trichlormethiazide

トリクロルメチアジド

Thiazide diuretics

 

WordNet

  1. diuretic drug (trade name Naqua) used to treat hypertension (同)Naqua

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/16 02:58:44」(JST)

wiki en

[Wiki en表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

English Journal

  • A novel compound heterozygous mutation of Gitelman's syndrome in Japan, as diagnosed by an extraordinary response of the fractional excretion rate of chloride in the trichlormethiazide loading test.
  • Ueda K, Makita N, Kawarazaki H, Fujiwara T, Unuma S, Monkawa T, Hayashi M, Fujita T.SourceDepartment of Nephrology and Endocrinology, University of Tokyo School of Medicine, Japan. koueda-tky@umin.net
  • Internal medicine (Tokyo, Japan).Intern Med.2012;51(12):1549-53. Epub 2012 Jun 15.
  • Gitelman's syndrome (GS), an inherited disorder due to loss of function of ion channels and transporters such as Na-Cl co-transporter (NCCT) in distal convoluted tubules, is characterized by hypokalemia, hypomagnesemia, hypocalciuria, metabolic alkalosis and hyperreninemic-hyperaldosteronism. A 39-y
  • PMID 22728489
  • Prediction of the overall renal tubular secretion and hepatic clearance of anionic drugs and a renal drug-drug interaction involving organic anion transporter 3 in humans by in vitro uptake experiments.
  • Watanabe T, Kusuhara H, Watanabe T, Debori Y, Maeda K, Kondo T, Nakayama H, Horita S, Ogilvie BW, Parkinson A, Hu Z, Sugiyama Y.SourceLaboratory of Molecular Pharmacokinetics, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan.
  • Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals.Drug Metab Dispos.2011 Jun;39(6):1031-8. Epub 2011 Mar 7.
  • The present study investigated prediction of the overall renal tubular secretion and hepatic clearances of anionic drugs based on in vitro transport studies. The saturable uptake of eight drugs, most of which were OAT3 substrates (rosuvastatin, pravastatin, pitavastatin, valsartan, olmesartan, trich
  • PMID 21383204

Japanese Journal

  • Effect of Pharmaceutical Excipients on the Stability of Trichlormethiazide Tablets under Humid Conditions
  • Teraoka Reiko,Matsushima Yuki,Sugimoto Isao,Inoue Kana,Morita Shin-ya,Kitagawa Shuji
  • CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN 57(12), 1343-1347, 2009
  • … The stability of trichlormethiazide (TCM) and the drug in the nine products available on the market (the original tablet (B) and 8 generic tablets (G1—G8)) were investigated under humid conditions. …
  • NAID 130000124532
  • 臨牀研究 furosemide抵抗性浮腫を呈する糖尿病腎症に対するtrichlormethiazideの有用性
  • 志和 亜華,水木 一仁,河村 智一
  • 臨牀と研究 85(6), 934-938, 2008-06
  • NAID 40016118978

Related Links

Trichlormethiazide (INN, currently being sold under the brand names of Achletin, Diu-Hydrin and Triflumen) is a diuretic with properties similar to those of hydrochlorothiazide. It is usually administered for the treatment of oedema ( including that ...
トリクロルメチアジド(Trichlormethiazide)の検索ならお薬検索QLife(キューライフ)。お 医者さんが処方する処方薬と、薬局で買える市販薬(OTC)、の効果と副作用、写真、 添付文書、保管方法等を掲載。商品名だけでなく一般名や剤形、色などからも検索可能 。



★リンクテーブル★
リンク元チアジド系利尿薬」「トリクロルメチアジド

チアジド系利尿薬」

  [★]

thiazide diuretic, benzothiazide diuretic
サイアザイド系利尿薬
利尿薬利尿薬の作用部位sodium-chloride symporter inhibitorギテルマン症候群

特徴

  • 安価である
  • 有効率が高い
  • 遠位尿細管前半部に作用するらしい
  • Na+とCl-の共輸送体(NCCT)を阻害→Na+,Cl- の再吸収を阻害する

排泄される電解質の変化

  • Na↑、K↑、H↑、Ca↓、Mg↑、Cl↑、HCO3↑、H2PO4
チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため (GOO.755) ??
チアジド系利尿薬自体のDCTでの作用による;NCCTを阻害すると細胞内のNa濃度低下、これにより側底膜でのNa+-Ca2+交換系が亢進することでCa2+の再吸収↑ (GOO.755) → つまり管腔側から受動的に引き込まれるということ。
  • ループ利尿薬と同様の機序による (GOO.755)

チアジド系利尿薬

効能・効果

  • 高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫

禁忌

  • 無尿(効果なし)
  • 急性腎不全(腎機能悪化):緻密斑より下流にチアジド系利尿薬の作用部位があるため、GFRを増加させたい場合にフィードバックがかかりにくいため?(緻密斑は適正量のNaが排泄されていると検出し、GFRを低下させても、下流では想定より多くのNaを喪失し、hypovolemicになる?)
  • 電解質異常

副作用

  • 長期間の使用における副作用:低カリウム血症、高尿酸血症高脂血症耐糖能低下、光線過敏症、脂質代謝障害。高カルシウム血症(YN.C-62) → (利尿薬参照。ループ利尿薬との違いはカルシウムを排泄するかどうか)

低カリウム血症

GOO.756
  • カリウムは抗高血圧作用があるので、チアジド系利尿薬の利尿作用を打ち消してしまう。

耐糖能の低下

GOO.756
  • 低カリウム血症の関与が示唆されている。K+をチアジド系利尿薬と共に投与すると高血糖が改善されるから。

歴史

  • 第二次世界大戦中、衛生状態の悪い兵士の間でシラミを介したバルトネラ属の感染症(塹壕熱、病原体はBartonella quintana)が流行していたが、この治療にサルファ剤が用いられていた。このサルファ剤が有する利尿作用に中臆して開発されたのがチアジド系利尿薬である。1957年にクロロチアジド、1959年に10倍の利尿作用を有するヒドロクロロチアジドが開発された。いずれも光線過敏症が副作用として知られている。日本では光線過敏症がより少ないと言われているトリクロルメチアジド(フルイトラン)がもっぱら用いられている。チアジド系利尿薬は日本では光線性白斑黒皮症と知られており、色素沈着と白斑を伴う。
参考:チアジド系利尿剤の副作用の歴史 日本医史学雑誌第58巻第2号(2012)p156

トリクロルメチアジド」

  [★]

trichlormethiazide
trichlormethiazidum
フルイトラン
アニスタジンイントロメンウルソトランクバクロンクロポリジントリクロルメチアジドトラメトールトリスメンフルイトランフルトリア
利尿薬チアジド系利尿薬利尿剤