100G021

  • 学校伝染病と出席停止期間の基準の組合せで誤っているのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100G020]←[国試_100]→[100G022



★リンクテーブル★
国試過去問100G022」「100G020
リンク元学校感染症

100G022」

  [★]

  • 感染症の最近の動向で正しいのはどれか。

[正答]


※国試ナビ4※ 100G021]←[国試_100]→[100G023

100G020」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 100G019]←[国試_100]→[100G021

学校感染症」

  [★]

school infectious disease, communicable disease at school
学校伝染病
ワクチン感染症法学校保健安全法学校保健安全法施行規則

概念

参考1 学校保健安全法施行規則

分類

学校保健安全法施行規則(昭和三十三年六月十三日文部省令第十八号)による
  • 第一種:稀で重篤な感染症(第一類感染症と第二類感染症が中心)
  • 出席停止の期間:治癒するまで
エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
鳥インフルエンザ
その他(新型インフルエンザ等感染症、指定感染症、新感染症)
  • 第二種:飛沫感染により、学校で流行する可能性のある疾患
  • 出席停止の期間は感染症ごとに異なる。
インフルエンザ:解熱した後2日を経過するまで
百日咳:特有の咳が消失するまで
麻疹:解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ):耳下腺腫脹が消失するまで
風疹:発疹が消失するまで
水痘:すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱):主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核:病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
  • 第三種:飛沫感染はしないが、学校教育活動により学校で流行する可能性のある疾患
  • 出席停止の期間:病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症

第三種学校感染症

参考2

法令

[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33F03501000018.html

参考

  • 1. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%84%9F%E6%9F%93%E7%97%87
  • 2.
[display]http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_1101181.pdf

国試