DPP-4阻害薬

ジペプチジルペプチダーゼ4阻害薬

WordNet

  1. the 4th letter of the Roman alphabet (同)d

PrepTutorEJDIC

  1. deuteriumの化学記号

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 2型糖尿病の血糖降下薬のエビデンス
  • 佐倉 宏,岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E89-E93, 2011-03-31
  • … 2型糖尿病の治療の基本は食事・運動療法であるが、血糖コントロールが十分に改善しない場合は、スルホニル尿素薬、ビグアナイド薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、チアゾリジン薬、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害薬の6系統のいずれかの経口血糖降下薬を用いた治療が開始されることが多い。 …
  • NAID 110008441450
  • 日本における糖尿病診療2010-新しいパラダイム
  • 岩本 安彦
  • 東京女子医科大学雑誌 81(E2), E66-E69, 2011-03-31
  • … 2009年から2010年にかけてインクレチン関連薬のDPP-4阻害薬とGLP-1受容体作動薬が日本で相次いで認可された。 …
  • NAID 110008441446

Related Links

糖尿病リソースガイド 第1部 DPP-4阻害薬 薬剤一覧表 医療・健康情報グループ検索 ニュース 学会・イベント情報 海外の医学誌 医薬品・医療機器・検査機器・試薬 食事・運動・生活サポート 関連資料 トップページ » 第1部 ...
糖尿病を合併している心不全急性憎悪患者の退院後の予後は、ジペプチジルペプチダーゼ(DPP)-4阻害薬を服用している患者の方が非服用患者よりも良好で、総死亡と心臓死のリスクは服用群でほぼ半減していたことが ...


Related Pictures

DPP-4阻害薬の作用機序DPP-4阻害薬の作用機序ぼちぼちDPP-4阻害薬6剤の違いと DPP-4阻害薬の薬理学的 図2 GLP-1の多彩な作用表 DPP-4阻害薬と併用できる



★リンクテーブル★
国試過去問111B052」「110I067
リンク元ビルダグリプチン」「アナグリプチン
関連記事D」「」「DPP」「阻害」「DP

111B052」

  [★]

  • 次の文を読み、50~52の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。倦怠感と口渇を訴え、通院中の病院を受診した。
  • 現病歴:68歳時に人間ドックで高血糖を指摘されて治療を開始した。3か月ごとに定期受診しており毎朝1錠の内服薬で、これまでHbA1cは6%台であった。1か月前から倦怠感とのどの渇きが出現した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴はない。
  • 家族歴:父親は肺癌で死亡。母親は胃癌で死亡。糖尿病の家族歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長 162cm、体重 53kg。体温 36.2℃。脈拍 80/分、整。血圧 134/82mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は軽度乾燥している。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。振動覚と腱反射は正常である。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球 444万、Hb 12.9g/dL、Ht 43%、白血球 6,000(好中球 54%、好酸球 2%、好塩基球 0%、単球 8%、リンパ球 36%)、血小板 19万。血液生化学所見:総蛋白 6.9g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.6mg/dL、直接ビリルビン 0.3mg/dL、AST 22U/L、ALT 19U/L、LD 186U/L(基準 176~353)、ALP 186U/L(基準 115~359)、γ-GTP 17U/L(基準8~50)、アミラーゼ 352U/L(基準 37~160)、CK 132U/L(基準 30~140)、尿素窒素 20mg/dL、クレアチニン 0.8mg/dL、尿酸 4.0mg/dL、血糖 235mg/dL、HbA1c 8.9%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 147mg/dL、トリグリセリド 64mg/dL、HDLコレステロール 51mg/dL、Na 140mEq/L、K 4.4mEq/L、Cl 105mEq/L、Ca 9.1mg/dL、P 3.0mg/dL、TSH 3.0μU/mL(基準 0.2~4.0)、FT4 1.2ng/dL(基準 0.8~2.2)。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • 精査の結果、腹部CTで膵尾部に径2cmの腫瘤影を認め、膵癌と診断された。本人や家族と相談の結果、膵尾部切除術を行うこととなった。
  • 術前の血糖コントロールの方法として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 111B051]←[国試_111]→[111B053

110I067」

  [★]

  • 32歳の女性。1回経産婦。妊娠中の血糖管理のため紹介されて来院した。自宅近くの産婦人科医院で妊娠の管理中であったが、妊娠26週に測定された血糖が172mg/dLであり、75g経口ブドウ糖負荷試験を施行され妊娠糖尿病と診断された。既往歴に特記すべきことはない。家族歴は母が2型糖尿病で治療中である。妊娠前から飲酒歴と喫煙歴はない。身長 160cm、体重 71kg(非妊時 68kg)。身体所見に異常を認めない。腹部超音波検査で胎児に異常を認めない。初診時、HbA1c 6.9%(基準4.6~6.2)。この患者に対して1,700kcalの食事療法と無理のない程度で体を動かすことを指導して血糖の推移をみた。2週後の来院時で空腹時血糖 118mg/dL、食後2時間血糖 186mg/dLであった。
  • この患者に対する最も適切な対応はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 110I066]←[国試_110]→[110I068

ビルダグリプチン」

  [★]

vildagliptin
エクア(ノバルティスファーマ)
経口血糖降下薬DPP-4阻害薬

アナグリプチン」

  [★]

anagliptin
スイニーベスコア
DPP-4阻害薬

D」

  [★]

   

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品

DPP」

  [★]

阻害」

  [★]

blocking(精神医学), inhibition(生化学)
遮断 blockade途絶

DP」

  [★]