マルファ

水酸化マグネシウム水酸化アルミニウム


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/12/15 07:14:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 循環器系 マルファン症候群,血管型Ehlers-Danlos症候群 (特集 重篤な疾患を合併する妊産婦の管理)
  • 樹脂・金属接合技術「アマルファ」とその応用例 (特集 異種材料接着技術)
  • 林 知紀
  • JETI : Japan energy & technology intelligence 62(10), 136-139, 2014-09
  • NAID 40020206349
  • 樹脂・金属接合技術「アマルファ」の接合メカニズムと耐久性 (特集成形工場の自動化・成形技術の差別化) -- (樹脂の最新接合技術)
  • 林 知紀
  • プラスチックスエージ = Plastics age 60(8), 71-75, 2014-08
  • NAID 40020154225

Related Links

マルファ,(マーロックス)とは?複合制酸剤の効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけでは ...
マルファとは。効果、副作用、使用上の注意。制酸剤は、潰瘍(かいよう)の原因となる胃酸を中和させ、酸性で消化力の強いペプシンの作用を消滅させたり、低下させる薬です。現在使用されている薬は従来のものに比べて、作用は ...


Related Pictures

石畳と白壁が美しいマルファ村マルファ配合内服液 - 添付文書 マルファ配合内服液 - 添付文書  マルファ。--たびnavi.~Travel Navi東洋製化 マルファ配合 包装 マルファ・アプラークシナ

Japan Pharmaceutical Reference

薬効分類名

  • 消化性潰瘍・胃炎治療剤

販売名

マルファ懸濁用配合顆粒

組成

  • マルファ懸濁用配合顆粒は、1g中乾燥水酸化アルミニウムゲル448mg(酸化アルミニウムとして224mg)及び水酸化マグネシウム400mgを含有する。
  • 添加物としてD−マンニトール、結晶セルロース、カルメロースナトリウム、カルメロースカルシウム、アスパルテーム(L−フェニルアラニン化合物)、香料を含有する。

禁忌

  • 透析療法を受けている患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等があらわれることがある。〕

効能または効果

下記疾患における制酸作用と症状の改善

  • 胃・十二指腸潰瘍、胃炎、上部消化管機能異常
  • 通常成人には1日1.6〜4.8gを数回に分割し、本品1gに対し用時約10mLの水に懸濁して経口投与するか、または、そのまま経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者〔高マグネシウム血症、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、貧血等があらわれるおそれがあるので、定期的に血中マグネシウム、アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。〕
  • 心機能障害のある患者〔マグネシウムは、心機能を抑制する作用がある。〕
  • 下痢のある患者〔水酸化マグネシウムの緩下作用により、下痢を促進するおそれがある。〕
  • 高マグネシウム血症の患者〔血中マグネシウム濃度を上昇させるおそれがある。〕
  • リン酸塩低下のある患者〔アルミニウムは無機リンの吸収を阻害する。〕

薬効薬理

  • 制酸及び胃粘膜保護作用を有する。3,4)

生物学的同等性試験

制酸力試験

  • マルファ懸濁用配合顆粒と標準製剤を用いて、in vitroで制酸力試験を行った結果、両剤の制酸力に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。5)

抗潰瘍作用

  • マルファ懸濁用配合顆粒と標準製剤を用いて、ラットにおける幽門結紮・アスピリン潰瘍生成に対する抑制率を測定した結果、両剤は用量依存的な抑制効果を示した。また、両剤の抑制効果に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。6)

抗胃粘膜病変作用

  • マルファ懸濁用配合顆粒と標準製剤を用いて、ラットの塩酸・エタノールによる胃粘膜損傷の発生に対する抑制率を測定した結果、両剤は用量依存的な抑制効果を示した。また、両剤の抑制効果に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。6)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 乾燥水酸化アルミニウムゲル(Dried Aluminum Hydroxide Gel)

性状

  • 白色の無晶性の粉末で、におい及び味はない。
    水、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    希塩酸又は水酸化ナトリウム試液に大部分溶ける。

一般名

  • 水酸化マグネシウム(Magnesium Hydroxide)

分子式

  • Mg(OH)2

分子量

  • 58.32

性状

  • 白色の粉末で、においはない。
    水又はエタノール(95)にほとんど溶けない。
    希塩酸に溶ける。

★リンクテーブル★
リンク元酸化マグネシウム」「制酸剤」「水酸化マグネシウム
拡張検索マルファ配合」「逆マルファン症候群」「マルファン様過剰運動性症候群

酸化マグネシウム」

  [★]

magnesium oxide
magnesii oxydum
アイスフラットアクアスチン配合アシドレス配合イリコロンM配合ウィットコップエクセラーゼ配合カイマックスカマグGコランチル配合タイメックタイメック配合ディクアノンディクアノン配合フランセチン・T・パウダーマーレッジマーロックスマグテクト配合マグミットマグラックスマックメットマルファマルファ配合マロゲンミルマグラベプラゾールナトリウムリタロクスレスポリックス配合軽カマ軽炭マ重カマ重質酸化マグネシウム重質炭酸マグネシウム重炭マ炭酸マグネシウム
  • 軽質酸化マグネシウム:> 30mL / 5g ? :粉末の体積が大きいので飛散しやすく取り扱いにくい。
  • 重質酸化マグネシウム:≦ 30mL / 5g   :作用の発現が軽質のものにくらべて遅い。

制酸剤」

  [★]

antacid
制酸薬

商品

水酸化マグネシウム」

  [★]

magnesium hydroxide
アイスフラットアクアスチン配合アシドレス配合ウィットコップタイメックタイメック配合ディクアノンディクアノン配合マーレッジマーロックスマグテクト配合マックメットマルファマルファ配合ミルマグリタロクス

マルファ配合」

  [★] 水酸化アルミニウムゲル(酸化アルミニウム)、水酸化マグネシウム

制酸剤

逆マルファン症候群」

  [★]

inverted Marfan syndrome
マルケサニー症候群

マルファン様過剰運動性症候群」

  [★]

marfanoid hypermobility syndrome