早期離床

early ambulation


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 多職種でかかわる周術期合併症予防への取り組み--体験型DVDオリエンテーションの導入
  • 増居 洋介,杉田 要,山口 良恵 [他]
  • 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 21(1), 53-56, 2011-06
  • NAID 40018998792
  • 術後腸管蠕動障害 (がん患者の周術期管理のすべて) -- (術後の主な合併症とその対策)
  • 飯合 恒夫,野上 仁,亀山 仁史 [他]
  • 外科治療 104(-), 762-766, 2011-06
  • NAID 40018881679

Related Links

早期離床は呼吸器合併症(下側肺障害・無気肺など)を中心とした長期臥床による二次的合併症対策に有用です。当会は急性期に安全な離床を実現するために必要な知識・技術とは何かを考え、セミナー・技術講習会で最新の知見を ...
早期離床・リハビリテーション・介護・呼吸理学療法について分かりやすく解説、専門性の高いテキストです。 Copyright (c) 2007-2014 Japanese Society for Early Ambulation, All rights reserved.
目的 術後離床時の合併症とケアを理解し、早期離床を安全に促すことができる 早期離床の重要性 呼吸器合併症を予防する 術後は創痛などにより横隔膜の動きが抑制される 早期離床をすることで、横隔膜が下がり肺胞でのガス交換が ...


Related Pictures

I.C.U.早期離床】image早期離床】早期離床マニュアル手術後においては,早期離床



★リンクテーブル★
国試過去問109G066」「108H021」「100I023」「099E022
関連記事早期」「

109G066」

  [★]

  • 次の文を読み、64~66の問いに答えよ。
  • 86歳の女性。発熱呼吸困難とを主訴に来院した。
  • 現病歴:ADLは自立していたが半年前から時々食事中にむせることがあった。2日前から咳や痰を伴う38℃台の発熱が出現した。しばらく自宅で様子をみていたが、今朝になり呼吸困難も生じたため同居中の長女に付き添われて受診した。
  • 既往歴:60歳ころから高血圧症、80歳ころから心房細動で投薬治療中。
  • 生活歴:喫煙歴と飲酒歴とはない。
  • 家族歴:父親が心筋梗塞で死亡。母親が胃癌で死亡。
  • 現症:意識レベルはJCS I-3。身長 150cm、体重 54kg。体温 38.4℃。脈拍 112/分、不整。血圧 152/72mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 94%(鼻カニューラ2L/分酸素投与下)。頸静脈の怒張を認める。III音を聴取する。IV音を聴取しない。心尖部を最強点とするIII/VIの汎(全)収縮期雑音を聴取する。右背下部でcoarse cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。両側下腿に浮腫を認める。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血1+、沈査に白血球を認めない。血液所見:赤血球 347万、Hb 9.9g/dL、Ht 30%、白血球 10,200(桿状核好中球 30%、分葉核好中球 45%、好酸球 1%、好塩基球 1%、単球 6%、リンパ球 17%)、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 5.4g/dL、アルブミン 2.7g/dL、総ビリルビン 0.9mg/dL、AST 28IU/L、ALT 26IU/L、LD 280IU/L(基準 176~353)、ALP 174IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 24IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 72IU/L(基準 37~160)、CK 135IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 27mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 6.9mg/dL、血糖 112mg/dL、HbA1c 6.0%(基準 4.6~6.2)、Na 133mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl 97mEq/L。CRP 7.4mg/dL。胸部エックス線写真で右下肺野浸潤影、肺血管陰影の増強、右助骨横隔膜角鈍化、右第2弓の二重陰影および左第4弓の突出を認める。12誘導心電図で心拍数110/分の心房細動を認める。
  • 入院し、ベッド上安静とした上で治療を開始した。入院3日目には発熱と呼吸不全とは改善した。同日の夕方から落ち着きがなくなり、夜には大声をあげるようになった。翌日に撮影した頭部CTで脳全体の萎縮を認める。
  • 今後の対応として正しいのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 109G065]←[国試_109]→[109G067

108H021」

  [★]

  • 50歳の男性。上行結腸癌のため入院し、右半結腸切除術当日である。不整脈の既往はない。術中経過は特に問題なかった。術後、患者は回復室に入室し、 6時間を経過したところで痛みは我慢できる程度であるという。心電図モニターの画面上、心拍数は 110/分、整で、 SpO2 100% (マスク 3 l/分酸素投与下 )である。心拍数の記録を確認したところ、回復室に入室後は 80台/分で経過していたが、 30分前から次第に増加し現在の値に達している。
  • 現時点での対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108H020]←[国試_108]→[108H022

100I023」

  [★]

  • 35歳の初産婦。妊娠38週5日に胎児が骨盤位のため脊髄麻酔下の帝王切開術が予定され入院した。妊娠経過は特に異常なく、胎児発育も良好である。意識は清明。身長156cm、体重90kg。脈拍76/分、整。血圧122/78mmHg。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球372万、Hb10.8g/dl、白血球5,600、血小板19万。
  • この患者の周術期管理で重要なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I022]←[国試_100]→[100I024

099E022」

  [★]

  • 肺血栓塞栓症の危険因子でないのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 099E021]←[国試_099]→[099E023

早期」

  [★]

early stageearlypreterm
初期早産早く

床」

  [★]

floor
フロア絨毯