筋肉内投与

intramuscular injection
筋注筋肉内注射筋肉注射


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 文献紹介 ウマにトリアムシノロンアセトニド(外因性糖質コルチコイド)を関節腔内投与、静脈内投与及び筋肉内投与した時の薬物動態と内因性糖質コルチコイド(ヒドロコルチゾン及びコルチゾン)の血漿中濃度に与える影響
  • Soma Lawrence R.,Uboh Cornelius E.,You Yowen [他]
  • 馬の科学 = Equine science 50(4), 349-352, 2013
  • NAID 40019916729
  • プロベネシドはウラン腎沈着を抑制することによりウランの急性腎障害を軽減する
  • 大町 康,今村 朋美,池田 瑞代,伊藤 強,宍倉 恵理子,金 ウンジュ,伴場 鈴恵,栗原 治,杉浦 紳之
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 2003178, 2013
  • … 【方法】8週齢雄性C57BL/6マウスに硝酸U(0.6mg/kg)を単回筋肉内投与し,プロベネシド(200mg/kg)は1日3回3日間腹腔内投与し,継時的に解剖し,臨床生化学,病理組織,血漿・尿・腎臓中のU濃度について解析した。 …
  • NAID 130004676771
  • ウラン誘発ラット腎毒性におけるkidney injury molecule-1(Kim-1)発現の病理組織学的検討
  • 伊藤 強,今村 朋美,池田 瑞代,宍倉 恵理子,大町 康,田嶋 克史
  • 日本毒性学会学術年会 40.1(0), 1002033, 2013
  • … 【方法】8週齢雄性Crl:CD(SD)ラットに硝酸ウラン(0.03㎎ - 4㎎/㎏)を筋肉内投与し,1日および3日後に解剖し,血液生化学検査と,腎臓についてHE,PAS,PTAH染色を,またKim-1,vimentin,PCNAの免疫染色を行った。 …
  • NAID 130004676513

Related Links

筋肉内投与(IM) 皮下組織内投与(SC) 錠剤 ほとんどの医薬品は錠剤として利用でき、口から飲み込みます。これは経口剤といわれ、薬物の投与方法の中で最も簡単な方法です。経口剤がよく機能するのは酸性の性質を持つ薬物(胃 ...
そのような経路としては、口から服用するもの(経口)や、静脈(静脈内投与)、筋肉(筋肉内投与)、脊髄の周りの空間(髄腔内投与)、皮膚の下(皮下投与)に注射するもの、さらには舌の下に置くもの(舌下投与)、直腸(経直腸 ...


Related Pictures

代謝 4)薬物動態の表id:dekaidecay:20100705215617j:image資料2:「単回投与時の血清  カクテルの筋肉内局所投与006_subcute_ports



★リンクテーブル★
国試過去問107G065」「106C025
リンク元筋肉注射」「筋注
関連記事筋肉」「投与」「筋肉内

107G065」

  [★]

  • 次の文を読み、63~65の問いに答えよ。
  • 25歳の男性。気分不良を主訴に来院した。
  • 現病歴:官庁街近くのレストランで昼食をとっていたところ「液体のようなものがまかれた」という声がして、レストラン内で数人が倒れた。気分が悪くなったためレストランから飛び出し、徒歩で近くの病院を受診した。会話は可能であり、目の前が暗く感じ、鼻水が止まらないと訴えている。
  • まず行うべき治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G064]←[国試_107]→[107G066

106C025」

  [★]

  • 50歳の男性。右下腹部痛を主訴に来院し、急性虫垂炎の診断で入院となった。末梢静脈路を確保し、抗菌薬点滴静注を開始したところ、気分不良を訴え意識を失った。直ちに応援の医師と看護師とを呼んだ。
  • 応援が来るまでに、まず行うべき対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C024]←[国試_106]→[106C026

筋肉注射」

  [★]

intramuscular injection
皮下注射, 皮内注射
筋注筋肉内注射筋肉内投与

筋注」

  [★]

intramuscular injectioni.m.
筋肉内注射筋肉内投与筋肉注射

筋肉」

  [★]

muscle
musculus
解剖学



起始 origin

  • 筋の近位端(M.18)
  • 収縮の際に固定される(M.18)

停止 insertion

  • 筋の遠位端(M.18)
  • 収縮の際に動く(M.18)

生化学

  • グルコース + 2ADP + 2Pi → 2乳酸 + 2ATP + 2H2O + 2H+

分類

投与」

  [★]

administration
administrationis
投薬 medication

経路

  • 経口 PO peroral
  • 静注 IV intravenous administration
  • 筋注 IM intramuscular injection
  • 皮下 SC subcutaneous
  • 直腸 rectal

筋肉内」

  [★]

intramuscular、(aj,abrv)IM、intramuscularly