100F034

  • 75歳の男性。腹部膨満嘔吐とを主訴に来院した。65歳から高血圧症で降圧薬を服用中である。腹部手術の既往はない。半年前から排便困難と便柱狭小とがあり、時々血便も認めていた。1週前から便秘が続き、昨日から排ガスが消失した。腹部は全体に膨隆しているが、圧痛や筋性防御は認めない。直腸診で全周性の腫瘤を触知する。血液所見:赤血球380万、Hb10.2g/dl、Ht33%、白血球8,600、血小板38万。血清生化学所見:総蛋白6.2g/dl、アルブミン3.8g/dl、尿素窒素20mg/dl、尿素窒素20mg/dl、クレアチニン1.0mg/dl。免疫学所見:CRP0.5mg/dl、CEA15ng/ml(基準5以下)。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F033]←[国試_100]→[100F035



★リンクテーブル★
国試過去問100F035」「100F033
リンク元直腸癌

100F035」

  [★]

  • 52歳の女性。人間ドックで胃の病変を指摘され来院した。身体診察で腹部に異常を認めない。上部消化管造影写真と内視鏡写真とを以下に示す。
  • 治療として最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F034]←[国試_100]→[100F036

100F033」

  [★]

  • 62歳の男性。腹部不快感を主訴に来院した。1年前に大腸癌の手術を受けた。腹部造影CTを以下に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 100F032]←[国試_100]→[100F034

直腸癌」

  [★]

rectal cancer, cancer of the rectum
carcinoma recti
大腸癌直腸colorectal cancer


治療

  • 治療方針:
  • イレウス状態になっている直腸癌に対しては
  • 1. 経肛門的にイレウス管を挿入・減圧後、一期的手術 ← 増えてきている。
  • 2. 人工肛門造設、腫瘍摘出の二期的手術

手術療法

  粘膜内癌 粘膜下層癌 RS Ra Rb P
内視鏡的粘膜切除術          
内視鏡的粘膜下層剥離術        
前方切除術 高位前方切除術          
低位前方切除術        
超低位前方切除術 結腸肛門吻合術        
結腸嚢肛門吻合術        
直腸切断術(Mile's手術)        
  • Hartmann手術:遺残直腸は閉鎖し、結腸口側を人工肛門とする。

国試