ベツォルド-ヤーリッシュ反射

ベツォルト-ヤーリッシュ反射



★リンクテーブル★
国試過去問100C025
リンク元下壁梗塞」「ベツォルト-ヤーリッシュ反射
関連記事反射

100C025」

  [★]

  • 次の文を読み、25~27の問いに答えよ。
  • 55歳の男性。激しい胸痛のため救急車で搬入された。
  • 現病歴:1週前から階段を昇るときに前胸部痛を自覚したが安静にて消失するため放置していた。今朝から激しい前胸部痛が出現し持続している。
  • 既往歴:48歳から高脂血症で加療中である。
  • 現症:意識は清明。顔面は苦悶様である。体温36.6℃。呼吸数25/分。脈拍64/分、整。血圧144/96mmHg。貧血と黄疸とを認めない。皮膚は冷汗をかき湿潤である。心雑音はない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦。下腿に浮腫を認めない。
  • 検査所見:尿所見:比重1.018、蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。血液所見:赤血球520万、Hb16.7g/dl、Ht50%、白血球10,400、血小板26万。血清生化学所見:尿素窒素28mg/dl、クレアチニン1.1mg/dl、AST55単位、ALT20単位、LDH350単位(基準176~353)、CK680単位(基準10~40)、Na144mEq/l、K4.2mEq/l、Cl106mEq/l。心電図を以下に示す。
  • まず行う処置はどれか。2つ選べ。


  • ST上昇:II.III.aVF。(軽度)V5,V6 →下壁梗塞 + 側壁梗塞
  • ST低下:(reciprocal change)I,aVL,V1-V4


[show details]

[正答]


※国試ナビ4※ 100C024]←[国試_100]→[100C026

下壁梗塞」

  [★]

inferior wall infarction
心筋梗塞急性心筋梗塞冠状動脈

心電図

  • 上昇:II, III, aVF
  • 鏡胸像:I, aVL, V2, V3

[show details]

QB CBR vol.3 p.201 PHD. 102
I II III aVR aVL aVF V1 V2 V3 V4 V5 V6 冠動脈
                  RCA

支配血管

梗塞部位

  • 心房
  • 右室
  • 左心室

病態

症状

国試

ベツォルト-ヤーリッシュ反射」

  [★]

Bezold-Jarisch reflex
ベツォルド-ヤーリッシュ反射 べゾルト-ヤーリッシュ反射 Bezold-Jarisch反射
下壁梗塞

[show details]

  • 心室の化学受容器刺激により引き起こされる徐脈・低血圧反射
  • 下壁に豊富に迷走神経が分布しており、下壁梗塞ではベツォルト-ヤーリッシュ反射により徐脈、低血圧を来す。

反射」

  [★]

reflex
反射の一覧

反射中枢の存在レベルによる分類

構成要素からの分類

cf.原始反射

原始反射

  • 生命維持のためにする反射
  • 正常な新生児において特徴的に観察される反射的行動を総称してこう呼ぶ。

原始反射の例

  • 乳さがし反射: 口の片側を触られると、赤ん坊の頭がそちらのほうを向くという反射。
  • 吸啜反射: 赤ん坊の口の中にものを入れると、すぐにそれを吸い始めるという反射。
  • モロー反射: 赤ん坊の背中と頭を支えて仰向けにした状態で、上体を数cm上方に起こし、手で支えながら急に頭部を落下させると、両手と両足を左右対称的に外側に伸ばし、それに続いてゆっくりと抱き込むような上肢の運動が見られる反射。大きな音などで驚いたときにも見られる。
  • バビンスキー反射: 足の裏の外縁をゆっくりと踵からつま先に向かってこすることにより、母趾(おやゆび)が背屈し他の4趾が開く(開扇現象)反射。

参考(読んでおく)

[反射]