ケアマネジャー

care manager

介護支援専門員


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/03/29 21:08:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • ケアマネジャーによる仕事と介護の両立支援の現状 (特集 介護は労働に何を問うのか)
  • 松浦 民恵,武石 恵美子,朝井 友紀子
  • 日本労働研究雑誌 57(5), 66-79, 2015-05
  • NAID 40020462133
  • 紡ぐ物語 : ケアマネジャーにできること(135)もう一つの人生(後編)こんな暮らし方もあったのか。
  • どうかかわる? どこまでかかわる? 失敗から学ぶ 利用者の権利擁護(5)親のお金は子どものお金? 家族間の金銭問題へのかかわり方

Related Links

ケアマネさん同士で悩みを相談する掲示板やブログ、スキルアップのためのケアプラン 事例検討会や専門記事、ケアマネ試験の解答速報などケアマネージャーをする上で ケアマネさんの業務をサポートをする情報サイトです。
介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)は、介護保険法において要支援・要介護 認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護 サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる者。通称ケアマネジャー。略称ケアマネ ...



★リンクテーブル★
国試過去問105E063」「112B043」「109H030」「112C045」「105G007」「112F034」「106G034」「109G003
リンク元介護支援専門員」「ケアプラン
関連記事ケア」「アマ」「ネジ」「ジャー

105E063」

  [★]

  • 次の文を読み、63-65の問いに答えよ。
  • 58歳の男性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴   2年6か月前から転倒しやすくなったため、自宅近くの診療所を受辞し、右下肢の筋力低下を指摘された。上肢の筋力低下も出現し、2年前に総合病院の神経内科で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断を受けた。介護保険サービスを利用しながら在宅療養していたが、半年前から球麻痺症状が出現し、徐々に発声量が低下した。2、3日前から微熱と鼻汁とがあり、喀痰の量が増加し、喀痰排出が困難となって、呼吸困難が出現した。
  • 既往歴   特記すべきことはない。
  • 生活歴   管理職であったが、発症後退職した。専業主婦の妻との2人暮らし。子どもは2人いるが、それぞれ独立している。
  • 現症   意識は清明。身長172cm、体重54kg。体温37.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/78mmHg。経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)88%。咽頭に軽度発赤を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。胸郭の動きは不良である。腹部所見に異常を認めない.直腸指診前立腺に肥大を認めない。構昔障害は強いが、かろうじて単語レベルでのコミュニケーションが可能である。下肢の筋萎縮が著しく、筋力低下のため歩行困難で常時車椅子を使用している。排泄、入浴は全介助である。上肢の筋力は著しく低下し、食事は全介助で、水分摂取にはとろみを要する。
  • 検査所見  血液所見:赤血球386万、Hb 11.4g/dl、Ht 38%、白血球 9,200、血小板 24万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 6.0g/dl、アルブミン 3.2g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.9mg/dl、AST 38IU/l、ALT 30IU/l、LD 204IU/l(基準176-353)、Na 136mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 98mEq/l。CRP 1.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.38、PaCO2 50Torr、PaO2 55Torr、HCO3- 30mEq/l。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。
  • その後の経過   頻回の喀痰吸引でSpO2は93%まで改善し、その後解熱し呼吸困難も消失した。本人と家族は在宅療養の継続を強く希望しており、その準備のためのカンファレンスを開催することになった。
  • カンファレンスへの参加が必要ないのは誰か。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E062]←[国試_105]→[105E064

112B043」

  [★]

  • 次の文を読み、42、43の問いに答えよ。
  • 76歳の女性。息切れを主訴に来院した。
  • 現病歴:1年前から息切れを自覚するようになり、3か月前から10分程度歩くと息切れがするようになった。3日前に風邪をひいてから息切れが増悪して動けなくなったため、同居の娘に伴われて総合病院の呼吸器内科外来を受診した。
  • 既往歴:糖尿病、高血圧症、慢性心不全(NYHAⅡ)、変形性膝関節症、骨粗鬆症および不眠で複数の医療機関に通院していた。半年前からこれらの医療機関の受診が滞りがちになっていた。
  • 生活歴:娘と2人暮らし。日中、娘は仕事に出ている。摂食、排泄および更衣は自分でできるが、家事や外出は困難で、入浴は娘が介助している。喫煙は15本/日を45年間。飲酒歴はない。
  • 現症:意識は清明。身長 158cm、体重 42kg。体温 36.6℃。脈拍 104/分、整。血圧 120/76mmHg。呼吸数 28/分。SpO2 93%(room air)。皮膚は正常。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸部に甲状腺腫大やリンパ節を触知せず、頸静脈の怒張を認めない。呼吸補助筋が目立つ。心音に異常を認めない。呼吸音は両側の胸部にwheezesを聴取するが、cracklesは聴取しない。腹部は平坦、軟。四肢に浮腫を認めない。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは27点(30点満点)。
  • 検査所見:胸部エックス線写真で肺の過膨張を認めるが、浸潤影や肺うっ血を認めない。心胸郭比は53%。胸部CTで全肺野に低吸収域(low attenuation area)を認める。
  • 副腎皮質ステロイドの内服とβアゴニスト吸入の外来治療を4日間行い、呼吸器の急性症状は改善しSpO2は96%(room air)となった。しかし、看護師から「これからも禁煙するつもりはないけど、病院には通わないといけないのかね」と患者が話していると聞いた。
  • この患者の療養を支援していくために重要性が低いのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112B042]←[国試_112]→[112B044

109H030」

  [★]

  • 78歳の男性。脳梗塞で入院中である。急性期リハビリテーションを終えて片麻痺が残っている。前立腺肥大による排尿障害があり尿道カテーテルを留置中である。同居している息子夫婦は共働きで日中は独居となる。自宅への退院を予定しており多職種での退院カンファレンスを行った。
  • 退院後の医療と介護の計画で適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109H029]←[国試_109]→[109H031

112C045」

  [★]

  • 72歳の男性。脳梗塞で入院し、急性期治療を終え、現在は回復期病棟でリハビリテーションを行っている。右半身麻痺と嚥下障害が残存しているが、病状が安定してきたので退院を見据えて療養環境を調整することになった。
  • 多職種連携における職種と役割の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 112C044]←[国試_112]→[112C046

105G007」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105G006]←[国試_105]→[105G008

112F034」

  [★]

  • 在宅医療におけるチーム医療として正しいのはどれか。
  • a 患者情報は職種間で共有する。
  • b 患者が独居の場合適応にならない。
  • c チーム内の医師は一人の方が良い。
  • d ケアマネジャー主体でチームを構成する。
  • e 多職種カンファレンスに患者の家族は同席できない。


[正答]


※国試ナビ4※ 112F033]←[国試_112]→[112F035

106G034」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106G033]←[国試_106]→[106G035

109G003」

  [★]

  • a 資格試験はない。
  • b 入浴介助を行う。
  • c 関係機関との連絡調整を行う。
  • d 医師の指示でケアプランを作成する。
  • e 週1回、利用者を訪問する必要がある。


[正答]


※国試ナビ4※ 109G002]←[国試_109]→[109G004

介護支援専門員」

  [★]

ケアマネジャー care managerケースマネジャー case manager
介護保険法


  • 国家資格ではないが介護保険法に規定されている。
  • 要介護者又は要支援者(以下「要介護者等」という。)からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービス、介護予防サービス又は地域密着型介護予防サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、地域密着型サービス事業を行う者、介護保険施設、介護予防サービス事業を行う者、地域密着型介護予防サービス事業を行う者等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識及び技術を有するものとして第六十九条の七第一項の介護支援専門員証の交付を受けたものをいう。(介護保護法第5項)

ケアプラン」

  [★]

care plan
  対象 事業所 ケアプラン作成主体
介護予防ケアプラン 要支援者 地域包括支援センター 保健師など
(介護の)ケアプラン 要介護者 居宅介護支援事業所 ケアマネジャー(家族も可能)

ケア」

  [★]

care
看護心配世話注意治療介護

アマ」

  [★]

flaxLinum usitatissimum
亜麻亜麻仁アマ属

ネジ」

  [★]

screw
スクリュー

ジャー」

  [★]

jar
広口瓶