不眠

出典: meddic

不眠症 insomnia





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/05 17:46:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/08/12 21:13:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 呼吸関連睡眠障害 (特集 睡眠障害の臨床)
  • 不眠障害 (特集 睡眠障害の臨床)
  • 内山 真,鈴木 正泰
  • 臨床精神医学 43(7), 971-978, 2014-07
  • NAID 40020146328
  • DSM-5による睡眠障害と睡眠障害国際分類(ICSD-2)との関係 (特集 睡眠障害の臨床)

関連リンク

睡眠改善委員会は、睡眠や不眠症に関する情報を発信。かくれ不眠に対する認知を高めていきます。 ... Select 寝る時間は決まっておらず、毎日ばらばらである Select 平日にあまり寝られないため、休日に「寝だめ」をする
厚生労働省 メタボリック症候群が気になる方のための健康情報サイト ... 不眠症って何? 誰しも「眠ろうとしてもどうしても眠れない」という不眠体験をもっています。心配事がある時、試験前日、旅行先などさまざまな原因がありますが ...

関連画像

神経質な方の不眠7image不眠に関する内訳不眠不眠


★リンクテーブル★
先読みinsomnia
国試過去問107H023」「107D022」「108A060」「108I060」「106G047」「104F024」「106I078」「102H029」「103I057」「098F002」「108F016」「108H030」「095D005」「098B017」「107A020」「102F024」「104F009
リンク元シクロホスファミド」「睡眠障害」「sleeplessness」「原発性不眠症」「慢性不眠症
拡張検索致死性家族性不眠症」「不眠症」「反跳性不眠

insomnia」

  [★] 不眠症

WordNet   license wordnet

「an inability to sleep; chronic sleeplessness」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「不眠[症]」


107H023」

  [★]

  • 33歳の女性。不安感不眠および頭重感を主訴に来院した。初診時、外来担当医は、患者に対して抗不安薬であるジアゼパム2mg、1日3回の内服処方のつもりで処方箋を交付した。2週後、患者によると不眠と頭痛とは軽減したが、日中の眠気が強くふらつきが出るという。電子カルテ上の履歴を確認したところ、ジアゼパムが1回2mgではなく5mg、合計1日15mgで処方箋が交付されていた。担当医は1日15mgまでは保険診療での処方が可能であることはあらかじめ知っている。
  • 担当医がまず患者にかける言葉として適切なのはどれか。
  • a 「薬がよく効いているようなので転倒に注意してください」
  • b 「前回に調剤の段階で誤って薬の量が多く出てしまったようです」
  • c 「あなたには少し量が多すぎたかもしれないので薬を減量します」
  • d 「あなたにはこの薬が合わないようですから種類を変えてみましょう」
  • e 「前回に処方した薬の量が誤っていました。申し訳ございませんでした」


[正答]


※国試ナビ4※ 107H022]←[国試_107]→[107H024

107D022」

  [★]

  • 32歳の男性。不眠を主訴に来院した。消防隊員として大規模災害の支援に災害発生の翌日から派遣され、厳しい状況下で2週間救助活動を行った。その後元の職場に戻り、しばらくは問題なく過ごし、むしろ以前よりも真剣に仕事をこなしていた。しかし救助活動から戻った約2か月後から何度も夜中に覚醒するようになり、いらいらして集中力も落ちてきたため産業医に相談し受診した。特記すべき既往歴はない。仕事への意欲はあり、疲労感の増大はみられない。
  • 診断のために重要な質問はどれか。
  • a 「嫌な情景が急に浮かんでくることがありますか」
  • b 「家族につらい症状を話すと少しは楽になりますか」
  • c 「今晩も眠れないのではないかと不安になりますか」
  • d 「ひどく気持ちが落ち込んで、それが何日も続いていますか」
  • e 「以前は楽しかったことを楽しめなくなったように感じますか」


[正答]


※国試ナビ4※ 107D021]←[国試_107]→[107D023

108A060」

  [★]

  • 58歳の男性。頑固な不眠と日中の眠気とを主訴に妻に伴われて来院した。 2年前から熟睡感がないと訴えるようになり、日中の疲労感が強く、よく居眠りをするようになった。職場では上司から仕事の能率低下を指摘されている。妻によると、 2年前から夜間のいびきがひどく、時々呼吸が止まったようになるとのことであった。意識は清明。抑うつ気分や不安を認めない。身長 165 cm、体重 90 kg。体温 36.7℃。脈拍 88/分、整。血圧 140/88 mmHg。呼吸数 14/分。 SpO2 96% ( room air)。咽喉頭に異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。ポリソムノグラフィにて無呼吸指数 48(基準 5未満 )。
  • この患者に行うべき対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A059]←[国試_108]→[108B001

108I060」

  [★]

  • 48歳の男性。不眠を主訴に来院した。長年にわたる支店での活躍が評価され、半年前に本店に栄転した。当初は喜んだものの、環境の変化になじめず、期待に応える仕事ができないと自分を責め、終日気分が晴れず夜は一睡もできなくなった。 1か月前から仕事が手につかなくなり退職を申し出たところ上司に受診を勧められた。抑うつ気分、意欲低下および全般的な興味や関心の低下がみられ、身体診察で異常所見を認めないことからうつ病と診断した。
  • 対応として適切なのはどれか。
  • a 自殺については話題にしない。
  • b 就寝前に少量の飲酒を勧める。
  • c 病気の症状であることを説明する。
  • d すぐに前の職場に戻すように上司に勧める。
  • e 仕事ができない原因について上司と話し合ってもらう。


[正答]


※国試ナビ4※ 108I059]←[国試_108]→[108I061

106G047」

  [★]

  • 15歳の女子。体重減少を心配した母親に伴われて来院した。友人に「太っているね」とからかわれたことを気にして、 1年前から低カロリー食品を好むようになり、体重を毎日測定するようになった。 1年前の体重は51kgであった。初経は12歳。身長156cm、体重38kg。体温35.7℃。脈拍44/分、整。血圧98/58mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球326万、 Hb10.1g/dL、 Ht30%、白血球3,200、血小板32万。血液生化学所見:総蛋白6.1g/dL、尿素窒素17mg/dL、クレアチニン0.5mg/dL、総コレステロール275mg/dL。
  • 体重減少の鑑別診断に必要な情報で最も重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G046]←[国試_106]→[106G048

104F024」

  [★]

  • 72歳の女性。がんの終末期で在宅医療を利用している。2か月前に肝癌で入院し、肝、肺および骨への転移が見つかった。病状を知った本人と、主な介護者である夫とが自宅で穏やかに過ごすことを強く希望し、1か月前に自宅へ退院した。3日前から呼吸困難、強い疼痛および不眠を訴えるようになり、「憂うつで、もう死んだほうがましだ」と言うようになった。夫は妻の苦しむ姿を見ていられない。
  • 在宅医療を担当する医師の対応として適切でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104F023]←[国試_104]→[104F025

106I078」

  [★]

  • 48歳の男性。不眠を主訴に来院した。 6か月前に自ら望んで転職し、当初は順調であったが、 2か月前からは気分の落ち込みと作業能力の低下とを自覚していた。最近の1か月は転職したことを後悔して食事も摂れなくなり、不眠が次第に悪化してきたという。本日会社を早退し、自宅で遺書を用意していたところを妻に発見され受診した。
  • 現時点の対応として適切なのはどれか。 2つ選べ。
  • a できるだけ早く休息をとらせる。
  • b 現在の職場を辞めるように勧める。
  • c 自殺を計画したことをとがめる。
  • d 自殺について触れないようにする。
  • e 治療が必要な病気であることを説明する。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I077]←[国試_106]→[106I079

102H029」

  [★]

  • 35歳の女性。前胸部痛を主訴に来院した。1か月前から毎日2、3時間、前胸部に何となく重苦しい感じが続いていた。全身倦怠感を認めたが、不眠はなかった。症状に関して確認し、さらに患者の考えを聞いたところ、「最近いろいろストレスも多いので・・・」と話した。
  • これに続く医師の発言として適切なのはどれか。
  • a. 「それは問題ないと思います」
  • b. 「ストレスが原因だと思います」
  • c. 「お仕事はストレスになりますか」
  • d. 「ほかに原因として心当たりはありますか」
  • e. 「よろしければもう少し詳しく教えていただけますか」
[正答]


※国試ナビ4※ 102H028]←[国試_102]→[102H030

103I057」

  [★]

  • 53歳の女性。のぼせ、著明な発汗および不眠を主訴に来院した。既往歴に特記すべきことはない。52歳で閉経して以来、のぼせと著明な発汗とが出現し、1か月前からこの症状に加えて、イライラ、不眠および全身倦怠感が強くなり、仕事をするのも嫌になっている。近医を受診し、漢方薬や向精神薬を処方されたが改善していない。
  • ホルモン療法として適切なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103I056]←[国試_103]→[103I058

098F002」

  [★]

  • 45歳の女性。1か月前に急性白血病と告知され化学療法を受けている。2週前から抑うつ気分とともに、不眠、集中困難、興味・関心の低下および疲労感を訴えるようになった。生きていく自信もなくなったという。対応について正しいのはどれか。
  • a. 支持的態度は患者を自殺に導きやすい。
  • b. 共感的態度で接し患者の感情表出を促す。
  • c. 自殺念慮を聞くと医師患者関係を損なう。
  • d. 治療に専念するため家族の面会を禁止する。
  • e. 全人的治療のためホスピスでの治療を勧める。
[正答]


※国試ナビ4※ 098F001]←[国試_098]→[098F003

108F016」

  [★]

  • 70歳の女性。不眠が続くことを主訴に家族とともに来院した。 2週前から不眠に対して抗不安薬を投与されているが、改善しないため受診した。本日、家族の話で、1か月前に夫と死別したばかりであることが判明した。
  • まず行うべき対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108F015]←[国試_108]→[108F017

108H030」

  [★]

  • 50歳の女性。不眠を主訴に来院した。寝床に入っても何時間たっても眠れないのがつらいと訴える。一方、ソファでテレビを見ているとウトウトすることがある。睡眠がとれた翌日は気分もよく趣味を楽しむことができる。
  • この患者への指導として適切なのはどれか。
  • a 「昼寝をしてください」
  • b 「寝床で本を読んでください」
  • c 「起床時間を遅くしてください」
  • d 「早めに寝床に入ってください」
  • e 「眠れない時は寝床から出てください」


[正答]


※国試ナビ4※ 108H029]←[国試_108]→[108H031

095D005」

  [★]

  • 48歳の男性。倦怠感、日中の眠気および不眠を訴えて来院した。6か月前から時々全身倦怠感ふらつきとを自覚していた。最近日中の眠気が強く、夜間頻回に覚醒するようになった。身長166cm、体重80kg。血圧160/94mmHg。血清生化学検査では異常を認めない。
  • 診断のために最も有用なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095D004]←[国試_095]→[095D006

098B017」

  [★]

  • 62歳の男性。顔と手足とのむくみを主訴に来院した。26歳の時にBasedow病に罹患し、放射性ヨード治療を受けた。数年前から脱毛が目立つようになった。血清生化学検査では遊離トリヨードサイロニン(freeT3)1.0pg/ml(基準2.3~4.3)、遊離サイロキシン(freeT4)0.3ng/dl(基準0.9~1.7)である。
  • この患者でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B016]←[国試_098]→[098B018

107A020」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107A019]←[国試_107]→[107A021

102F024」

  [★]

  • 45歳の女性。3週前からの抑うつ気分と自責感とを主訴に来院した。診断に重要な症候はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F023]←[国試_102]→[102F025

104F009」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 104F008]←[国試_104]→[104F010

シクロホスファミド」

  [★]

cyclophosphamide, CPA CPM
cyclophosphamidum
Cytoxan, Neosarエンドキサン
  • first aid step1 2006 p.207,257,309,324,326,386
  • アルキル化薬


特徴

  • プロドラッグであり、肝臓で加水分解を受けて薬効を及ぼす

構造

作用機序

薬理作用

抗菌スペクトル

動態

適応

  • non-Hodgkin’s lymphoma, breast and ovarian carcinomas
  • immunosuppressants

注意

禁忌

副作用

  • 出血性膀胱炎、骨髄抑制
  • myelosuppression; hemorrhagic cystitis, which can be partially prevented with mesna

副作用(再評価結果より)

  • 再評価結果時の自覚的並びに他覚的症状緩和における安全性評価対象例5021例(経口投与を含む)中,主なものは,白血球減少1903例(37.90%),悪心嘔吐1041例(20.73%),脱毛1221例(24.32%)等であった。また,急性白血病等の造血幹細胞移植の前治療における本剤の第2相臨床試験の安全性評価対象例67例中,主なものは悪心嘔吐61例(91%),下痢口内炎各42例(各63%),脱毛38例(57%)であった。

重大な副作用

再評価結果における安全性評価例の集計

種類頻度 5%以上 5%未満 頻度不明
肝臓   肝機能異常,黄疸 コリンエステラーゼ低下
腎臓   蛋白尿浮腫 食欲不振味覚異常,胸やけ,おくび腹部膨満感
消化器 悪心嘔吐 口渇潰瘍性口内炎腹痛便秘下痢  
過敏症   発疹  
皮膚 脱毛 皮膚炎,色素沈着,爪の変形・変色  
精神神経系   頭痛眩暈不眠運動失調 倦怠感
呼吸器     肺水腫
循環器   心電図異常,心悸亢進低血圧  
内分泌系   副腎皮質機能不全 甲状腺機能亢進
性腺   無月経 無精子症卵巣機能不全
その他   発熱,注射時熱感,局所痛CKCPK上昇 創傷の治癒遅延,高血糖

添付文書

  • 注射用エンドキサン100mg/注射用エンドキサン500mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/4211401D1033_1_10/4211401D1033_1_10?view=body




睡眠障害」

  [★]

sleep disorder, sleep disturbance
睡眠睡眠薬交代勤務睡眠障害
不眠慢性不眠症原発性不眠症一過性不眠症反跳性不眠睡眠覚醒障害

分類

KPS.393

原因別の分類

参考

  • wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/DSM-IV_Codes%23Sleep_disorders



sleeplessness」

  [★]

  • 不眠
chronic insomniainsomniainsomniacprimary insomniarebound insomniasleep disordersleep disruptionsleep losstransient insomnia


原発性不眠症」

  [★]

primary insomnia
不眠睡眠障害慢性不眠症一過性不眠症反跳性不眠


慢性不眠症」

  [★]

chronic insomnia
不眠睡眠障害原発性不眠症一過性不眠症反跳性不眠


致死性家族性不眠症」

  [★]

fatal familial insomnia FFI
難病プリオン病

概念

参考1
  • 致死性家族性不眠症(ちしせいかぞくせいふみんしょう、Fatal Familial Insomnia:FFI)は、幻覚、重度の進行性不眠症、頻脈等の症状に続き、全身の不随意運動と痴呆を主徴とする中枢神経の変性疾患。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではA810、病名交換用コードはARCH。治療法は現在のところ見つかっておらず、発症後の余命は多くの場合約2年以内。
  • 日本においては、変異性クロイツフェルト・ヤコブ病やゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー症候群と共にプリオン病に分類される。

遺伝性

  • イタリアの家系で見出され、日本ではごく少数の家系に見出されるのみである。プリオン蛋白遺伝子の変異した家系に見られるが、ほぼ同一の症状を示す散発性の遺伝子変異を持たない症例もある。

病因

  • 遺伝性のあるもの:プリオン蛋白の変異
  • 散発性の遺伝子変異を持たないもの:原因不明 → 視床変性型CJD

疫学

  • 多くの症例では40-50歳代で発症。男女差なし。

検査

予後

  • 多くの場合発症から1年以内に昏睡に陥る

感染性

  • 患者の脳組織には異常プリオンが蓄積されているため、伝達性がある。

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%B4%E6%AD%BB%E6%80%A7%E5%AE%B6%E6%97%8F%E6%80%A7%E4%B8%8D%E7%9C%A0%E7%97%87
  • 2. FATAL FAMILIAL INSOMNIA; FFI - OMIM
[display]http://omim.org/entry/600072
  • 3. [charged] プリオンによる中枢神経系疾患 - uptodate [1]
  • 4. [charged] プリオンの生物学および遺伝学 - uptodate [2]



不眠症」

  [★]

insomnia
睡眠薬睡眠睡眠障害熟眠障害睡眠障害国際分類

概念

分類

原因

  • 精神生理的
  • 薬物
  • 呼吸障害
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 肺胞低換気
  • 精神障害による不眠、神経症状、うつ病
  • 覚醒、覚醒リズム障害
  • ジェット・時差症候群
  • 交替制勤務による不眠症
  • ASPS(DSDP)
  • non-24 SWRS

5つのP

  • 1. 身体的   疼痛、発熱、かゆみ
  • 2. 生理的   時差、交替制勤務
  • 3. 生理的   ストレス、重大な人生の変化など
  • 4. 精神医学的 うつ病、統合失調症、アルコール依存症」
  • 5. 薬理学的  カフェイン、ニコチン

KPS.822

  身体疾患による二次的な不眠 精神的・環境的な状態による二次的な不眠
入眠困難 疼痛 or 耐え難い状態
中枢神経障害
下記の状態に常にあること
不安
不安筋緊張
環境変化
概日リズム睡眠障害
睡眠維持困難 睡眠時無呼吸症候群
夜間ミオクローヌスむずむず脚症候群
食事因子
挿管性事象(睡眠時随伴症)
物質の影響(アルコールなど)
物質離脱の影響(アルコールなど)
物質相互作用
内分泌疾患/代謝性疾患
感染、悪性腫瘍などの疾患
疼痛 or 耐え難い状態
脳幹・視床下部障害・疾患
加齢
うつ病、とくに原発性うつ病
環境変化
概日リズム睡眠障害
外傷後ストレス障害
統合失調症



反跳性不眠」

  [★]

rebound insomnia





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡