乳化剤

emulsifying agentemulsifier

WordNet

  1. a surface-active agent that promotes the formation of an emulsion

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/21 14:23:36」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 世界の養鶏事情から 栄養乳化剤によるコスト削減
  • 乳化剤フリー油中水滴型(W/O)エマルションの分散安定性 : 油物性の影響
  • 酒井 俊郎,瀬尾 桂太
  • 色材協会誌 = Journal of the Japan Society of Colour Material 87(11), 387-392, 2014-11
  • NAID 40020273531
  • ココアバター/シリカ微粒子分散系から成るモデルチョコレートによる溶融チョコレートの流動特性に対する乳化剤の影響に関する研究
  • 金田 勇,宮澤 元,伊藤 桃
  • 酪農学園大学紀要. 自然科学編 39(1), 1-8, 2014-10
  • NAID 110009841830

Related Links

用途別 主な食品添加物 9 乳化剤 水と油のような、本来混じり合わないものの境界面で働いて、均一な状態を作る作用を持つものを乳化剤といいます。例えば、マヨネーズは、卵黄中に含まれるレシチンが乳化剤として働いて、サラダ ...
【ベストアンサー】水と油を混ぜ合わせる性質を持つのが乳化剤です。 代表例は「レシチン」で、大豆や卵黄に含まれています。 卵は食品衛生法により表示義務のあるアレルゲンに指定されて ...


Related Pictures

乳化剤 (界面活性剤)には 第4回】乳化剤の機能と用途  ソルベート80(液体乳化剤乳化剤 講座 第 2 回 乳化剤 の 乳化剤と老化防止効果モデル乳化剤

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 外用合成副腎皮質ホルモン剤

販売名

グリジール軟膏0.05%

組成

※※成分・含量(1g中)

  • クロベタゾールプロピオン酸エステル

※※添加物

  • ソルビタンセスキオレイン酸エステル、プロピレングリコール、ワセリン

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみ等)

  • [感染を悪化させるおそれがある]

本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎

  • [穿孔部位の治癒が遅れるおそれがある。また、感染のおそれがある]

潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷

  • [皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある]

効能または効果

  • 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、掌蹠膿疱症、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、ジベルばら色粃糠疹、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、紅皮症、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、アミロイド苔癬、天疱瘡群、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、円形脱毛症(悪性を含む)
  • 通常1日1〜数回適量を塗布する。なお、症状により適宜増減する。

重大な副作用

  • 眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意すること。大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により緑内障、白内障等の症状があらわれることがある。

薬効薬理

※生物学的同等性試験1)

====Cotton pellet肉芽腫法

==

  • SD系雄性ラット( 1 群10匹)を用いたCotton pellet肉芽腫法で、肉芽増殖抑制効果を検討した結果、グリジール軟膏0.05%と標準製剤(軟膏、0.05%)間、またグリジールクリーム0.05%と標準製剤(クリーム、0.05%)間に有意差は認められなかった。

====Carrageenin足浮腫法

==

  • Wistar系雄性ラット( 1 群20匹)を用いたCarrageenin足浮腫法で、Carrageenin誘発足浮腫抑制効果を検討した結果、グリジール軟膏0.05%と標準製剤(軟膏、0.05%)間、またグリジールクリーム0.05%と標準製剤(クリーム、0.05%)間に有意差は認められなかった。 


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • クロベタゾールプロピオン酸エステル
    (Clobetasol Propionate)

化学名

  • 21-chloro-9-fluoro-11β,17-dihydroxy-16β-methylpregna-1,4-diene-3,20-dione 17-propionate

分子式

  • C

25 H 32 ClFO 5

分子量

  • 466.98

性状

  • 本品は白色〜淡黄色の結晶性粉末で、においはなく味もない。
    本品はアセトン、クロロホルム又はジオキサンに溶けやすく、メタノール又はエタノールにやや溶けやすく、水にはほとんど溶けない。

融点

  • 193〜200℃(分解)

★リンクテーブル★
リンク元医療用医薬品」「emulsifier」「emulsifying agent
関連記事

医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬

emulsifier」

  [★]

emulsifying agent

 

emulsifying agent」

  [★]

emulsifier

剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品