098F033

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 62歳の女性。意識障害のため家族とともに来院した。
  • 現病歴 : このところ忙しく便秘気味であった。昨夕から食事中に箸を落としたり、しばらくボーッとするなど、少し様子がおかしいことに家族が気付いた。
  • 既往歴 : 30歳時分娩の際に大量出血をきたし輸血を受けた。病院に行くのが嫌いなため、その後血液検査を受けたことがない。
  • 現症 : 意識はやや低下している。身長157cm、体重56kg。体温35.8℃。脈拍80/分、整。血圧146/82mmHg。眼球結膜に軽度の黄染を認める。胸部にくも状血管腫を認める。腹部は平坦、軟で、心窩部に肝を8cm触知する。脾は触知しないが、脾濁音界は拡大している。下肢に浮腫は認めない。


  • この患者の血中で低下しているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 098F032]←[国試_098]→[098F034



★リンクテーブル★
国試過去問098F032」「098F034
リンク元肝性脳症

098F032」

  [★]

  • 次の文を読み、31、32の問いに答えよ。
  • 28歳の女性。全身倦怠と食欲不振のため来院した。診察と即日検査の結果、著明な肝障害があり、医師は入院治療が必要であると判断した。その時の会話を以下に示す。
  • 医師「検査結果も踏まえて説明しますと、肝臓の機能が大変悪くなっているので、入院した上で安静にして治療しなくてはいけません。」
  • 患者「ええっ、入院?私入院はしたくありません。絶対に。」
  • 医師「どうしてですか。」
  • 患者「どうしてもだめなんです。」
  • 医師「分かりました。あなたが入院したくないと思っていることは分かりました。では、どうして入院したくないのかを教えてくださいませんか。」
  • 患者「入院できないんですよ。母が家で一人になってしまいますから。母は自分では何もできないのです。うつ病なんです。自殺するかもしれないし、とにかく一人で家に置いておけないのです。」
  • 医師「なるほど、お母さんのことをとても心配していらっしゃるのですね。
  • 患者「そうです。」(少し涙ぐむ。)
  • 医師「分かりました。入院できない理由がよく分かりました。それでは、こうしたらいかがでしょう。」
  •                        (以下略)
  • 下線部の医師の対応はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098F031]←[国試_098]→[098F033

098F034」

  [★]

  • 次の文を読み、33、34の問いに答えよ。
  • 62歳の女性。意識障害のため家族とともに来院した。
  • 現病歴 : このところ忙しく便秘気味であった。昨夕から食事中に箸を落としたり、しばらくボーッとするなど、少し様子がおかしいことに家族が気付いた。
  • 既往歴 : 30歳時分娩の際に大量出血をきたし輸血を受けた。病院に行くのが嫌いなため、その後血液検査を受けたことがない。
  • 現症 : 意識はやや低下している。身長157cm、体重56kg。体温35.8℃。脈拍80/分、整。血圧146/82mmHg。眼球結膜に軽度の黄染を認める。胸部にくも状血管腫を認める。腹部は平坦、軟で、心窩部に肝を8cm触知する。脾は触知しないが、脾濁音界は拡大している。下肢に浮腫は認めない。
  • 摂取を制限するのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098F033]←[国試_098]→[098F035

肝性脳症」

  [★]

hepatic encephalopathy
(部分症)肝性昏睡門脈大循環性脳症門脈体循環性脳症

定義

  • 肝不全に伴う脳症(精神症状を呈する)

病因

  • 肝硬変、劇症肝炎
  • 劇症肝炎
  • 肝細胞機能不全
  • 肝硬変
  • 肝細胞機能不全 + 門脈-大循環短絡

病態

  • 種々の原疾患により肝性脳症を来す物質が蓄積、中枢神経に移行して脳症を発症する

原因物質

症状

国試