小規模作業所


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/30 14:57:12」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Japanese Journal

  • 精神障がい者家族会の家族ピア教育プログラムの継続意向に関連する要因
  • 蔭山 正子,横山 恵子,中村 由嘉子,小林 清香
  • 日本地域看護学会誌 17(2), 36-44, 2014-11-30
  • … から回答を得た.プログラムの継続意向を従属変数とした多重ロジスティック回帰分析では,プログラムの採用動機が新目標であること(OR=7.11,p=0.005),財源(OR=1.98,p=0.035)が有意な関連を示した.考察:家族会は,小規模作業所の運営という目標をなくし新しい目標として家族の相互支援や学習を求めている.本プログラム内容は,その新しい目標と合致している.また,プログラムの継続意向に財源の確保が関連していた.今後は,家族 …
  • NAID 110009900877
  • 小規模作業所における「共に生きる場」の生成(2)「自分たちの作業所」という意味の形成

Related Links

小規模作業所とは,一般の企業等で働くことの困難な障害のある人の働く場や活動の場として,障害のある人,親,ボランティアを始めとする関係者の共同の事業として,地域の中で生まれ運営されているものです。これらは ...
朝日新聞掲載「キーワード」 - 小規模作業所の用語解説 - 一般企業で働くことが困難な身体、知的、精神障害者らの働く場として、障害者の家族やボランティアらの手で運営されてきた通所施設。小規模授産施設、共同作業所、福祉 ...


Related Pictures

交付の仕組み(小規模作業所 小規模作業所の移行のイメージ 小規模作業所授産施設すまいる 小規模作業所の新事業体系への 仁方小規模作業所 ぽこ・あ  小規模作業所『ひなたぼっこ



★リンクテーブル★
国試過去問099I021」「104E063
関連記事規模」「小規模」「作業

099I021」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 22歳の男性。大学4年生。周囲からみて理解しがたい行動がみられるため両親に伴われて来院した。
  • 現病歴 :両親と弟と同居している。1年程前から次第に寡黙になり、家族ともほとんど口をきかず、自室に閉じこもることが多くなった。大学へもほとんど行かなくなった。最近、まるで誰かと会話している調子でひとりごとを言うが、小声で、なんと言っているのか聞き取れない。時々ニヤニヤと笑ったりもするが、なぜ笑うのかと聞いても、別になんでもないと言う。窓を開けて外を見回し、誰も来ないのに「今、外にいたのは誰?」と家族に聞いたりする。数日前、突然家からいなくなり、2日後に戻ってきたが、どこにいたかは語らない。昨日、テレビのアンテナ線を工具で切断してしまった。
  • 既往歴 : 喫煙と飲酒との習慣はない。特記すべき薬物の使用歴はない。
  • 家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 表情は硬く、こちらの問いかけに関しては肯否について短い答えが返ってくるのみである。困っていることはないかと聞いても「別に」とぶっきらぼうに言う。
  •  医師の質問と患者の答えとは以下のとおりである。
  • 医師「だれかから命令が言葉で聞こえてきたりしたのですか?」
  • 患者「うん」
  • 医師「どこから聞こえたの?テレビから?」
  • 患者「うん」
  • 医師「それで聞こえてきた言葉のとおりにしたのですか?」
  • 患者「うん」
  • 医師「そういう命令をされるのは困りますか?」
  • 患者「困る」
  • 医師「テレビで自分の悪口を放送されていて、。不愉快でしたか?」
  • 患者「うん」
  • 神経学的検査には素直に応じるが、検査中もその場にふさわしくない笑いがみられる。神経学的所見に特記すべきことはない。血液と血清生化学所見とに異常を認めない。
  • 患者は入院して治療を受け、6か月後に退院した。奇異な言動は消失したが自発性の低下が著明で、倦怠感を訴える。大学は中退した。この患者のリハビリテーションとして適切でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099I020]←[国試_099]→[099I022

104E063」

  [★]

  • 次の文を読み、61-63の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。言動の変化を心配した両親に伴われて来院した。
  • 現病歴:  1年ほど前から高校を休みがちになり、1日中自分の部屋で過ごすことが多くなった。朝はなかなか起きず、昼過ぎになりやつと起きてくる。母親が声をかけると「うるせえな」と反抗的になった。1か月前から、わけもなくニヤニヤすることや、「ちくしょう」、「ばかやろー」などと急に叫ぶことが増えてきた。身なりも不潔になり、入浴もしなくなった。
  • 既往歴[  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  同胞2人の二男として出生。精神運動発達に異常を認めず、手のかからない子供であった。中学校までは明るい生徒で成績も優秀だった。高校入学後は課外活動をせず、成績は徐々に下がってきた。
  • 家族歴:  母方の叔父が精神科病院に入院中である。
  • 現症 :  意識は清明。身長175cm、体重63kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/68mmHg。表情は硬く、緊張が強い。自発的に話をすることはなく、質問に対する返答に時間がかかり、答えも短い。時々一点を見つめたまま反応がなくなることがある。また、聞き耳を立てるような動作も認める。神経学的所見に異常を認めない。
  • 入院治療を勧めると、「死んだほうがましだ」と叫んで興奮し入院を拒否して帰宅を申し出た。
  • 2か月の入院治療で症状は落ち着き、同室者とテレビゲームをしたり読書する姿もみられるようになった。
  • 退院後の社会復帰のために最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E062]←[国試_104]→[104E064

規模」

  [★]

scalemagnitude
大きさ歯石振幅スケール鱗屑

小規模」

  [★]

small scalesmall-scaleon a small scale
少量スモールスケール

作業」

  [★]

workworking
研究働く仕事