人の二男として出生。精神運動発達に異常を認めず、手のかからない子供であった。中学校までは明るい生徒で成績も優秀だった。高校入学後は課外活動をせず、成績は徐々に下がってきた。
  • 家族歴:  母方の叔父が精神科病院に入院中である。
  • 現症 :  意識は清明。身長175cm、体重63kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/68mmHg。表情は硬く、緊張が強い。自発的に話をすることはなく、質問に対する返答に時間がかかり、答えも短い。時々一点を見つめたまま反応がなくなることがある。また、聞き耳を立てるような動作も認める。神経学的所見に異常を認めない。
  • 入院治療を勧めると、「死んだほうがましだ」と叫んで興奮し入院を拒否して帰宅を申し出た。
  • 2か月の入院治療で症状は落ち着き、同室者とテレビゲームをしたり読書する姿もみられるようになった。
  • 退院後の社会復帰のために最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E062]←[国試_104]→[104E064

097I010」

  [★]

  • 30歳の男性。大学在学中に被害妄想と幻聴とに支配された行動のため精神科病院に入院した。2年前に退院して外来通院しているが、就職しても長続きせず、1年前からは自宅で無為に過ごすことが多い。家族の受入れは良好である。
  • この患者に適した施設はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 097I009]←[国試_097]→[097I011

福祉」

  [★]

well-beingwellbeingwelfare
幸福

ホーム」

  [★]

home
在宅