100I023

  • 35歳の初産婦。妊娠38週5日に胎児が骨盤位のため脊髄麻酔下の帝王切開術が予定され入院した。妊娠経過は特に異常なく、胎児発育も良好である。意識は清明。身長156cm、体重90kg。脈拍76/分、整。血圧122/78mmHg。尿所見:蛋白1+、糖1+。血液所見:赤血球372万、Hb10.8g/dl、白血球5,600、血小板19万。
  • この患者の周術期管理で重要なのはどれか。2つ選べ。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I022]←[国試_100]→[100I024



★リンクテーブル★
国試過去問100I022」「100I024

100I022」

  [★]

  • 36歳の妊婦。妊娠26週の定期健康診査のため来院した。身長160cm、体重58kg(非妊時50kg)。血圧160/92mmHg。子宮底長22cm。下腿に軽度の浮腫を認める。内診所見に異常を認めない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査で胎児の発育と羊水量に異常を認めない。
  • この状態が続く場合の第一選択薬はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100I021]←[国試_100]→[100I023

100I024」

  [★]

  • 60歳の女性。1か月前からの左舌縁の疼痛を主訴に来院した。舌の左辺縁部の潰瘍から少量の出血があり周囲に硬結を触れる。擦過細胞診では扁平上皮癌であった。頸部にリンパ節腫脹はない。舌の写真を以下に示す。
  • 治療として適切でないのはどれか。


※国試ナビ4※ 100I023]←[国試_100]→[100I025