OGTT

経口ブドウ糖負荷試験 oral glucose tolerance test


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/20 13:46:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • A single acute dose of pinitol from a naturally-occurring food ingredient decreases hyperglycaemia and circulating insulin levels in healthy subjects.
  • Hernández-Mijares A, Bañuls C, Peris JE, Monzó N, Jover A, Bellod L, Victor VM, Rocha M.SourceService of Endocrinology, University Hospital Dr. Peset, Av Gaspar Aguilar 90, 46017 Valencia, Spain; Department of Medicine, Faculty of Medicine, University of Valencia, Av Blasco Ibáñez 13, 46010 Valencia, Spain; Foundation for the Promotion of Healthcare and Biomedical Research in the Valencian Community (FISABIO), C/ San Lázaro s/n, 46017 Valencia, Spain; Institute of Health Research INCLIVA, Av Blasco Ibáñez 17, 46010 Valencia, Spain. Electronic address: hernandez_antmij@gva.es.
  • Food chemistry.Food Chem.2013 Nov 15;141(2):1267-72. doi: 10.1016/j.foodchem.2013.04.042. Epub 2013 Apr 24.
  • A limited amount of research suggests that oral ingestion of pinitol (3-O-methyl-d-chiro-inositol) positively influences glucose tolerance in humans. This study assessed the effects of different doses of pinitol supplementation on glucose tolerance, insulin sensitivity and plasma pinitol concentrati
  • PMID 23790912
  • Impaired glucose tolerance in midlife and longitudinal changes in brain function during aging.
  • Thambisetty M, Beason-Held LL, An Y, Kraut M, Metter J, Egan J, Ferrucci L, O'Brien R, Resnick SM.SourceClinical and Translational Neuroscience Unit, Laboratory of Behavioral Neuroscience, National Institute on Aging, National Institutes of Health, Baltimore, MD, USA. Electronic address: thambisettym@mail.nih.gov.
  • Neurobiology of aging.Neurobiol Aging.2013 Oct;34(10):2271-6. doi: 10.1016/j.neurobiolaging.2013.03.025. Epub 2013 Apr 19.
  • We investigated whether individuals with impaired glucose tolerance (IGT) in midlife subsequently show regionally specific longitudinal changes in regional cerebral blood flow (rCBF) relative to those with normal glucose tolerance (NGT). Sixty-four cognitively normal participants in the neuroimaging
  • PMID 23608110
  • Experimental diabetes treated with trigonelline: effect on key enzymes related to diabetes and hypertension, β-cell and liver function.
  • Hamden K, Bengara A, Amri Z, Elfeki A.SourceBiotechnology High School of Sfax (ISBS), University of Sfax, Soukra Km 4.5, P.O. Box 261, 3038, Sfax, Tunisia, khaled.hamden@yahoo.fr.
  • Molecular and cellular biochemistry.Mol Cell Biochem.2013 Sep;381(1-2):85-94. doi: 10.1007/s11010-013-1690-y. Epub 2013 Jun 11.
  • Type 2 diabetes is quite diverse, including the improvement of insulin sensitivity by dipeptidylpeptidase-4 (DPP-4) inhibitor, α-glucosidase inhibitors, and the protection of β-cells islet. The aim of this study was to search the effect of trigonelline (Trig) on DPP-4, α-glucosidase and angiotens
  • PMID 23754616

Japanese Journal

  • Anti-Diabetic Effects of a Kaempferol Glycoside-Rich Fraction from Unripe Soybean (Edamame, Glycine max L. Merrill. 'Jindai') Leaves on KK-A^y Mice
  • ZANG Yanqing,SATO Hideyo,IGARASHI Kiharu
  • Bioscience, biotechnology, and biochemistry 75(9), 1677-1684, 2011-09-23
  • … The area under the curve (AUC) in the oral glucose tolerance test (OGTT) tended to be decreased by feeding K and KG. …
  • NAID 130000940061
  • 空腹時血糖およびHbA1cからみた耐糖能異常の診断
  • 田邉 真帆,荒瀬 康司,辻 裕之 [他]
  • 人間ドック 26(3), 480-484, 2011-09
  • NAID 40019017714

Related Links

ブドウ糖負荷試験(OGTT)についてです。会社などの健康診断で朝の空腹時血糖値に 異常が見つかると、このブドウ糖負荷試験(OGTT)を病院にて受診するように言われます 。このブドウ糖負荷試験(OGTT)とは、糖尿病かどうかを最終的に判断・・・
経口ブドウ糖負荷試験(けいこうブドウとうふかしけん、Oral glucose tolerance test, OGTT)は、糖尿病の診断方法のひとつ。糖尿病が疑われる患者に対し、短時間に一定 量のブドウ糖水溶液を飲んでもらい、一定時間経過後の血糖値の値から、糖尿病が 存在 ...


Related Pictures

 140: Context is Everything II: The OGTTBorofergie’s DIY OGTT Glucose Response  ogtt trinkt der patient nüchtern eineOGTTogtt ali potrditveni 3 urni 100g ogtt ogtt The response measured reflects two things:



★リンクテーブル★
国試過去問104B052」「104B050」「104B051」「104G041」「104I076
リンク元経口ブドウ糖負荷試験
拡張検索75g OGTT」「75g-OGTT」「75gOGTT

104B052」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから[[[尿糖]]陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • その後の経過   入院後1週間加療を行った時点で治療継続を拒否し、退院した。退院後は受診していなかったが、妊娠35週4日に少量の性器出血と右季肋部痛とを主訴に来院した。再入院時の脈拍104/分、整。血圧160/104mmHg。尿蛋白100mg/dl。血液所見:赤血球 270万、Hb 9.0g/dl、Ht 28 %、白血球 9,200、血小板 9.0万。血液生化学所見: AST 480IU/l、ALT 460IU/l、LD 700IU/l(基準176-353)。緊急帝王切開を行うこととした。
  • 注意すべき母児の合併症はどれか。3つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 104B051]←[国試_104]→[104B053

104B050」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • この患者で正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104B049]←[国試_104]→[104B051

104B051」

  [★]

  • 次の文を読み、50-52の問いに答えよ。
  • 34歳の1回経産婦。妊娠31週5日に周産期管理目的で紹介され来院した。
  • 現病歴:   半年前に無月経を主訴として自宅近くの診療所を受診し、妊娠7週と診断された。診療所で健診を受けていたが、妊娠10週時に胎児頭殿長 CRLから分娩予定日が補正された。補正後の妊娠16週ころから尿糖陽性が時々認められていたが、27週時から尿糖強陽性(定性試験で3+)が出現したため29週時に75g経口ブドウ糖負荷試験 OGTTが施行された。負荷前値: 110mg/dl、1時間値: 204mg/dl、2時間値 168mg/dlであった。
  • 既往歴:   特記すべきことはない。耐糖能低下を指摘されたことはない。
  • 月経歴:   初経11歳。月経周期28日、整。持続5-6日。月経障害なし。
  • 妊娠・分娩歴:  25歳時に正常経腟分娩(妊娠39週、3,790g)。
  • 家族歴:   母が糖尿病。
  • 現 症:   意識は清明。身長156cm、体重76kg(妊娠前体重62.5kg、BMI 25.7)。体温37℃。脈拍88/分、整。血圧136/86mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腿浮腫を認めない。内診で胎児先進部は児頭で子宮口は閉鎖。超音波検査で子宮頚管長は4.2cmで胎児推定体重は2,200g(+1.8SD)、明らかな奇形は認めない。Biophysical profile scoreは10点である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖2+、ケトン体(-)。血液所見:赤血球 305万、Hb 10.2 g/dl、Ht 31%、白血球 6,900、血小板 11万。血液生化学所見:血糖 148mg/dl、HbA1c 6.8%、総蛋白 7.0g/dl、アルブミン 4.2g/dl、尿素窒素 16mg/dl、クレアチニン 0.6mg/dl、尿酸 7.8mg/dl、総コレステロール 240mg/dl、トリグリセリド 130mg/dl、総ビリルビン 0.8mg/dl、直接ビリルビン 0.5 mg/dl、AST 40IU/l、ALT 48IU/l、LD 320IU/l(基準176-353)、ALP 270IU/l(基準115-359)。
  • 入院後の検査項目として重要でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104B050]←[国試_104]→[104B052

104G041」

  [★]

  • 39歳の男性。腹痛を主訴に来院した。10年前からたびたび腹痛発作で通院加療を受けている。来院時の腹部造影CT(別冊No.4A、B)を別に示す。
  • 診断に有用なのはどれか。3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104G040]←[国試_104]→[104G042

104I076」

  [★]

  • 28歳の初産婦。妊娠10週に1絨毛膜2羊膜双胎と診断された。妊娠28週に1児の羊水過多を指摘された。子宮収縮が5分おきにみられる。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 104I075]←[国試_104]→[104I077

経口ブドウ糖負荷試験」

  [★]

oral glucose tolerance test, OGTT, oral glucose tolerance
グルコース負荷試験経口グルコース負荷試験糖尿病血糖値HbA1c

[show details]

  • 糖尿病の鑑別診断法の一種
  • 慢性膵炎を疑う場合に、膵臓の内分泌機能を評価する場面でも用いられる、はず。

75g OGTT」

  [★] 75g経口ブドウ糖負荷試験

75g-OGTT」

  [★] 75g経口ブドウ糖負荷試験

75gOGTT」

  [★] 75g経口ブドウ糖負荷試験