回復期リハビリテーション

リハビリテーション

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%BE%A9%E6%9C%9F%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
  • 2. 全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会
[display]http://www.rehabili.jp/index2.html


国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/21 17:12:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 回復期リハビリテーション病棟入院料のマネジメント (特集 変わりゆく「施設基準」を読む : 2025年改革と診療報酬・施設基準の近未来像) -- (「施設基準」完全攻略マネジメント術 : 株式会社メディヴァ)
  • 月刊保険診療 = Journal of health insurance &medical practice 70(4), 42-45, 2015-04
  • NAID 40020438301
  • 復職・再就労した脳卒中患者が急性期・回復期リハビリテーション病院に望むこと : 就労支援の視点から (第9回研究発表会)
  • 三好 智美,奥宮 暁子
  • 国際リハビリテーション看護研究会誌 14(1), 41-44, 2015-03-31
  • NAID 40020418025
  • 回復期リハビリテーション病棟における外出・外泊に関するスタッフの意識調査 (第9回研究発表会)
  • 大野 寛子,松田 裕美,佐藤 絵馬
  • 国際リハビリテーション看護研究会誌 14(1), 37-40, 2015-03-31
  • NAID 40020418020
  • 高齢者に対する脊椎手術後のリハビリテーションについての注意点 (特集 高齢者の脊髄障害)
  • 三上 靖夫,池田 巧,沢田 光思郎 [他]
  • Monthly book medical rehabilitation (181), 51-58, 2015-03
  • NAID 40020438252

Related Links

(ご注意) 当サイトに掲載またはリンクしている書式において、平成24年9月までに発せられた案内文書は「全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会発名」となっておりますが、当協会が事業の継承をしておりますので発名を ...
〒110-0015 東京都台東区東上野1-28-9 キクヤビル5階 TEL.03-5816-8061 FAX.03-5816-8063 E-mail. kaifukuki@rehabili.jp ... リハ病棟をお探しの患者さまやご家族の皆さまへ 回復期リハビリテーション病棟とは 大きな病気や怪我をすると ...
当院の回復期リハビリテーション病棟は、回復期リハ制度が創設された半年後の2000年11月に神奈川県で最も早く開設され、以後もパイオニアとして運営しています。


Related Pictures



★リンクテーブル★
国試過去問104B061」「104B060」「103B034
関連記事リハビリテーション」「回復」「回復期」「リハビリ

104B061」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴   普段どおり起床し、特に変わった様子はなかった。8時ころ外出した妻が昼過ぎに帰宅し、床に倒れている患者を発見した。意識がもうろうとしており、救急車を要請し救命救急センターに搬入された。
  • 既往歴   75歳で慢性心不全心房細動高血圧
  • 生活歴   2世帯住宅で1階に妻と二人暮らし。
  • 現 症   意識レベルはJCS II-10。体温37.1℃。脈拍72/分、不整。血圧182/94mmHg。心尖部に3/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。神経学的所見で顔面を含む重度の左片麻痺を認める。
  • 検査所見   心電図で心房細動を認める。頭部MRIの拡散強調像で右中大脳動脈(MCA)領域の高信号域を認める。
  • 経過    妻の話から、発症から受診までの時間経過は不明と判断した。t-PAは使用せず、保存的治療を行った。入院後4日に意識状態は徐々に改善し、意識レベルはJCS I-3 全身状態も落ち着いていたため一般病棟に移動となった。脳梗塞再発予防の目的でワルファリン投与が開始された。1週後に2度日の家族面談が予定されている。
  • 回復期リハビリテーション病棟でのリハビリテーションは順調に進み、屋内歩行は遠位見守り、屋外移動は車椅子介助が必要である。食事、整容は自立している。更衣、トイレ動作は軽介助、入浴は介助レベルとなった。本人、家族とも自宅退院を強く希望している。退院準備として必要がないのはどれか。
  • a 家族に介助の仕方を指導する。
  • b 日中2時間の安静を本人に指示する。
  • c ワルファリンの投与量を最終決定する。
  • d 自宅を訪問して改修プランを提示する。
  • e 多職種によるカンファレンスを開催する。


[正答]


※国試ナビ4※ 104B060]←[国試_104]→[104B062

104B060」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 78歳の男性。意識障害のため搬入された。
  • 現病歴   普段どおり起床し、特に変わった様子はなかった。8時ころ外出した妻が昼過ぎに帰宅し、床に倒れている患者を発見した。意識がもうろうとしており、救急車を要請し救命救急センターに搬入された。
  • 既往歴   75歳で慢性心不全心房細動高血圧
  • 生活歴   2世帯住宅で1階に妻と二人暮らし。
  • 現 症   意識レベルはJCS II-10。体温37.1℃。脈拍72/分、不整。血圧182/94mmHg。心尖部に3/6度の収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。神経学的所見で顔面を含む重度の左片麻痺を認める。
  • 検査所見   心電図で心房細動を認める。頭部MRIの拡散強調像で右中大脳動脈(MCA)領域の高信号域を認める。
  • 経過    妻の話から、発症から受診までの時間経過は不明と判断した。t-PAは使用せず、保存的治療を行った。入院後4日に意識状態は徐々に改善し、意識レベルはJCS I-3 全身状態も落ち着いていたため一般病棟に移動となった。脳梗塞再発予防の目的でワルファリン投与が開始された。1週後に2度日の家族面談が予定されている。
  • a ADLの最終確認を行う。
  • b 診療情報提供書を作成する。
  • c 身体障害者診断書を作成する。
  • d ソーシャルワーカーに転院時の家族支援を依頼する。
  • e 本人と家族へリハビリテーションの最終ゴールを説明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 104B059]←[国試_104]→[104B061

103B034」

  [★]

  • a. 疾病の急性期には行わない。
  • b. 理学療法に医師の処方は不要である。
  • c. 生活の場を想定してプログラムを立てる。
  • d. 自立できない重度障害者は対象とならない。
  • e. 退院後の機能訓練を回復期リハビリテーションという。

[正答]


※国試ナビ4※ 103B033]←[国試_103]→[103B035

リハビリテーション」

  [★]

habilitation
rehabilitation
社会復帰更生更生指導、回律指導、回律訓練

ICFモデルに基づく介入

  • 機能障害
  • 機能障害の改善
  • 合併症の予防と治療
  • 活動制限
  • 残存機能の強化
  • 日常生活動作の訓練(残存能力の応用による機能障害の克服)
  • 補助具の仕様(義肢、装具、杖、車椅子)
  • 参加制約
  • 家屋の改造
  • 周囲の人間の意識の変化
  • 教育の機会の確保
  • 職業的自立の援助
  • 経済的自立の保証
  • 社会参加、レクリエーションへの援助
  • 生活環境の整備

国試

  • 急性期のリハビリは肺葉症候群を避け、なるべく早く離礁させるためのリハビリを行う。また、脳血管障害に合併することが多い嚥下障害に対して、誤嚥性肺炎や脱水を避けるために摂食・嚥下の評価を行う。(QB.J-36)

回復」

  [★]

recoveryrestorationresolutionreversalrestitutionameliorationrecoverrestorereturnregainameliorateresolverecuperate
解決回収回収率解像度寛解帰還逆転再建再建術修復反転復旧分解分解能分割分離戻る戻す返る返す消散復活取り戻す
DNA修復

回復期」

  [★]

回復期患者recovery periodconvalescenceconvalescent

リハビリ」

  [★] リハビリテーション