咽喉頭異常感症

pharyngolaryngeal paresthesia, abnormal sensation syndrome of throat
咽喉頭神経症 pharyngolaryngeal neurosis
ヒステリー球


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/31 13:07:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 咽喉頭異常感症の漢方療法
  • 咽喉頭異常感症 (特集 上部消化管疾患 : 診断と治療の進歩) -- (食道)
  • 咽喉頭異常感症の取り扱い方
  • 司会: 大越 俊夫,演者: 渡嘉敷 亮二
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 114(4), 297-299, 2011
  • NAID 130000992945

Related Pictures

咽喉頭異常感症咽喉頭異常感症の疑い咽喉頭異常感症 - Globus pharyngis咽喉頭異常感症についてo0729050012829719691.jpg咽喉頭異常感症の疑い 喉の



★リンクテーブル★
国試過去問105A017」「102A017
リンク元咽喉頭神経症
関連記事喉頭」「異常」「」「異常感」「咽喉頭

105A017」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105A016]←[国試_105]→[105A018

102A017」

  [★]

  • 呼吸困難をきたすのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 102A016]←[国試_102]→[102A018

咽喉頭神経症」

  [★]

pharyngolaryngeal neurosis
咽喉頭異常感症

喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌

異常」

  [★]

  • n.

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

異常感」

  [★]

discomfort
不安不快不快感

咽喉頭」

  [★]

laryngopharyngealpharyngolaryngeal