N95マスク


WordNet

  1. the 14th letter of the Roman alphabet (同)n

PrepTutorEJDIC

  1. nitrogenの化学記号

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/21 03:32:11」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • インターフェロンγ遊離検査で新時代を迎えた結核の院内感染対策
  • 京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital 36, 27-41, 2015-12
  • NAID 120005679006
  • 結核の医療関連感染対策のポイント (ICTレベルアップ特集 「過去の病気」では済まされない! 結核対策Up-to-Date)
  • Infection control : The Japanese journal of infection control 24(11), 1074-1076, 2015-11
  • NAID 40020652896
  • 医学部・看護学部・薬学部における感染制御教育の実態

Related Pictures

N95マスク (3)N95マスク : 【N95マスクで対策 N95マスク - N95 - JapaneseClass.jpN95 マスク 1860(レギュラー N95マスク - N95 - JapaneseClass.jp大気汚染PM2.5対策にN95マスクを



★リンクテーブル★
国試過去問098C020」「112D074」「107I051」「103I049」「101D030」「104A001
関連記事N」「マスク」「マス

098C020」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。


  • この患者の感染対策に使用するマスクとして適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098C019]←[国試_098]→[098C021

112D074」

  [★]

  • 2歳の男児。気管支肺炎の治療のため入院中である。セフェム系抗菌薬で治療を行っていたが、入院5日目に下痢が出現した。機嫌は良好であるが、微熱があり、1日数回の下痢を認めるようになった。身長 76.9cm、体重 12.8kg。体温 37.7℃。脈拍 124/分、整。血圧 112/48mmHg。呼吸数 30/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。咽頭に発赤を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸雑音は軽度亢進している。四肢に浮腫を認めない。便の検査を行ったところ、Clostridium difficile抗原陽性であった。
  • 今後、診察の際に行うべき対応はどれか。2つ選べ。
  • a 手袋を着用する。
  • b エプロンを着用する。
  • c N95マスクを着用する。
  • d 陰圧個室隔離を指示する。
  • e ベッドの間隔を2m以上あける。


[正答]


※国試ナビ4※ 112D073]←[国試_112]→[112D075

107I051」

  [★]

  • 75歳の女性。咳嗽を主訴に来院した。3週前から咳、痰、全身倦怠感、食思不振および37℃台の微熱が出現し、市販の総合感冒薬で改善しないため受診した。胸部エックス線写真で右上肺野に空洞を伴う浸潤影と周囲の結節影とを認めた。喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性であったため患者を個室に入院させた。
  • まず行うのはどれか。
  • a 保健所に届け出る。
  • b 抗結核薬を投与する。
  • c 結核菌のPCR検査を行う。
  • d 患者にN95マスクを着用させる。
  • e 結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定法(IGRA)を行う。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I050]←[国試_107]→[107I052

103I049」

  [★]

  • 69歳の女性。肺炎の疑いで紹介され来院した。3週前から咳と痰、全身倦怠感、食思不振および37℃台の微熱が出現し、市販薬で改善しないため他院を受診した。胸部エックス線写真で右下肺野に陰影を認め、肺炎が疑われた。喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性であったため患者を個室に入院させた。
  • まず行うのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103I048]←[国試_103]→[103I050

101D030」

  [★]

  • 72歳の男性。3日前からの発熱湿性咳嗽とを主訴に来院した。10年前から高血圧と糖尿病とで内服治療中である。体温38.5℃。呼吸数24/分。右下肺野にcoarse cracklesを認める。喀痰は膿性で、Gram染色によりグラム陽性双球菌を認める。
  • 入院後の対応として必要なのはどれか。
  • a. 病室専用のスリッパに履き替える。
  • b. 診察する際にガウンを着用する。
  • c. 病室ではN95マスクを着用する。
  • d. 患者と接触する前後に手を洗う。
  • e. 陰圧個室に入院させる。

[正答]


※国試ナビ4※ 101D029]←[国試_101]→[101D031

104A001」

  [★]

  • 予防のため医療従事者がN95マスクを使うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 103I080]←[国試_104]→[104A002

N」

  [★]

   

マスク」

  [★]

maskmask
遮蔽酸素マスク

マス」

  [★]

trout
チャーイワナ属