マニトール


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/26 23:40:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

Japanese Journal

  • 薬物療法
  • 野入 英世
  • 日本内科学会雑誌 99(5), 1007-1012, 2010-05-10
  • NAID 10026331397
  • マニトールによる水ストレス下で生育させた塩生植物ハマミズナの成長応答に対する塩化ナトリウムの作用
  • SLAMA Ines,GHNAYA Tahar,MESSEDI Dorsaf,HESSINI Kamel,LABIDI Nahla,SAVOURE Arnould,ABDELLY Chedly
  • Journal of plant research 120(2), 291-299, 2007-03-01
  • NAID 10019936926

Related Links

マンニットT注15%,D-マンニトール注射液 ... 副作用 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献等を参考にした。
マニトールで始まる言葉の辞書すべての検索結果。 - goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。 マニトールの検索結果 - 辞書すべて - goo辞書 | スタートページに設定 メニューへスキップ 本文へスキップ 辞書トップ 国語 ...


Related Pictures

やはり13時スタートのビタミン ー⌒)V!!0018 バク ロ フェン マニトール 起原:イネ科小麦の種子やはり13時スタートのビタミン 起原:ルムブリクス科ミミズの



★リンクテーブル★
国試過去問103I067」「111A026」「095G036」「098G118」「086D039

103I067」

  [★]

  • 45歳の男性。全身倦怠感と頭痛とを主訴に来院した。1か月前から全身倦怠感があり、徐々に増悪してきた。2日前から頭痛が出現した。食欲は良好。下痢と嘔吐とはない。意識は清明。身長 162cm、体重 58 kg。体温36.1℃。脈拍72/分、整。血圧 126/80mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。尿所見:浸透圧 420 mOsm/kg(基準200~850)、蛋白(-)、糖(-)、Na 排泄量43mEq/日(基準220以下)。血液所見:赤血球400万、Hb 12.2g/dl、Ht 38%、白血球 6,200、血小板 23万。血液生化学所見:空腹時血糖 124mg/dl、総蛋白 7.2g/dl、クレアチニン 0.3mg/dl、AST 20 IU/l、ALT 32 IU/l、LD<LDH> 230IU/l(基準176~353)、ALP 220 IU/l(基準115~359)、Na 118 mEq/l、K 4.3 mEq/l、Cl 82 mEq/l、Ca 9.2 mg/dl、P 3.0 mg/dl、TSH 2.4μU/ml(基準0.2~4.0)、ACTH 62 pg/ml(基準60以下)、FT3 3.2 pg/ml(基準2.5~4.5)、FT4 1.6 ng/dl(基準0.8~2.2)、コルチゾール 8.5 μg/dl(基準5.2~12.6)。血漿レニン活性<PRA> 1.5 ng/ml/時(基準1.2~2.5)。血漿浸透圧 258 mOsm/kg(基準275~290)、抗利尿ホルモン<バソプレシン> 1.2 pg/ml(基準0.3~3.5)。
  • 対応として適切なのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 103I066]←[国試_103]→[103I068

111A026」

  [★]

  • 41歳の初産婦。妊娠39週2日に全身けいれんのため救急車で搬入された。来院時にはけいれんは消失していた。意識レベルはJCSⅠ-1。心拍数 90/分、整。血圧 190/120mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 97%(room air)。全身に浮腫を認める。尿所見:蛋白3+。硫酸マグネシウムの持続静注を開始した後に撮影された頭部MRIのFLAIR像(別冊No. 6A~C)を別に示す。
  • 適切な治療はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 111A025]←[国試_111]→[111A027

095G036」

  [★]

  • 70歳の男性。全身倦怠感食欲不振とのため入院した。6か月前から肺癌のために化学療法を受けていた。意識は清明で、身体所見に異常はない。尿所見:比重1.014、浸透圧600 mOsmll(基準50~1,300)、蛋白(-)、糖(-)。血清生化学所見:尿素窒素10mg/dl、クレアチニン0.6 mg/dl、尿酸1.1 mg/dl、Na 120mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 87mEq/l、浸透圧249 mosmll(基準275~288)。この患者で行うべき処置はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 095G035]←[国試_095]→[095G037

098G118」

  [★]

  • 重症熱傷患者の治療にまず用いる輸液はどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 098G117]←[国試_098]→[098G119

086D039」

  [★]

  • 43歳の男性。トラックの荷台から転落し、右前頭部を打撲した。受賞直後から意識障害があり、徐々に進行し、受賞後約4時間後に半昏睡の状態で来院した。頭部X線単純CTを次に示す。
  • 適切な治療はどれか。