098C021

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。



  • 補液に際して最も配慮するのはどれか。


  • a. 腎機能障害の出現
  • b. 肺うっ血の出現
  • c. 高血圧の出現
  • d. 肝機能の悪化
  • e. 肺炎の悪化

[正答]


※国試ナビ4※ 098C020]←[国試_098]→[098C022



★リンクテーブル★
国試過去問098C020」「098C022

098C020」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害と胸部異常陰影とのため、家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 70歳ころから肺気腫があり、時々、咳と息切れとが増悪することがあった。2か月前に37℃台の発熱と咳とが出現し、様子をみていたが改善しなかった。1か月前、かかりつけ医に胸部エックス線写真で右肺尖部に浸潤影を指摘され、軽症の肺炎の診断で経口セフェム系薬を処方された。1週間服用したが軽快しないため市販の風邪薬を服用していた。2日前から息苦しさと頭痛とを訴えるようになり、元気がなくなってきた。今朝からうとうとする傾向があり、かかりつけ医の勧めで入院した。
  • 既往歴 : 75歳時、心筋梗塞。77歳時、心不全。
  • 生活歴 : 喫煙は20歳から70歳まで30本/日、以後、10本/日。飲酒は1合/日。
  • 現症 : 傾眠傾向であるが、名前を呼ぶと目を開け返事をする。身長160cm、体重54kg。体温37.5℃。呼吸数14/分。脈拍104/分、整。血圧134/76mmHg。皮膚は紅潮気味。心雑音はない。呼吸音は全体的に減弱し、右上肺にfine crackles〈捻髪音〉を聴取する。腹部では右肋骨弓下に軟らかい肝を2cm触知する。両下肢に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:比重1.021、pH6.0、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)。血液所見:赤沈86mm/1時間、赤血球430万、Hb13.8g/dl、Ht39%、白血球8,300、血小板14万。血清生化学所見:血糖96mg/dl、総蛋白6.9g/dl、アルブミン3.7g/dl、尿素窒素38mg/dl、クレアチニン1.4mg/dl、総コレステロール266mg/dl、AST51単位(基準40以下)、ALT66単位(基準35以下)、LDH 394単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K3.8 mEq/l、Cl 96mEq/l。CRP10.4mg/dl(基準0.3以下)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.26、PaO2 58Torr、PaCO2 72Torr、HCO3- 31mEq/l。胸部エックス線写真で右上肺野に広範な浸潤影とその一部に空洞性病変を認める。喀痰塗抹Ziehl-Neelsen染色標本を以下に示す。


  • この患者の感染対策に使用するマスクとして適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098C019]←[国試_098]→[098C021

098C022」

  [★]

  • 次の文を読み、22~24の問いに答えよ。
  • 30歳前後の男性。人工呼吸下に救急車で搬入された。
  • 現病歴 : 公園で倒れているのを通行人に発見された。救急隊到着時、意識は混濁し、自発呼吸は微弱であった。呼気に芳香臭があり、発見現場から不凍液(エチレングリコール)の空容器と三環系抗うつ薬アミトリプチリンの空包装とが見つかった。
  • 既往歴 : 不明。
  • 現 症 : 体格栄養中等度。体温36.5℃。脈拍100/分、整。血圧90/60mmHg。痛み刺激を与えても開眼せず、言語反応はない。運動反応を認めない。舌根は沈下し、自発呼吸を認めない。瞳孔径は4mmで左右差を認めないが、対光反射が消失している。眼瞼結膜に貧血なく、眼球結膜に黄染を認めない。心雑音を聴取しない。腹部は平坦で、腸雑音が減弱している。下腿に浮腫はなく、人工呼吸下にチアノーゼを認めない。深部反射は保たれている。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球497万、Hb14.9g/dl、Ht42%、白血球9,800、血小板35万。
  • 血清生化学所見:血糖197mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.9g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl、総ビリルビン0.8 mg/dl、AST28単位(基準40以下)、ALT25単位(基準35以下)、LDH298単位(基準176~353)、アルカリホスファターゼ220単位(基準260以下)、γーGTP48単位(基準8~50)、アミラーゼ120単位(基準37~160)、CK28単位(基準10~40)、Na138 mEq/l、K3.4mEq/l、Cl101mEq/l。
  • 動脈血ガス分析(人工呼吸、酸素投与下):pH7.54、PaO2 305Torr、PaCO2 24Torr、HCO3 -15mEq/l、血漿浸透圧:実測値は345mOsm/kg H2O (基準285~295)で、Na、血糖および尿素窒素の血中濃度からの計算値293mOsmL/kg H2O(基準285~295)との間に浸透圧ギャップを認める。
  • この患者の意識状態はGlasgow coma scaleで何点か。
  • a. 3点
  • b. 6点
  • c. 9点
  • d. 12点
  • e. 15点

[正答]


※国試ナビ4※ 098C021]←[国試_098]→[098C023