肺過膨張


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 奨励賞 受賞報告 6分間歩行試験におけるCOPD患者の呼吸循環反応と呼吸困難に関する研究 (第23回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会(東京))
  • 佐竹 將宏,塩谷 隆信,高橋 仁美 [他]
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 24(1), 13-19, 2014-04
  • NAID 40020097061
  • 病因・病態生理・併存症・合併症 (特集 日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版をめぐって)
  • 木村 弘,吉川 雅則
  • 日本胸部臨床 72(11), 1189-1200, 2013-11
  • NAID 40019851103

Related Links

2006年6月17日 ... 健康診断の結果、肺過膨張といわれました。「要精密検査」とも書かれてしまいました。 喫煙者であることを申告していないのに「何年吸っているの?」「1日何本吸ってい...


Related Pictures

動的過膨張を測定するための が できず 肺 が 過 膨張 して 気胸、皮下気腫、縦隔洞気腫 長袖方向に肺が過膨張して の 平 低 化 d 肺 の 過 膨張  写真 の よう に 過 膨張 横隔膜



★リンクテーブル★
国試過去問108E066」「111A054」「109I051
関連記事膨張

108E066」

  [★]

  • 次の文を読み、 66~ 68の問いに答えよ。
  • 72歳の女性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴:約半年前から労作時の呼吸困難を自覚していた。当初は階段や急な坂を登る時のみであったが次第に悪化し、より軽い労作でも呼吸困難を感じるようになった。現在では 2. 3分の平地歩行でも呼吸困難を自覚するようになったが、安静時には症状はない。
  • 既往歴: 20歳時に副鼻腔炎手術。 38歳時に子宮筋腫手術。 10年前から高血圧症に対し内服治療中。
  • 生活歴:喫煙歴はない。 1年前から室内でネコを飼っている。
  • 家族歴:夫が 3年前に肺癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 152 cm、体重 52 kg。体温 36.1℃。脈拍 88/分、整。血圧 122/68 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 97% ( room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張と口唇のチアノーゼとを認めない。心雑音を聴取しないが胸骨左縁第 2肋間で II音の亢進を認める。呼吸音は正常で、呼吸副雑音を聴取しない。腹部診察で異常を認めない。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)。血液所見:赤血球 396万、 Hb 13.0 g/dl、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 23万、 Dダイマー 3.6 μg/ml(基準 1.0以下 )。血液生化学所見:総蛋白 7.2 g/dl、アルブミン 4.2 g/dl、総ビリルビン 0.7 mg/dl、AST22 IU/l、ALT 20 IU/l、LD 256 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 10 mg/dl、クレアチニン 0.6 mg/dl、Na 139 mEq/l、K 4.9 mEq/l、Cl 109 mEq/l、脳性ナトリウム利尿ペプチド〈BNP〉140 pg/ml(基準 18.4以下 )。 CRP 0.2 mg/dl。
  • 胸部エックス線写真 (別冊 No. 16)を別に示す。
  • 認められるのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 108E065]←[国試_108]→[108E067

111A054」

  [★]

  • 5歳の男児。咳嗽と呼吸困難とを主訴に両親に連れられて来院した。3日前から発熱、咳嗽および喘鳴が出現したため、かかりつけ医を受診しβ2刺激薬の吸入と経口副腎皮質ステロイドが処方された。昨夜から解熱したが呼吸困難のため夜間眠れなくなり、再度かかりつけ医を受診したところ喘鳴と鎖骨上窩の皮膚の握雪感とを認めたため紹介された。来院時、会話ができない状態であった。
  • この患児の胸部エックス線写真で予想される所見はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 111A053]←[国試_111]→[111A055

109I051」

  [★]

  • 16歳の女子。呼吸困難のため搬入された。母親と口論した後に息苦しさと両手足のしびれ感とを訴え、次第に増悪するため救急搬送された。意識は清明。身長 160cm、体重 52kg。体温 36.4℃。心拍数 96/分、整。血圧 96/48mmHg。呼吸数 22/分。顔貌は不安様である。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。両手指は硬直している。血液所見:赤血球 380万、Hb 13.0g/dL、Ht 38%、白血球 6,800、血小板 25万。
  • この患者でみられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109I050]←[国試_109]→[109I052

膨張」

  [★]

expansionswellinginflationdistentiondilatationexpandswelldistenddilateinflate
インフレ拡大拡張散大腫大腫脹伸長増殖増大怒張発展肥大広がる膨化膨潤隆起